2-メチル-2-ブタノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2-メチル-2-ブタノール
2-Methyl-2-butanol[1]
識別情報
CAS登録番号 75-85-4 チェック
PubChem 6405
ChemSpider 6165 チェック
UNII 69C393R11Z チェック
KEGG D02931
ChEMBL CHEMBL44658 チェック
特性
化学式 C5H12O
モル質量 88.15 g mol−1
精密質量 88.088815
密度 0.815 g/cm3, 液体
融点

-12 °C, 261 K, 10 °F

沸点

102 °C, 375 K, 216 °F

への溶解度 120 g/L
危険性
MSDS External MSDS
主な危険性 強い可燃性
長期被ばくによる肝臓障害の可能性
NFPA 704
NFPA 704.svg
3
1
0
引火点 19 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

2-メチル-2-ブタノール(2-Methyl-2-butanol)はペンチルアルコール(アミルアルコール)の構造異性体の一つ。tert-アミルアルコール(tert-amyl alcohol)、アミレン水和物(amylene hydrate)の呼称もある。無色透明の液体で、ペパーミントもしくはショウノウの強い芳香を持つ[2][3]

医学的性質[編集]

ヒトでは、経口または吸入による摂取によりエタノールと同様な抗不安薬睡眠導入剤抗てんかん薬としての効果があり、以前は医療現場で用いられていた[4]。これらの効果は2,000-5,000 mgの服用で発現し、一般的なエタノールの約20倍の効力がある[5][6]。睡眠薬としての効力は抱水クロラールパラアルデヒドの中間である [7]

構造[編集]

2-メチル-2-ブタノールはエトクロルビノールメパルフィノールと似た構造を持つ。これらは穀物の発酵の副産物であり[8]ホップにも存在する。

代謝[編集]

ヒトでは、グルクロン酸抱合を経て代謝され、2,3-ジヒドロキシ-2-メチルブタンへと酸化される[9]

危険性[編集]

過剰摂取により急性アルコール中毒と似た症状が現れる。

脚註[編集]

  1. ^ IUPAC名
  2. ^ Coblentz, Virgil. The Newer Remedies: A reference manual for physicians, pharmacists, and students. 1899. [1]
  3. ^ H.C. Wood & R.M. Smith. Therapeutic Gazette - A monthly journal of physiological and clinical therapeutics. Vol 3, 1887. [2]
  4. ^ Robert A. Lewis. Lewis' Dictionary of Toxicology, 1998
  5. ^ Hans Brandenberger & Robert A. A. Maes. Analytical Toxicology for Clinical, Forensic and Pharmaceutical Chemists, 1997 [3]
  6. ^ D.W. Yandell et al., "Amylene hydrate, a new hypnotic." The American Practitioner and News, Vol. 5, 1888. [4]
  7. ^ F.A. Castle & C. Rice. The American Druggist - An illustrated monthly journal. Vol. XVII, 19 Jul 1889. [5]
  8. ^ George Milbry Gould & R J E Scott. "The Practitioner's Medical Dictionary", 1910
  9. ^ Collins, A., Sumner, S., Borghoff, S., and Medinsky, M. (1999). A physiological model for tert-amyl methyl ether and tert-amyl alcohol: Hypothesis testing of model structures. Toxicol. Sci. 49, 15–28.[6]

関連項目[編集]