抗菌剤の年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

抗菌剤年表

これは抗菌剤(感染症治療剤)の年表である。 表示年は抗生物質などが上市され、医療現場で使用され始めた年である(日本に限定されない)。

  • 1911年 - サルバルサンが世界初の抗菌剤として45歳の農夫に処方された(NEJM)。
  • 1935年 - プロントジルが世界初のサルファ剤合成抗菌薬として発表された。
  • 1939年サルファ剤スルファセタミド(sulfacetamide)が開発された。
  • 1940年 - サルファ剤、スルファメチゾール(sufamethizol)が開発された。
  • 1942年
  • 1943年 - サルファ剤、スルファメラジン(sulfamerazine)が開発された。
  • 1944年 - ストレプトマイシン系抗生物質、ストレプトマイシン(streptomycin:SM)が開発された。
  • 1947年 - サルファ剤、スルファジアジン(sulfadiazine)が開発された。
  • 1948年テトラサイクリン系抗生物質、クロロテトラサイクリン(chlortetracycline;オーレオマイシン、aureomycin)が開発された。
  • 1949年
  • 1950年
    • テトラサイクリン系抗生物質、オキシテトラサイクリンoxytetracyclineOTC)が開発された。
    • ペニシリン系抗生物質、ペニシリンG・プロカイン(ペニシリンG プロカイン塩、penicillin G procaine)が開発された。
  • 1952年マクロライド系抗生物質エリスロマイシン(erythromycin:EM)が開発された。
  • 1954年 - ペニシリン系抗生物質、ベンジルペニシリン・ベンザチン(ベンジルペニシリン ベンザチン塩、benzathine penicillin)が開発された。
  • 1955年 - マクロライド系抗生物質、スピラマイシン(spiramycin:SPM)が開発された。
  • 1955年
    • クロラムフェニコール系抗菌剤、チアムフェニコール(tiamphenicol)が開発された。
    • グリコペプチド系抗生物質、バンコマイシン(vancomycin:VCM)が開発された。
  • 1956年 - ペニシリン系抗生物質、フェノキシメチルペニシリンphenoxymethylpenicillin;Penicillin V)が開発された。
  • 1958年
  • 1959年 - ストレプトグラミン系抗生物質、バージニアマイシンvirginiamycin)が開発された。
  • 1960年
  • 1961年
    • ペニシリン系抗生物質、アンピシリン(ampicillin:ABPC)が開発された。
    • アミノグリコシド系抗生物質、スペクチノマイシン(spectinomycin:SPCM)が開発された。
    • スルファメトキサゾール-トリメトプリム(ST合剤:STsulfamethoxazoleSMX/trimethoprimTMP)が開発された。
  • 1962年
    • ペニシリン系抗生物質、クロキサシリンcloxacillinMCIPC)が開発された。
    • フシジン酸fusidic acidFA)が開発された。
  • 1963年
    • フサファンギン(fusafungine)が開発された。
    • テトラサイクリン系抗生物質、ライムサイクリン(lymecycline)が開発された。
  • 1964年 - アミノグリコシド系抗生物質、ゲンタマイシン(gentamycin:GM)が開発された。
  • 1966年 - テトラサイクリン系抗生物質、ドキシサイクリン(doxycycline:DOXY)が開発された。
  • 1967年
    • ペニシリン系抗生物質、カルベニシリン(carbenicillin)が開発された。
    • 抗結核剤、リファンピシンrifampicinREP;リファンピン、rifampin)が開発された。
  • 1968年 - リンコマイシン系抗生物質、クリンダマイシン(clindamycin:CLDM)が開発された。
  • 1970年セファロスポリン系抗生物質、セファレキシン(cephalexin:CEX)が開発された。
  • 1971年
    • セファロスポリン系抗生物質、セファゾリンcefazolinCEZ)が開発された。
    • ペニシリン系抗生物質、ピヴァンピシリン(pivampicillin:PVPC)が開発された。
    • 抗原虫薬、チニダゾール(tinidazole)が開発された。
  • 1972年
    • ペニシリン系抗生物質、アモキシシリン(amoxicillin:AMPC)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフラジン(cefradine:CED)が開発された。
    • テトラサイクリン系抗生物質、ミノサイクリンminocyclineMINO)が開発された。
    • ストレプトグラミン系抗生物質、プリスチナマイシン(pristinamycin)が開発された。
