医学史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

医学史(いがくし)とは、医学に関する歴史を系統的に研究し、現代医学に反映する学問領域のことである。

医学史においては、他の多くの史学がそうであるように、物質的な発展に基づく学問の発展や集積を説明する唯物史観に立脚している[要出典]。医学史は、主に医学臨床と医学教育における史料をもとに、医学発展における歴史の法則性とその必然性を探求している[要出典]

概観[編集]

先史時代の医学[編集]

薬効目的の植物(薬草)が最初に用いられた時期を特定する記録はない。だが、おそらく人類が文字を用いる以前から薬草は用いられていたのだろうとも考えられている。[1]。長い年月にわたる試行錯誤の末、世代を通じた知識が部族社会の文明として集積され、シャーマンが治癒の専門職として機能した。

エジプト医学[編集]

3千年の歴史の中で、古代エジプトは巨大で多岐にわたる豊かな医学の伝統を作り出した。ヘロドトスエジプト人を指して「すべての人間の中で、リビア人の次に最も健康だ」[2]と書いている。これは乾燥した気候と、すぐれた公衆衛生のシステムのためである。ヘロドトスによれば、「医学の技術は、一人の医者は一つの病気だけを治療する、というほどに専門化されている」という。ホメーロスは『オデュッセイア』の中でエジプトを「実り豊かな地球が、を最も多く貯蔵する」土地で、エジプトでは「全ての人が医者」だと述べた[3]。かなりの部分が超自然現象を扱っていたとはいえ[4]、エジプト医学は最終的に、解剖学公衆衛生・臨床診断の領域で実用的な手法を開発した。

エドウィン・スミス・パピルス(ページ6、7)、ニューヨーク医学会所蔵

エドウィン・スミス・パピルス[5]に収録された医学の知識は紀元前3000年ごろのものとも言われている[6]。知りうる限りエジプト最古の外科手術は、紀元前2750年に行われた。エジプト第3王朝イムホテプは、古代エジプト医学の設立者、および療法・慢性病解剖学についての所見を記したエドウィン・スミス・パピルスの原典の編纂者ともいわれている。エドウィン・スミス・パピルスは紀元前1600年ごろに書かれた、いくつかの先行する研究の複写だと考えられている。古代の外科教本で、魔術的な思考をほとんど全て排除しており、数々の慢性病の検診・診断処置予後について詳述している[7]

対照的に、エーベルス・パピルス[8](紀元前1550年頃)には、病気の原因となる、悪霊その他の迷信上の存在を退けるための、まじないや非衛生な対処法が多く記されている。エベルス・パピルスには、文書として現存する最古の腫瘍の認識記録があるが、古代医学上の誤解もあり、たとえば546節や547節では単なる腫れものと解釈しているようだ。

カフン・パピルスen:Kahun Papyrus[9]は、妊娠に伴う問題を含む婦人病を扱っている。断片的なものを含め、診断と処置について詳述する34の症例が現存している[10]紀元前1800年ごろのもので、現存する最古の医学文献である。

古代エジプトでは、第1王朝の時期には「生命の家」(ペル・アンク)と呼ばれる医療施設が作られていたことで知られる[11]第19王朝までに、労働者の中には医療保険年金・疾病休暇などの福祉を受けられるものもいた。

記録上最古の医者も、古代エジプトのものだといわれている。紀元前27世紀、第3王朝ジェセル王の「歯科医と医者の長」と呼ばれたヘシレである[11]。また、記録上最古の女医は、第4王朝時代のペセシェトである。ペセシェトの称号は「女医の女性監督者」である。監督者としての立場に加え、ペセシェトはサイス(en:Sais 古代エジプトの都市)の医学校の助産科を卒業している。

バビロニア医学[編集]

バビロニアの医学の記述は、紀元前2千年紀前半の古バビロニア王国までさかのぼる。しかし最も広範なバビロニアの医学文献は、アダド・アプラ・イディナ王の治世(紀元前1069年-1046年)の、ボルシッパ(en:Borsippa シュメールの都市)のエサギル・キン・アプリ(Esagil-kin-apli)という医師による『診断手引書』である[12]

同時代のエジプト医学と同じく、バビロニア人は診断予後診察・処方の概念を取り入れた。これらに加え、『診断手引書』では治療計画、原因療法、経験論の活用、論理学、診断・予後・治療における合理主義などが取り入れられている。また医学上の症候のリストも含まれており、患者の体に表れる症候と診察・予後とを照合する際に使用する理論的なルールとともに、詳しい経験上の観察が多く記されている[13]

