抗菌薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
抗菌剤から転送)
移動: 案内検索

抗菌薬(こうきんやく、Antibacterial drugs)とは、細菌の増殖を抑制したり殺したりする働きのある化学療法剤のこと。

細菌による感染症の治療に使用される医薬品である。

分類[編集]

効果分類[編集]

殺菌性抗菌薬
細菌を死滅させる作用のある抗菌薬。
静菌性抗菌薬
細菌の発育を抑制させる作用のある抗菌薬。

構造分類[編集]

以下のように分類される。


 抗菌薬             
  ┣ 天然抗菌薬(抗生物質)
  ┃  ┣ β-ラクタム系  
  ┃  ┣ アミノグリコシド系
  ┃  ┣ テトラサイクリン系
  ┃  ┣ リンコマイシン系
  ┃  ┣ クロラムフェニコール系
  ┃  ┣ マクロライド系
  ┃  ┣ ケトライド系
  ┃  ┣ ポリペプチド系
  ┃  ┣ グリコペプチド系
  ┃  ┗ テトラサイクリン系
  ┃
  ┗ 合成抗菌薬 
     ┣ ピリドンカルボン酸(キノロン)系   
     ┣ ニューキノロン系
     ┣ オキサゾリジノン系
     ┗ サルファ剤系

種類[編集]

β-ラクタム系[編集]

アミノグリコシド系[編集]

リンコマイシン系[編集]

ホスホマイシン系[編集]

テトラサイクリン系[編集]

クロラムフェニコール系[編集]

マクロライド系[編集]

ケトライド系[編集]

ポリペプチド系[編集]

グリコペプチド系[編集]

ストレプトグラミン系[編集]

キノロン系[編集]

ピリドンカルボン酸系または (オールド)キノロン

ニューキノロン系[編集]

サルファ剤[編集]

葉酸代謝阻害剤

  • ST合剤(TMP/SMX バクタ®・バクトラミン®)

オキサゾリジノン系[編集]

関連項目[編集]