線文字A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
線文字A
0726 La Canée musée linéaire A.JPG
ハニア考古学博物館蔵の粘土板
類型: 未解読文字
時期: 紀元前18世紀から紀元前15世紀
子の文字体系: おそらく 線文字B
ISO 15924 コード: Lina
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号(IPA)を含む場合があります。
線文字Aが記された粘土板(サントリーニ島で発見)

線文字A(せんもじエイ、Linear A)は、およそ紀元前18世紀から紀元前15世紀頃までクレタ島で用いられていた文字である。

イギリスの考古学者アーサー・エヴァンズは、1900年クノッソス発掘に際して、3種類の文字群を発見し、それぞれ聖文字式文字(ヒエログリフィク、クレタ聖刻文字)、線文字A、線文字Bと命名した。線文字Aは、クレタ各所の広い範囲に渡って出土しているため、クレタの共通文字とされる。線文字Bは1950年代にマイケル・ヴェントリスによって解読された。線文字Aと線文字Bには共通する文字があるものの、文字が刻まれた粘土板自体の品質が悪く、数も少ないこと、文章の体裁に一定の法則が成り立っていないことなどから、現在までのところ線文字Aの解読には至っていない。

参考文献[編集]

  • C. H. ゴードン 『古代文字の謎―オリエント諸語の解読―』 津村俊夫訳 現代教養文庫 988 社会思想社 1979年 ISBN 4-390-10988-X
- 西セム語説の提唱者による解読過程の説明がある

関連項目[編集]