『診断手引書』は、原則と推測の理論的な組み合わせが基本になっており、患者の兆候に対して検査と視診を行うことで、患者の疾患と、その病因および見通し、そして回復の機会を特定することが可能である、という現代的な視点も含まれている。患者の兆候や疾患に対しては、包帯軟膏錠剤などの治療法が用いられた[14]

ヘブライ医学[編集]

紀元前1千年紀ヘブライ医学についての知見は、主にモーセ五書からのものである。モーセ五書には感染者の隔離(レビ記13章45-46節)、死体を扱った後の洗浄(民数記19章11-19節)、糞便を野営地外に埋めること(申命記23章12-13節)など、様々な健康に関する法律や儀式が含まれている。これらの法の遵守により衛生上の恩恵がもたらされ、ユダヤ人の信仰上、秘められた動機からではなく神の意志を全うするために、これらの儀式や法を守ることが求められた。マックス・ノイベルガーは、彼の著書「History of medicine」でこう述べている。

「要求の内容は、伝染病の予防と抑制、性病売春の抑制、皮膚の手入れ、入浴食物住居と被服、労働規定、性生活、人々の規律などであった。これらの要求の多くは、安息日割礼食物についての法(豚肉の禁止)、月経中・妊娠中・淋病に罹患している女性についての規定、ハンセン病患者の隔離、野営地の衛生、など、気候環境から見ると、驚くほど理性的である」(Neuburger: History of Medicine, Oxford University Press, 1910, Vol. I, p. 38 暫定訳)

ギリシャ医学[編集]

ヒポクラテスの誓い。12世紀東ローマ帝国写本。

古代ギリシャの医学は、バビロニアとエジプトの医学の伝統に大きな影響を受けている[15]。他の地域と同じく、古代ギリシャ人は体液を重んじる医学体系を作り上げた。この体系における療法は、体内の四体液のバランスを整えることであった。古代ギリシャ医学において有名なのはコス島ヒポクラテスで、「近代医学の父」と呼ばれている[16][17]。著作としては、ヒポクラテスおよびその弟子に関係の深い約70編の初期医学文献を集積したヒポクラテス大全(en:Hippocratic Corpus)がある。ヒポクラテスの最も有名な業績は、医師のためのヒポクラテスの誓いである。これは現代においても意義があり、また有用である。

ヒポクラテスとその弟子は、多くの病気や医学上の状態の記述を残した。肺癌などの慢性肺疾患や、チアノーゼ性心疾患の兆候であるばち指を最初に記述したとされている。このため、ばち指はヒポクラテス指(Hippocratic fingers)と呼ばれることもある[18]。ヒポクラテスは「予後」の中で、ヒポクラテス顔(Hippocratic face 死相のこと)について記しており、シェイクスピアが『Henry V』の第2幕第3場で、フォルスタッフの死についてこの表現を使ったことで有名である[19][20]

ヒポクラテスは、急性・慢性・風土病伝染病の疾病分類を作り、また悪化・再発・危篤・発作・峠・回復期などの用語法を作った[21][22]この他には主に、兆候学生理学上の発見、外科手術膿胸(胸腔内に膿がたまる症状)の予後などの貢献がある。ヒポクラテスの教えは今日の呼吸器科の研究者に対しても有効である[23]。ヒポクラテスは記録上最初の胸部外科医で、その発見は現在でも有効である[23]

ギリシャ人ガレノスは、最も偉大な古代の外科医のひとりである。ガレノスは脳や目の外科手術など、危険な手術を多く行った。こういった手術は2000年近くにわたって二度と行われなかった。後に、中世ヨーロッパで、ガレノスの外科手術に関する著作は中世の医者の大学課程における主要テキストになったが、ガレノスの著作は知的には停滞していた。にもかかわらず、1530年代、ベルギー人の解剖学者・医師であるアンドレアス・ヴェサリウスはガレノスの著作の多くをラテン語に翻訳するプロジェクトを実行した。ヴェサリウスの主著『人体の構造についての七つの書』(De humani corporis fabrica)は、ガレノスの著作や方式に大きく影響されている。ガレノスとイブン・スィーナーの著作は、両者の教えを収録した『医学正典』などの形でラテン語に翻訳され、16世紀まで中世ヨーロッパの医学教育において最も権威ある解剖学のテキストであり続けたのだった。

