鎮咳去痰薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cocillana (Ethylmorphine)

鎮咳去痰薬(ちんがいきょたんやく)は、を鎮め、から喀出しやすくする目的で処方される医薬品。単独で服用するものと、総合感冒薬などに配合される場合とがある。内服薬の他、トローチドロップの剤型で販売されるものもある。

主要成分[編集]

中枢性鎮咳薬[編集]

アドレナリン作動薬[編集]

キサンチン誘導体[編集]

去痰薬[編集]

消炎酵素薬[編集]

気道粘液溶解薬[編集]

抗ヒスタミン薬[編集]

中枢興奮薬[編集]

殺菌消毒薬[編集]

制酸薬[編集]

生薬[編集]

注意点[編集]

  • 全ての医薬品に言えることだが、添付文書をよく読み、用法・用量を守ること。
  • 中枢性鎮咳薬は便秘副作用を持つものがあるため、疾患を持つ者の服用は慎重を要する。リン酸ジヒドロコデインは気管の分泌抑制作用があり、気管粘膜が乾燥し分泌物の粘度が増して痰の喀出が困難となるため、気管支喘息には不向きである。
  • アドレナリン作動薬では、動悸頭痛血圧上昇が生じる場合がある。
  • キサンチン誘導体では消化器症状や、長期間の服用で中枢興奮作用が現れる。甲状腺ホルモン剤、フェニトインリファンピシンとの併用や喫煙によりキサンチン誘導体の効果の減弱、シメチジンエリスロマイシンとの併用でキサンチン誘導体の作用増強による中毒症状が生じることがある。
  • 抗ヒスタミン薬では眠気や注意力の低下を生じるため、自動車の運転などを避ける。また、鼻炎薬や乗り物酔いの薬にも抗ヒスタミン薬が配合されていることがあるため、過剰摂取に注意する。また、三環系抗うつ薬をはじめとする抗コリン薬との併用により、抗コリン薬の効果を増強する。
  • 一般に、風邪による、痰を伴わない咳には中枢性鎮咳薬が、アレルギー性の咳には抗ヒスタミン薬配合のものが適する。
  • 痰を伴う咳は、鎮咳薬で止めてしまうと痰の喀出を妨げてしまうおそれがあるため、可能な限り去痰薬と併用する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]