プロメタジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロメタジン
プロメタジンの構造式
識別情報
CAS登録番号 60-87-7
KEGG D00494
特性
化学式 C17H20N2S•HCl
モル質量 320.88
外観 白色または帯黄色粉末
融点

223 (分解)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

プロメタジン: promethazine)は、抗ヒスタミン剤、抗パーキンソン剤として用いられる有機化合物の一種。分子式は C17H20N2S•HCl で、白色または淡黄白色の粉末。エタノール酢酸に溶けやすい。フランスの製薬会社ローヌ・プーラン社(Rhône-Poulenc、現サノフィ・アベンティス)により開発された(整理番号は3277RP)。

H1受容体を遮断し、鎮静作用、嘔吐抑制作用、抗ムスカリン作用を有する。乗り物酔いによる悪心や嘔吐を抑制する作用を有し、この効果は抗ムスカリン作用に由来する。一般にH1受容体拮抗薬は抗ヒスタミン薬と呼ばれる。

適用・効能[編集]

禁忌[編集]

用量・用法[編集]

  • 1回 5~25mg を 1~3 回に分けて経口投与する。なお、年齢や症状により適宜増減する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4-87402-101-8