オリバシウスは、東ローマ帝国最高の医学編纂者である。オリバシウスの著書は、他の多くの東ローマ帝国の医師の著書とともにラテン語に翻訳され、啓蒙時代・理性の時代には英語・フランス語にも翻訳された。東ローマ最後の偉大な医師は14世紀初頭、コンスタンティノポリスのアクトゥアリウス(Actuarius)である。

ローマ医学[編集]

古代ローマでは、初の女性専用の器具をはじめとして、多くの手術用具が発明された[24]。これには鉗子メス焼きごて剪刀手術針ゾンデ膣鏡などがある[25][26]。また、初の白内障手術もローマ人によるものである[27]

ヨーロッパ中世の医学は、科学宗教の混合発展であった。中世初期、ローマ帝国の没落後の医学知識の主流は、主に修道院などに保管されて現存していたローマの文献だった。しかし、病気の原因・治療に関する考え方は世俗的な解釈のみによるものではなく、精神的世界観も基本に含まれており、運命原罪星の影響といった要素が、生理学的な原因と同様に重要視されていた。

医学は旧来の自由七科には含まれていなかった。すなわち、科学というよりも手仕事だと考えられていたのである。とはいえ、最初期(12世紀)のヨーロッパの大学でも、法学科・神学科と同様に医学科が設立されていた。ロゲリウス・サレルニタヌス(Rogerius Salernitanus)が著した『外科医術』は、現代に至るまでの西洋の外科処置法の基礎を築いた。16世紀、ヴェサリウスから近代の神経学が始まった。ヴェサリウスは脳その他の解剖学について記したが、機能については脳側室に中心があると考えながらも、よく分かっていなかった[28]

ペルシア医学・イスラム医学[編集]

ペルシア医学

ペルシアの医学研究および実践は長く豊かな歴史を持っている。ペルシアは東洋・西洋の交易路に位置するため、しばしばギリシャとインド両方の医学の発展を享受した。このような基礎に、イスラム化の前後両方の時期で多くの業績が加わった。

ペルシア医師の第一世代は、ジュンディーシャープール大学で養成された。教育を行う病院が考案されたのはジュンディーシャープール大学であるとも言われている。例えばアル・ラーズィー(865-925)は、医師活動の中で意図的にアルコールを用いた初めての医師となった。

アル=ハーウィー』(al-Hawi,『包含の書』とも)は、アル・ラーズィー(ラテン名でラゼス(Rhazes)とも呼ばれる)の最大の著作集である。この中で、ラーズィーは自らの経験による臨床事例を記録し、様々な病気の有用な記録を残している[29]。 ラーズィーの『天然痘と麻疹の書』(Kitab fi al-jadari wa-al-hasbah)では麻疹天然痘について記述し[30]、ヨーロッパに大きな影響を与えた。

ムータジラ派の哲学者であり、医師でもあるイブン・スィーナー(ラテン名でアヴィケンナ(Avicenna)とも呼ばれる)もまた大きな影響を与えた人物である。スィーナーの『医学典範』は、医学史の中で最も有名な書とも考えられており、啓蒙時代までのヨーロッパでの標準テキストであり続けた[31]

イスラム医学
An Arabic manuscript, dated 1200 CE, titled Anatomy of the Eye, authored by al-Mutadibih.

ムスリムの医師による、解剖学眼科学薬理学薬学生理学外科学製剤科学などの医学領域への多大な貢献により、イスラム文化は医科学に卓越した。アラブ人は、古代ギリシアと古代ローマの医学技術をさらに発展させた。ガレノスとヒポクラテスが過去の典拠となっていた[32]。830年ごろから870年ごろまでのガレノスの著作129点は、フナイン・イブン・イスハークとその助手たちによってアラビア語に翻訳された。その中でも特にガレノスの主張する理性的・体系的な医学のアプローチが、イスラム医学のひな型として、イスラム帝国の中に素早く広まった。ムスリムの医師は初めて専門病院を設立した。専門病院はその後十字軍遠征の間にヨーロッパに広まったが、これも中東の病院から着想を得たものである[33]

