日本における漢字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この項目では、日本で使用される漢字を総合的に説明する。

日本において漢字は、表音文字である仮名(平仮名片仮名)と並んで日本語を表記するための主要な文字となっている。現在、日本語の表記は文部科学省漢字制限常用漢字教育漢字)を受けており、その字体も、古典書道といった特定の分野以外では、常用漢字表に基づいたいわゆる新字体を使うことが多い。

日本語の表記[編集]

日本国憲法原本「上諭」(1ページ目)。漢字と仮名が混用されている。

現代における日本語の一般的な表記法は漢字仮名交じり文であり、漢字とひらがな(昔の法令などではカタカナ)を交えて表記する。漢字は実質的な意味を表す語に使われ、ひらがなは主に活用語尾(いわゆる助動詞を含む)や助詞に使われる。朝鮮語などでは漢字が主として字音語にしか使われないのに対し、日本語では和語にも使われ、外来語を除いてほとんどの語に使うことができる。煙草(タバコ)や合羽(カッパ)など大航海時代以降にヨーロッパから入った語彙には、外来語であるにもかかわらず漢字が使われるものがある。

日本語における文字の使用は、5世紀から6世紀頃の漢字の輸入とともに始まり、漢字を日本語の音を表記するために利用した万葉仮名が作られた。やがて、漢字の草体を元に平安時代初期に平仮名が、漢字の一部を元に片仮名が作られたとされる。

なお、仮名に対して漢字を真名(まな)と呼ぶ[1]

読み[編集]

日本語においては、一つの漢字に多くの異なる発音があることが多い。また、同じ発音を持つ漢字が多数あることも珍しくない。

読み方は「音読み」と「訓読み」の2種類に大別される。

音読み[編集]

音読みは、中国語起源の読み方であり、呉音漢音唐音慣用音がある。

呉音は、5-6世紀頃に伝わった漢字音である。通説では、中国の六朝時代南部の呉地方から直接あるいは朝鮮半島を経由して日本に伝わったとされるが、これを実証できる証拠はなく、実際には、仏典などに基づく漢音以前の伝統的な読み方が、時代・地域などを考慮せずに纏めて呉音とされてきた経緯がある。漢音は、奈良時代から平安時代にかけて盛んに送られた遣唐使(主な渡航先は西北部の長安)や留学僧が、の首都の長安で学んだ読み方を輸入した。更に鎌倉時代から室町時代にかけて、禅僧の留学や関連書の伝来、民間貿易により「唐音」と呼ばれる読み方が伝わった。このうち最も体系的なのは漢音で『広韻』や『集韻』と対応関係が見られる[要出典]慣用音は間違って定着したと分かったものや体系に合わないものなどを大正時代以降こう呼んでいる。

音読みと中国語[編集]

日本漢字音の特徴は、中国語ですべて1音節であるものが2音節化されるものが少なくないことである。また語末の閉鎖音[p][t][k]入声)は日本語では「フ・ツ・チ・ク・キ」となった。このうち[p]に当たる「フ」は日本語のハ行転呼現象と相まって「ウ」に変化し(「集」シフ→シュウ)、あるいは促音「ッ」や「ツ」として定着したものもある(「圧」アフ→アツ)。語末の軟口蓋鼻音[ŋ]は母音化され「ウ・イ」となった(唐音では「ン」)。また古代中国語には清音(無声音)・濁音(有声音)の対立とともに有気音無気音の対立があったが、日本語にはこの対立がないため字音に反映されていない。また声調も基本的に保持されていない。これらのことにより、同音異義語が多くなっている。

訓読み[編集]

榊原撃剣会絵図。魁斎芳年筆。日本人の氏名は、基本的に漢字で記されることが多い。

訓読みは、個々の漢字が表す意味を既に存在していた日本語と関連づけることであり、日本語の表記にも用いた。この際の漢字の読み方が、現在の訓読みの起源となっている。

」とは、中国においては難解な語をわかりやすい語で説明したり、古語を現代語で置き換えたり、方言を共通語で説明するものであるが、日本では中国語は外国語であるため日本語に翻訳することを意味する。漢字は外国語(中国語)を表す文字であるため日本語の語彙と一対一対応するべくもなく、一つの漢字に多くの字訓が作られたが、やがて漢文を訓読で素読する習慣と相まって、日本語の一語では説明できない微妙な意味合いは切り捨て、一つの漢字につけられる訓はできるだけ少数の訓読みに限定するように固定化していった。このように日本では漢字に訓読みが定着し、漢字によって日本語を表記する技術を発展させていった。

蛸を「たこ」、椿を「つばき」、沖を「おき」と読むが、中国語では全く違った意味である。このように日本だけで通じる訓読みを「国訓」という。動植物、特に魚の名前(「鮭」=本来は「ふぐ」、「鮎」=本来は「なまず」など)には国訓が多い。

重箱読み・湯桶読み[編集]

音読み訓読みが1語の中で混用されることがある。音読み+訓読みの順であるものを重箱読み(ジュウ+ばこ)、訓読み+音読みの順であるものを湯桶読み(ゆ+トウ)という。

同綴異義語[編集]

日本語では漢字の読みが複数あるが、場合によっては、漢字のみからなるある特定の語に複数の読み方がある場合がある。例えば「仮名」という語には、「仮の名前を意味する(カメイ)」という読みと、「ひらがなとカタカナを総称する文字の分類語である(カナ)」という読みとがある。

送りがな[編集]

