ニトラゼパム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニトラゼパム
ニトラゼパムの構造式
臨床データ
胎児危険度分類 D(AU) D(US)
法的規制 Schedule IV (International)
識別
ATCコード N05CD02
KEGG D00531
化学的データ
化学式 C15H11N3O3 
ニトラゼパム製剤であるベンザリン®錠5mg

ニトラゼパム(Nitrazepam, 商品名 Alodorm®, Mogadon®, Nitredon®, Nilandron® など)は、ベンゾジアゼピン系中間型の睡眠導入剤(睡眠薬)である。習慣性医薬品指定。日本では1967年に塩野義製薬が商品名ベンザリン (Benzarin) として開発・発売した。

効能・効果[編集]

次のような効能・効果がある。

  • 不眠症
  • 麻酔前投薬
  • 異型小発作群(点頭てんかん、ミオクロヌス発作、失立発作等)
  • 焦点性発作(焦点性痙攣発作、精神運動発作、自律神経発作等)

特徴[編集]

睡眠剤としては中期~長期作用型に分類される。このため、翌日に眠気、だるさなどが残ることがある。睡眠作用だけでなく、抗不安、抗けいれんなどにも処方される。一般に長期作用型はマイスリーハルシオンなどの短期作用型に比較し、依存性やリバウンドは少ない利点がある。

剤形[編集]

  • - 2mg / 5mg / 10mg
  • 細粒 - 1%

用法・容量[編集]

  • 不眠症に用いる場合
    • 通常、成人には1回5~10mgを就寝前に経口投与する。
  • 麻酔前投薬の場合
    • 通常、成人には1回5~10mgを就寝前又は手術前に経口投与する。
  • 抗てんかん剤として用いる場合
    • 通常、成人・小児とも1日5~15mgを適宜分割投与する。

なお、それぞれの場合において、年齢・症状により使用量を適宜増減する。

副作用[編集]

ふらふら感、倦怠感、眠気、残眠感、頭痛、頭重感、嘔気、嘔吐、口渇などが報告されているが、いずれも一過性かつ、軽度のものである。