キンディー (801 - 873?)は『De Gradibus』を著し、数学を医学(特に薬学)へ適用して論じた。キンディーは『De Gradibus』の中で、薬の強さの度合いを測る数学的な軽量法や、医者が患者の病気の最も危険な時期を特定する仕組みを開発した[34]アル・ラーズィー(865-925)は自身の経験した臨床事例を記録し、様々な病気についての有用な記録を残している。麻疹や天然痘について記した『アル=ハーウィー』はヨーロッパに大きな影響をもたらした。『Doubts about Galen』では経験的な方法から四体液説の誤りを初めて証明した[35]

アブ・アル=カシム(アブルカシム)は近代外科学の父と考えられており[36]、30巻の医学事典「Kitab al-Tasrif」を著した。これは17世紀までイスラム圏とヨーロッパの医学部で教材に使われた。アブルカシムは女性にのみ用いるものも含め、数多くの手術用具を用いた。これには腸線鉗子結紮糸手術針メスキューレット開創器・手術用スプーン・ゾンデ・手術用フック・手術用ロッド・膣鏡[37]・骨用鋸[38]・漆喰[39]などがある。 イブン・スィーナー(980 - 1037)は、近代医学の父といわれ[40]、歴史上最高の思想家・医学者のひとりである[33]。著書『医学典範』(1020)および『癒しの書』(11世紀)は、17世紀までイスラム圏とヨーロッパの標準テキストであり続けた。イブン・スィーナーの業績には、体系的な生理学研究の中に実験と量化を導入したこと[41]感染症の感染性質の発見、感染症の拡散を抑制するための検疫の導入、実験医学および治験の導入[42]の他にも、細菌・ウイルスについて[43]縦隔炎胸膜炎の区別、結核の感染性質、水や土からの病気の蔓延、肌荒れについての詳細な記述、性行為感染症倒錯神経系失調などの記述を初めて行い[33]、また発熱に対して氷を用いたり、薬理学医学を区別したり(製薬科学の発展において重要)もした。

1021年、イブン・アル=ハイサム(アルハセン)(965 - 1040)によって眼科手術の重要な進歩があった。アル=ハイサムは視界と視覚のプロセスを研究し、著書『Kitab al-Manazir』(光学の書)の中で初めて正しく説明した。

イブン・アル=ナフィスは、初めて肺循環と冠動脈について記して[44]循環系の基礎を作ったため、循環理論の父と呼ばれる[45]。アル=ナフィスはまた、代謝の概念を最初に述べた[46]。また生理学および心理学の新しい体系を作り上げて、イブン・スィーナーやガレノスの体系に取って代わった。この中でアル=ナフィスは彼らの四体液説、脈動[47]、骨、筋肉、腸、感覚器、胆汁、管、食道、胃などについての誤った考えを批判した[48]イブン・アル=ルブディ四体液説を否定し、人体およびその保全は血液のみによることを発見した。また女性が精液を生産できるというガレノスの節を否定し、動脈の動きは心臓によるものではないこと、胎児の体で最初に作られる臓器は心臓だということ(ヒポクラテスは脳だと考えていた)、頭蓋骨を作る骨は腫瘍になりうるということを発見した[49]Maimonidesはユダヤ人であったが、13世紀のイスラム医学に様々な貢献を果たした。

マンスール・イブン・イリヤスの『人体解剖書』(Tashrih al-badan 1390年ごろ)には、人体構造上の神経系・循環器系の全図が掲載されている[50]。14世紀のアンダルスにおけるペスト腺ペスト流行期に、イブン・カティマイブン・アル=カティブは、伝染病は人間の体に入り込む微生物が原因であることを発見した[51]。その他にもムスリムの医師によってなしとげられた医学上の発展には、免疫系の発見、微生物学の導入、動物実験の活用、他の科学分野とのコンビネーション(農学植物学化学・薬理学など)、注射器の発明(9世紀イラク アマー・イブン・アリ・アル=マウシリによる)、最初の薬局の誕生(バグダード 754年)、医学と薬学の区別(12世紀以前)、2000種類以上の医学・化学物質の発見などがある[52]

中世・近代初期ヨーロッパ医学[編集]