  • 1973年フォスフォマイシン(fosfomycin:FOM)が開発された。
  • 1974年 - ペニシリン系抗生物質、タランピシリン(talampicillin:TAPC)が開発された。
  • 1975年
    • アミノグリコシド系抗生物質、トブラマイシン(tobramycin:TOB)が開発された。
    • ペニシリン系抗生物質、バカンピシリン(bacampicillin:BAPC)が開発された。
    • ペニシリン系抗生物質、チカルシリン(ticarcillin:TIPC)が開発された。
  • 1976年 - アミノグリコシド系抗生物質、アミカシン(amikacin:AMK)が開発された。
  • 1977年
    • ペニシリン系抗生物質、アゾシリン(azlocillin)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セファドロキシル(cefadroxil:CDX)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セファマンドール(cefamandole:CMD)が開発された。
    • セファマイシン系抗生物質、セフォキシチン(cefoxitin:CFX)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフロキシムcefuroximeCXM)が開発された。
    • ペニシリン系抗生物質、メズロシリン(mezlocillin)が開発された。
    • ペニシリン系抗生物質、ピブメシリナム(pivmecillinam:PMPC)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セファクロル(cefaclor:CCL)が開発された。
  • 1980年
    • セファマイシン系抗生物質、セフメタゾール(cefmetazole:CMZ)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフォタキシム(cefotaxime:CTX)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフスロジン(cefsulodin:CFS)が開発された。
    • ペニシリン系抗生物質、ピペラシリン(piperacillin:PIPC)が開発された。
  • 1981年
    • ペニシリン系抗生物質、アモキシシリン-クラブラン酸amoxicillinAMPC/clavulanic acid:CVAco-amoxiclav))が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフペラゾン(cefperazone)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフォチアム(cefotiam:CTM)が開発された。
    • オキサセフェム系抗生物質、ラタモキセフ(latamoxef:LMOX)が開発された。
    • ネテレマイシン(netelmicin)が開発された。
  • 1982年
    • ペニシリン系抗生物質、アパラシリン(apalcillin)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフトリアキソンceftriaxoneCTRX)が開発された。
    • アミノグリコシド系抗生物質、ミクロノマイシン(micronomicin:MCR)が開発された。
  • 1983年
    • セファロスポリン系抗生物質、セフメノキシム(cefmenoxime:CMX)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフタジジム(ceftazidime:CAZ)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフトロキシム(ceftiroxime)が開発された。
    • キノロン系抗菌剤、ノルフロキサシン(norfloxacin:NFLX
  • 1984年
    • セファロスポリン系抗生物質、セフォニシド(cefonicid)が開発された。
    • セファマイシン系抗生物質、セフォテタンcefotetanCTT)が開発された。
    • ペニシリン系抗生物質、テモシリン(temocillin)が開発された。
  • 1985年
    セファロスポリン系抗生物質、セフピラミド(cefpiramide:CPM)が開発された。
    • カルバペネム系抗生物質、イミペネム-シラスタチン(imipenem:IPM/cilastatin:CS;チエナム®)が開発された。
    • キノロン系抗菌剤、オフロキサシンofloxacinOFLX)が開発された。
  • 1986年
    • ムピロシンmupirocinMUP)が開発された。
