制酸薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

制酸薬(せいさんやく、Antacid)とは胃腸薬の一種で、胃酸を中和する医薬品である。制酸剤とも呼ばれる。胃内のpHを上昇させ胃粘膜を保護し、胸焼け: heartburn & acid indigestion)などの症状を軽減させる。

代表的な制酸薬[編集]

など

副作用[編集]

大きな副作用の頻度は少ない。胃粘膜保護作用があるために他の薬剤の吸収を妨げることがある。牛乳カルシウムを含むサプリメントと併用するとミルクアルカリ症候群を起こし頭痛や吐き気、食欲不振を起こすことがある。炭酸飲料で飲むと中和作用が炭酸に対して使われてしまい、胃酸に対する効果が損なわれることがある。腸溶性の薬品は胃の酸性の状況下では吸収されないよう作られているが制酸薬と合わせて飲んだ場合は胃内がアルカリ性の傾向となるため、腸溶性薬品が腸まで到達しないことがある。アルミニウムが含まれる製剤は、腎機能が悪いと体内にアルミニウムが蓄積しアルミニウム脳症などを起こす危険性がある。