レンブラント・ファン・レイン画 『テュルプ博士の解剖学講義』。1632年

西ヨーロッパでは、ローマ帝国権力の崩壊のため、組織的な医療の発展が停止していた。医学は、古くから伝わる医学知識によって補いながらの地域的な民間療法になった。医学知識は、多くの修道院施設で保存・実施され、これらの施設にはしばしば病院が併設されていた。11世紀イタリアサレルノ医科大学が設立されると、組織的なプロフェッショナル医学が再興をみせた。サレルノ医科大学では、モンテ・カッシーノ修道院の協力を得て、東ローマ帝国やアラブの研究成果が翻訳された。12世紀には、イタリアその他で大学が設立され、その中ですぐに医学部が作られていった。古代の大家のもつ信頼性は、個々の観察や実験によって徐々に補足されていった。外科の技術は中世の間に大きく進歩した。ロゲリウス・サレルニタヌスは『外科医学』(Chirurgia)を著し、近代西洋から現代に至るまでの外科技術への基礎を築いた。ルネッサンスの到来とともに、解剖および死体の検査を中心とする実験的な調査が多くなった。アンドレアス・ヴェサリウスウイリアム・ハーベーなどの個人の研究により、一般に認められた民間伝承が科学的な証拠をもって検証されるようになった。近代神経学の発展は、16世紀、脳の解剖学その他について述べたヴェサリウスに始まる。ヴェサリウスは脳機能についてはあまり分かっておらず、脳室にあると考えていた。医学の理解と診断は進歩したが、健康への直接の利益は少なかった。有効な薬は、アヘンキニーネ以外にほとんど存在せず、民間療法と潜在的な毒性がある金属化合物とがポピュラーな治療法であった。

近代医学[編集]

ルイ・パスツール(1822-1895)
ロベルト・コッホ(1843-1910)
フローレンス・ナイチンゲール(1820-1910)
エミール・クレペリン(1856-1926)

化学や研究技術・施設の発展により、医学は19世紀以降に大変革を起こした。伝染病についての旧来の考えは、微生物学ウイルス学に取って代わられた。

細菌と微生物が最初に観察されたのは、1676年、アントニ・ファン・レーウェンフックによる、顕微鏡を使った観察であった。これにより微生物学という科学領域が始まった[53]

イグナーツ・ゼンメルワイス(1818年-1865年)は、1847年、分娩に立ち会う前の医師に手の洗浄を義務づけるだけで、産褥熱による死亡率を劇的に下げた。ゼンメルワイスの発見は、微生物病因説に先立つものだった。しかし、ゼンメルワイスの発見を同時代の医師らは受け入れず、彼を迫害してしまった。ゼンメルワイスの発見が一般的に活用されるようになったのはイギリスの外科医ジョゼフ・リスターの発見以後であった。リスターは1865年、傷の手当てに対して殺菌剤の原則を示したのである。しかし19世紀の間、医学的な保守主義のために、ゼンメルワイスとリスターの研究は一般に受け入れられはしなかった。 ルイ・パスツールの発見はゼンメルワイスの研究を支持した。微生物と病気とを結びつけて考えたパスツールは、医学に大変革をもたらした。パスツールはクロード・ベルナールとともにパスチャライゼーション(低温殺菌法)を考案した。これは現在でも使われている。パスツールの実験によって病原菌説が立証された。またベルナールは医学における科学的方法を作り上げるために、1865年、『実験医学研究序説』を発表した。パスツールは、ロベルト・コッホ(1905年にノーベル生理学・医学賞受賞)とともに微生物学を作り上げた。コッホはまた結核菌(1882)・コレラ菌(1883)の発見およびコッホの原則を作り上げたことでも有名である。

医学上の治療における女性の参加(助産婦・家政婦は除いて)はフローレンス・ナイチンゲールなどによってもたらされた。ナイチンゲールらは、それ以前男性が支配的だった医療分野に、看護の基本的な役割を示した。すなわち、衛生・栄養状態の不備による患者の死亡率を下げたのである。ナイチンゲールは1852年、クリミア戦争後の聖トマス病院に勤務した。エリザベス・ブラックウェル (Elizabeth Blackwell) (1821年-1910年)は、アメリカで正式教育を受けて医学を実践した最初の女性となった。

第一次世界大戦などの大規模な戦争状況により、体内機能の監視のためX線(ヴィルヘルム・レントゲン)や心電図(ウィレム・アイントホーフェン)を使用することが増えた。大戦間にはこれらに続いてサルファ薬などの選択的殺菌薬が初めて開発された。第二次世界大戦では、広い範囲で効果的な殺菌療法がみられた。これはペニシリンの開発および大量生産によるもので、戦争上の圧力およびイギリスの科学者とアメリカの製薬産業の協力によって可能になった。