日本語の用言(動詞形容詞形容動詞)には活用があるので、その活用する部分だけをひらがな表記して漢字の後に加える事が行われる。

振り仮名(ふりがな)[編集]

日本語はかなと漢字を多用する言語であり、(場面によっては他にアルファベットなども用いられる)かなは基本的に表音文字、漢字は表意文字(正確には表語文字)である。そこで、漢字の発音が必ずしも分かりやすくない場合などに、漢字の発音をかなによって併記することがしばしば行われる。これを「読みがな」「振り仮名(ふりがな)」「ルビ」などと呼ぶ。

国字[編集]

日本で作られた漢字を国字と言う(国字には他の意味、あるいは日本・中国以外の国で作られた国字も存在するが、ここでは述べない)。国字には峠(とうげ)・畑(はたけ)・辻(つじ)などが挙げられる。主として音読みが無いのが特徴である。ただし働(ドウ)・腺(セン)のように音読みを持つ少数の例外もある。また中国語に取り入れられた国字も少数ながら存在する(「腺」など)。

新字体・漢字制限[編集]

幕末から日本語の文字の改革について議論があり、漢字の廃止や制限などが議論されていた。1923年(大正12年)に選定された常用漢字表を皮切りとして、GHQの占領下の1946年(昭和21年)、占領方針として漢字の廃止が政府決定され、廃止までの当面使用する漢字である1850字の当用漢字を定めた当用漢字表が告示された。1949年(昭和24年)に告示された当用漢字字体表によって俗字や略字を多く採用した新字体が使われるようになった。ただし、新字体は俗字や略字の採用であり、体系的な字体の簡略化ではないとして、漢字の体系を破壊した、と批判されることがある。例えば、「竜(龍)」と「襲(襲)」と「滝(瀧)」、「仮(假)」と「暇(暇)」、「独(獨)」と「触(觸)」と「濁(濁)」などは、本来は同じ構成要素を持つにもかかわらず、字体の変更により別の構成要素に見えてしまうものである。また当用漢字に準拠し筆順を便宜上統一した881字の教育漢字が制定された。現在は漢字そのものの廃止という前提はなくなり、2136字が常用漢字として制定されている。そのうち教育漢字は1006字になっている。

漢字の研究[編集]

日本で編纂された最古の漢字字典は平安時代初期、空海が編纂したという『篆隷万象名義』であるといわれる。次に昌住によって『新撰字鏡』といった漢和辞典が編まれた。院政期には『類聚名義抄』が作られている。これらは漢字を字形によって分類した字書『玉篇』の影響を受けているという。室町時代には『倭玉篇』(和玉篇)という漢和辞典が編まれ、室町・江戸を通じて流行し、「倭玉篇」が漢和辞典を指す代名詞であったという。

一方、『爾雅』の影響を受け、漢字を意味別に分類したものには、平安時代中期、源順によって編纂された『和名類聚抄』がある。

また、漢字の字音を研究・分類した韻書として、南北朝時代の『聚分韻略』がある。

筆順[編集]

筆画を並べていく順番を筆順という。筆順は楷書行書草書など書体により異なっており、また同じ書体であっても何通りかの流派があり、統一されたものではない。国家水準で比較すると、日本と中国とでは、政府によって規範化された筆順が異なっているものも多く見られる。1958年(昭和33年)、『筆順指導の手びき』が文部省から出されて以降、学校教育でこれを絶対的に正しいものとして教えている傾向がある。『筆順指導の手びき』では、多くは伝統的に古典などで多用された筆順が採用されたものの、一部には古典に全く見られず、「つくられた」筆順も見受けられ、問題がないとは決して言えない。また、日本語では現在縦書きと横書きの両者が行われているが、徐々に横書きが優勢になりつつある。しかし、『筆順指導の手びき』における筆順は縦書きに適したものであり、横書きの際に不都合が生ずる、という主張も中にはある。「可」という字は縦書きでは「一→口→亅」という筆順にすると書きやすいが、横書きではむしろ「一→亅→口」とした方が手の動きが少なくて済むらしい[2]

活字やフォントにおける漢字表記[編集]

中国の漢字はその成立の時代においてすでにを志向しており、その造型性が支えられていた。漢字はのち、篆書隷書楷書行書草書などの書体を完成し日本にも伝わり、日本においてもそれぞれの書体を通じて美の追求と創造が試みられている。しかし、活字フォントのみを文字と考えるいまの文化について、白川静は『文字逍遥』に、「漢字の本質からいえば、あの活字として図形式されたものは、むしろ文字の符号であり、装飾体であって、文字そのものではないともいえるのである。文字を図形的に整形しようとする常用漢字における字形観は、明らかにそのような頽廃と堕落のうちから生まれたものである。」と記している[3]

筆画の省略

従前から、自動車のナンバープレートや交通標識、外国映画の字幕などには、筆画を省略した独自の字体が採用されてきた。これらの場合は高い視認性という要請がある。またパーソナルコンピューターや携帯電話機などでは、機器の多画字表示能力の低さ、表示画面の狭隘などから、漢字の筆画を省略した新たな字体が採用され、多くの日本語使用者の目にするところとなっている。それらの新字体について石川九楊は、将来の日本語、さらには日本文化・日本人の精神に悪影響を及ぼすのではないかと懸念するコメントを出している[要出典]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新明解国語辞典』三省堂「真名」より
  2. ^ 押木秀樹 横書き移行に伴う変化について
  3. ^ 白川(文字逍遥) PP..353-354

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]