筋弛緩剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

筋弛緩剤(きんしかんざい)、筋弛緩薬(きんしかんやく)は、神経細胞膜などに作用して、筋肉の動きを弱める医薬品である。 臨床においては「きんちかん」と読む人もいる。

筋弛緩剤のひとつ、パンクロニウムはアメリカでは薬物による死刑執行時に使用する薬物としても知られる。

概要[編集]

日本では筋弛緩剤点滴事件の影響で広く一般に知られるところとなったため、毒物のイメージが先行している。実際、医師によって正しく用いられない場合、呼吸不全などの重篤な症状を来たし、死に至る場合があり、多くの筋弛緩薬が毒物として取り扱われている。

天然の筋弛緩をもたらす薬物として、フグ毒であるテトロドトキシンや、ボツリヌス菌の毒素ボツリヌストキシンが知られており、これらの中毒を放置すると呼吸不全によって死亡することがある。d-ツボクラリンは「クラーレ」とも呼ばれる非脱分極性筋弛緩薬であるが、狩猟に使う毒矢に塗る成分として使われた。

主な筋弛緩薬[編集]

スキサメトニウム。画像は2%注射液
スクシニルコリン[1]あるいはスキサメトニウム
即効性かつ数分で回復する脱分極性筋弛緩薬であり、精神科電気痙攣療法の際の筋弛緩などにも適応となる。
臭化ベクロニウム臭化パンクロニウム
神経筋接合部 (NMJ) におけるアセチルコリン受容体を遮断する、非脱分極性筋弛緩薬。
A型ボツリヌス毒素
神経筋接合部において、神経末端からのアセチルコリン放出を遮断する。眼瞼痙攣ジストニアなどに適応がある。
ダントロレンナトリウム
横行小管から筋小胞体への興奮の伝達過程を遮断し、筋小胞体からのカルシウムイオンの放出を抑制する。悪性高熱症悪性症候群の治療に使われる。
バクロフェン
中枢性筋弛緩薬。GABAに作用する。GABA B 受容体に選択性が高い。
芍薬甘草湯
漢方薬

鎮痙薬[編集]

臨床使用[編集]

チザニジンのような筋弛緩薬は、緊張性頭痛の治療に処方されている。[2]

ジアゼパムカリソプロドールは、高齢者、妊娠中の女性、うつ病に苦しむ人々、薬物やアルコール中毒歴がある人には推奨されない。[3]

作用[編集]

中枢神経の抑制を増強するために、多くの鎮痙薬は鎮静・眠気の副作用がある。それは長期使用で依存を起こす。これらのいくつかの薬物は乱用リスクがあるため、それらの処方は厳密に規制されている。[4][5][6]

ジアゼパムなどのベンゾジアゼピンは、中枢神経のGABA受容体に作用する。それはどのような筋肉痙攣症状の患者にも使用でき、緊張を軽減する量で殆どの人に鎮静効果がある。[7]

適応[編集]

  • 全身麻酔導入時や手術時の筋弛緩
    • 気管内挿管時の使用
    • 筋緊張が術野確保の障害となる場合の筋弛緩
    • 手術侵襲による反射的筋収縮の抑制
  • 骨折の非観血的整復の際の筋弛緩
  • ジストニアなどの不随意運動の抑制
  • 痙攣の抑制
  • 頸肩腕症候群、腰痛症
  • 痙性麻痺

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ : succinyl choline chloride、SCC
  2. ^ Tension Headache”. 2010年7月9日閲覧。
  3. ^ Muscle Relaxants”. 2010年7月9日閲覧。
  4. ^ Rang, H.P. & Dale, M. M "Drugs Used in Treating Motor Disorders" in, "Pharmacology 2nd Edition" Published by Churchill Livingston London, 1991, p.684-705.
  5. ^ Standaert, D.G. & Young, A. B "Treatment Of Central Nervous System Degerative Disorders" in, "Goodman & Gilman's The Pharmacological Basis of Therapeutics 10th Edition" by Hardman, J.G. & Limbird, L.E. Published by McGraw Hill, 2001, p.550-568.
  6. ^ Charney, D.S., Mihic, J. & Harris, R.A. "Hypnotics and Sedatives" in, "Goodman & Gilman's The Pharmacological Basis of Therapeutics 10th Edition" by Hardman, J.G. & Limbird, L.E. Published by McGraw Hill, 2001, p.399-427.
  7. ^ Miller, R.D. "Skeletal Muscle Relaxants," in, "Basic & Clinical Pharmacology: Seventh Edition," by Bertram G. Katzung. Published by Appleton & Lange, 1998, p.434-449. ISBN 0-8385-0565-1