産業革命の時代には、癲狂院が目立つようになった。エミール・クレペリン(1856年-1926年)は精神疾患に関する新しい医学分野を導入した。この医学分野は、病理学や病因論ではなく行動がその基礎となっていたにもかかわらず、最終的に精神医学と呼ばれるようになった。1920年代のシュルレアリストは、出版物の中で精神医学への反対を表明した。1930年代には、導入されたいくつかの医学的療法が物議をかもした。この中には発作を誘発するもの(電気けいれん療法インスリン等の薬物療法)や、脳の一部切除(ロボトミー・ロベクトミー)などが含まれる。どちらも精神医学上広く用いられたが、基本的な倫理、有害な効果、誤用などに対する懸念や反対の声もあった。1950年代にはクロルプロマジンなどの新しい精神医学上の薬が研究所で製作され、こちらの使用が徐々に好まれるようになった。これは通常進歩と考えられているが、遅発性ジスキネジアなどの深刻な副作用を理由に反対する声もある。患者が精神医学上の監督に従わない場合、治療法に抵抗を示して薬を飲まないことはしばしばあった。また精神病院に対する抵抗も強くなり、精神医学上の監督外で、ユーザー主導の協力グループ(治療コミュニティ)によって社会に復帰させる試みも現れた。ロボトミーは、1960年代以降の反精神医学運動の中で批判されていたにもかかわらず、統合失調症の療法として1970年代まで使用された。

アーユルヴェーダ医学[編集]

パキスタンメヘルガルで、インダス文明ハラッパー時代(紀元前3300年頃)の人々が医学・歯学の知識を持っていたことが考古学者によって発見された。調査を行ったミズーリ大学コロンビア校の物理人類学者、アンドレア・クシナ教授は、ハラッパーの男性のを洗浄している際にこれを発見した。また同地域の後の調査によって、9千年前に歯の穿孔が行われていた証拠が見つかった[54]

アーユルヴェーダ(आयुर्वेद:生命の知識)は、南アジアで2000年以上前に作られた、成文上の医学体系である。チャラカ(Charaka)とススルタ(Suśruta)の2学派のテキストが有名。これらのテキストには、ヴェーダと呼ばれる宗教文学中の古代医学思想とのある程度の関連が見られるため、初期アーユルヴェーダと初期仏教ジャイナ教文学との直接的な歴史的関係が歴史家によって指摘されていた。アーユルヴェーダの最初の出発点は、紀元前2千年紀初期の特別な薬草の慣行を総合したものが基礎になっていると思われる。多大な理論的な概念化とともに、新たな疾病分類や療法が紀元前400年ごろ以降加えられ、仏教その他の思想家のコミュニティから発表されたものであろう[55]

チャラカの著作集チャラカサムヒタには、健康病気は前もって決まっておらず、寿命は人の努力によって延ばせるとある。ススルタの著作集ススルタサムヒタでは、医学の目的を、病気の症状を治し、健康を守り、寿命を延ばすことであると定義している。どちらの著作集にも、数多くの病気に対しての検査・診察・処置・予後について書かれている。ススルタサムヒタは、鼻形成術・切れた耳たぶの形成・会陰部切石術白内障手術などの様々な種類の外科処置法について書いていることが特徴的である。

アーユルヴェーダの古典では、医学は8部門に分けられている。すなわち、

の8科である。

これらとは別に、アーユルヴェーダの研究生は、調剤と施術に必要な10科の技術を学ぶことになっていた。すなわち、蒸留法・手術法・料理園芸冶金砂糖の製作・薬学鉱物の分析と分類・金属の混合アルカリの調剤である。広範な内容が、直接的な臨床科目の説明の中で教授された。例えば、解剖学は外科の授業の一環として、発生学小児学産科学の授業の一環として、生理学と病理学の知識はすべての臨床科目に織り込まれた。

イニシエーションの終わりには、グルが厳粛な演説を行い、研究生を純潔・誠実・菜食主義の生活へと送り出す。研究生は全身全霊で健康のため病と闘わなければならない。また自己の利益のために患者を裏切ってはならない。服装は質素にして強い酒は避けなければならない。冷静さと自己コントロールを保たねばならず、つねに発言は慎重でなければならない。つねに知識と腕を磨かなければならない。患者の家では礼儀正しく謙虚に、患者の利益のみに目を向けなければならない。患者とその家族の情報を漏らしてはならない。患者の治癒が不可能で、患者その他を傷つけるおそれがある場合、これを秘しておかなければならない。