    • モノバクタム系抗生物質、アズトレオナム(aztreonam:AZT)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフォペラゾン-スルバクタム(cefoperazone:CPZ/sulbactam:SBT)が開発された。
    • ペニシリン系抗生物質、チカルシリン-クラブラン酸(ticarcillin/clavulanic acid:CVA)が開発された。
  • 1987年
    • ペニシリン系抗生物質、アンピシリン-スルバクタムampicillinABPC/sulbactam:SBT)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、(cefiximeCFIX)が開発された。
    • マクロライド系抗生物質、ロキシスロマイシンroxithromycinRXM)が開発された。
    • ペニシリン系抗生物質、スルタミシリン(sultamicillin:SBTPC)が開発された。
    • キノロン系抗菌剤、シプロフロキサシンciprofloxacinCPFX)が開発された。
  • 1988年
    • マクロライド系抗生物質、アジスロマイシンazithromycinAZM)が開発された。
    • オキサセフェム系抗生物質、フロモキセフ(flomoxef:FMOX)が開発された。
    • アミノグリコシド系抗生物質、イセパシン(isepamicin:ISP)が開発された。
    • マクロライド系抗生物質、ミデカマイシン(midecamycin:MDM)が開発された。
    • 抗結核薬、リファネチン(rifapentine)が開発された。
    • グリコペプチド系抗生物質、テイコプラニンteicoplaninTEIC)が開発された。
  • 1989年
    • セファロスポリン系抗生物質、セフポドキシム(cefpodoxime:CPDX)が開発された。
    • キノロン系抗菌剤、エンロフロキサシン(enrofloxacin)が開発された。
    • キノロン系抗菌剤、ロメフロキサシン(lomefloxacin:LFLX)が開発された。
  • 1990年
    • アミノグリコシド系抗生物質、アルベカシン(arbekacin:ABK)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフォジジム(cefozidime)が開発された。
    • マクロライド系抗生物質、クラリスロマイシン(clarithromycin:CAM)が開発された。
  • 1991年 - セファロスポリン系抗生物質、セフジニルcefdinirCFDN)が開発された。
  • 1992年
    • セファロスポリン系抗生物質、セフェタメト(cefetamet:CEMT)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフェピロム(cefpirome:CPR)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフェプロジル(cefprozil)が開発された。
    • セファロスポリン系抗生物質、セフェティブフェン(ceftibufen)が開発された。
    • キノロン系抗菌剤、フレロキサシン(fleroxacin:FLRX)が開発された。
    • カルバセフェム系抗生物質、ロラカルベフ(loracarbef:LCBF)が開発された。
    • ペニシリン系抗生物質、ピペラシリン-タゾバクタム(piperacillin:PIPC/tazobactam:TAZ)が開発された。
    • キノロン系抗菌剤、ルフロキサシン(rufloxacin)が開発された。
  • 1993年
    • ブロデモプリム(brodimoprim)が開発された。
    • ジリスロマイシン(dirithromycin)が開発された。
    • キノロン系抗菌剤、レボフロキサシン(levofloxacin:LVFX)が開発された。
    • キノロン系抗菌剤、ナジフロキサシン(nadifloxacin:NDFX)が開発された。
    • カルバペネム系抗生物質、パニペネム-ペタミプロン(panipenem:PAPM/betamipron:BP)が開発された。
    • キノロン系抗菌剤、スパフロキサシンsparfloxacinSPFX)が開発された。
  • 1994年 - セファロスポリン系抗生物質、セフェピム(cefepime:CFPM)が開発された。
  • 1999年 - キノロン系抗菌剤、モキシフロキサシンMoxifloxacinMFLX)が開発された。
  • 2000年 - オキサゾリジノン系抗生物質、リネゾリド(linezolid)が開発された。
  • 2001年 - ケトライド系抗生物質、テリスロマイシンtelithromycinTEL)が開発された。
  • 2003年 - リポペプチド系抗生物質、ダプトマイシンdaptomycin)が開発された。
  • 2005年 - グリシルサイクリン系抗生物質、チゲサイクリンtigecycline)が開発された。
  • 2007年 - キノロン系抗菌剤、ガレノキサシンGarenoxacinGRNX)が開発された。

関連項目[編集]