通常の研究生の教育期間は7年である。研究生は卒業の前にテストに合格しなければならない。しかし医師(ヴァイディヤ)となっても、文献、直接の観察(プラティヤクシャ)、洞察(アヌマーナ)を通して学び続けなければならない。これに加え、医師の会合で知識を交換する。また、山の民や牧夫、森の民から特別な治療法を集めなければならない[56]

中国医学[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 放射性炭素年代測定で紀元前1万3千年から2万5千年と思われるフランスのラスコー洞窟壁画には、植物を治療目的で用いたことが描かれている[要出典]
  2. ^ Herodotus. “Chapter 77, Book II” (English translation). The Histories. 
  3. ^ Odyssey 17.327
  4. ^ Nunn, John F. (2002). Ancient Egyptian Medicine. University of Oklahoma Press. 
  5. ^ J. H. Breasted, The Edwin Smith Surgical Papyrus, University of Chicago Press, 1930
  6. ^ Medicine in Ancient Egypt 1
  7. ^ Edwin Smith papyrus - Britannica Online Encyclopedia
  8. ^ P. W. Bryan, The Papyrus Ebers, Geoffrey Bles: London, 1930
  9. ^ Griffith, F. Ll. The Petrie Papyri: Hieratic Papyri from Kahun and Gurob
  10. ^ The Kahun Gynaecological Papyrus
  11. ^ a b Medicine in Ancient Egypt by Sameh M. Arab, MD
  12. ^ Marten Stol (1993), Epilepsy in Babylonia, p. 55, Brill Publishers, ISBN 9072371631.
  13. ^ H. F. J. Horstmanshoff, Marten Stol, Cornelis Tilburg (2004), Magic and Rationality in Ancient Near Eastern and Graeco-Roman Medicine, p. 97-98, Brill Publishers|Brill Publishers, ISBN 9004136665.
  14. ^ H. F. J. Horstmanshoff, Marten Stol, Cornelis Tilburg (2004), Magic and Rationality in Ancient Near Eastern and Graeco-Roman Medicine, p. 99, Brill Publishers, ISBN 9004136665.
  15. ^ ヘロドトス等参照
  16. ^ Hippocrates: The "Greek Miracle" in Medicine
  17. ^ The Father of Modern Medicine: Hippocrates
  18. ^ Schwartz, Richards & Goyal 2006
  19. ^ Singer & Underwood 1962, p. 40
  20. ^ Margotta 1968, p. 70
  21. ^ Garrison 1966, p. 97
  22. ^ en:Template:Harvnb
  23. ^ a b Major 1965
  24. ^ Surgical Instruments from Ancient Rome
  25. ^ Roman period surgery set on show, BBC
  26. ^ William Alexander Greenhill, Chirurgia
  27. ^ The Romans carried out cataract ops, BBC
  28. ^ A Neurologist Looks at Mind and Brain: "The Enchanted Loom"
  29. ^ G. Stolyarov II (2002), "Rhazes: The Thinking Western Physician", The Rational Argumentator, Issue VI.
  30. ^ A Treatise on the Small-pox and Measles, ウィリアム・アレキサンダー・グリーンヒルによる英訳, 出版者Printed for the Sydenham Society [by C and J. Adlrd], 1848年, pp. 252, URL
  31. ^ Katharine Park (March 1990). "Avicenna in Renaissance Italy: The Canon and Medical Teaching in Italian Universities after 1500 by Nancy G. Siraisi", The Journal of Modern History 62 (1), p. 169-170.
  32. ^ Islamic Golden Age - Medicine
  33. ^ a b c George Sarton, Introduction to the History of Science.
    (cf. Dr. A. Zahoor and Dr. Z. Haq (1997), Quotations From Famous Historians of Science, Cyberistan.
  34. ^ Felix Klein-Frank (2001), Al-Kindi, in Oliver Leaman and Hossein Nasr, History of Islamic Philosophy, p. 172. Routledge, London.
  35. ^ G. Stolyarov II (2002), "Rhazes: The Thinking Western Physician", The Rational Argumentator, Issue VI.
  36. ^ A. Martin-Araguz, C. Bustamante-Martinez, Ajo V. Fernandez-Armayor, J. M. Moreno-Martinez (2002). "Neuroscience in al-Andalus and its influence on medieval scholastic medicine", Revista de neurología 34 (9), p. 877-892.
  37. ^ Khaled al-Hadidi (1978), "The Role of Muslem Scholars in Oto-rhino-Laryngology", The Egyptian Journal of O.R.L. 4 (1), p. 1-15. (cf. Ear, Nose and Throat Medical Practice in Muslim Heritage, Foundation for Science Technology and Civilization.)
  38. ^ Paul Vallely, How Islamic Inventors Changed the World, The Independent, 11 March 2006.
  39. ^ Zafarul-Islam Khan, At The Threshhold Of A New Millennium – II, The Milli Gazette.
  40. ^ Cas Lek Cesk (1980). "The father of medicine, Avicenna, in our science and culture: Abu Ali ibn Sina (980-1037)", Becka J. 119 (1), p. 17-23.
  41. ^ Katharine Park (March 1990). "Avicenna in Renaissance Italy: The Canon and Medical Teaching in Italian Universities after 1500 by Nancy G. Siraisi", The Journal of Modern History 62 (1), p. 169-170.
  42. ^ David W. Tschanz, MSPH, PhD (August 2003). "Arab Roots of European Medicine", Heart Views 4 (2).
  43. ^ The Canon of Medicine, The American Institute of Unani Medicine, 2003.
  44. ^ Husain F. Nagamia (2003), "Ibn al-Nafīs: A Biographical Sketch of the Discoverer of Pulmonary and Coronary Circulation", Journal of the International Society for the History of Islamic Medicine 1, p. 22–28.
  45. ^ Chairman's Reflections (2004), "Traditional Medicine Among Gulf Arabs, Part II: Blood-letting", Heart Views 5 (2), p. 74-85 [80].
  46. ^ Dr. Abu Shadi Al-Roubi (1982), "Ibn Al-Nafis as a philosopher", Symposium on Ibn al-Nafis, Second International Conference on Islamic Medicine: Islamic Medical Organization, Kuwait (cf. Ibn al-Nafis As a Philosopher, Encyclopedia of Islamic World).
  47. ^ Nahyan A. G. Fancy (2006), "Pulmonary Transit and Bodily Resurrection: The Interaction of Medicine, Philosophy and Religion in the Works of Ibn al-Nafīs (died 1288)", p. 3 & 6, Electronic Theses and Dissertations, University of Notre Dame.[1]
  48. ^ Dr. Sulaiman Oataya (1982), "Ibn ul Nafis has dissected the human body", Symposium on Ibn al-Nafis, Second International Conference on Islamic Medicine: Islamic Medical Organization, Kuwait (cf. Ibn ul-Nafis has Dissected the Human Body, Encyclopedia of Islamic World).
  49. ^ L. Leclerc (1876), Histoire de la medecine Arabe, vol. 2, p. 161, Paris.
    (cf. Salah Zaimeche, The Scholars of Aleppo: Al Mahassin, Al Urdi, Al-Lubudi, Al-Halabi, Foundation for Science Technology and Civilisation)
  50. ^ H. R. Turner (1997), p. 136-138.
  51. ^ Ibrahim B. Syed, Ph.D. (2002). "Islamic Medicine: 1000 years ahead of its times", Journal of the Islamic Medical Association 2, p. 2-9.
  52. ^ S. Hadzovic (1997). "Pharmacy and the great contribution of Arab-Islamic science to its development", Med Arh. 51 (1-2), p. 47-50.
  53. ^ Madigan M, Martinko J (editors) (2006). Brock Biology of Microorganisms (11th ed. ed.). Prentice Hall. ISBN 0-13-144329-1. 
  54. ^ BBC NEWS | Science/Nature | 石器時代人、歯科ドリルを使用(Stone age man used dentist drill) BBC NEWS(英語)
  55. ^ Zysk, Kenneth G (1991). Asceticism and Healing in Ancient India: Medicine in the Buddhist Monastery. Oxford Univ Pr.  邦訳:ケネス・G. ジスク 『古代インドの苦行と癒し―仏教とアーユル・ヴェーダの間(Asceticism and Healing in Ancient India: Medicine in the Buddhist Monastery)』 梶田 昭訳。
  56. ^ Wujastyk, Dominik (2003). The Roots of Ayurveda. Penguin. 

関連項目[編集]