クロルヘキシジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロルヘキシジン
Chlorhexidine.png
IUPAC命名法による物質名
1-[amino-[6-[amino-[amino-(4-chlorophenyl)amino-
methylidene]amino-methylidene]aminohexylimino]
methyl]imino-N-(4-chlorophenyl)-methanediamine
臨床データ
法的規制
?
薬物動態的データ
血漿タンパク結合 87%
識別
CAS番号 55-56-1
ATCコード

A01AB03 B05CA02 , D08AC02 , D09AA12 , R02AA05 , S01AX09 , S02AA09

, S03AA04
PubChem CID 5353524
DrugBank APRD00545
KEGG D07668
化学的データ
化学式 C22H30Cl2N10 
分子量 505.446 g/mol

クロルヘキシジンChlorhexidine)は医薬用殺菌薬で、グルコン酸、あるいは塩酸塩、酢酸塩として用いられる。CAS登録番号は55-56-1(グルコン酸塩は18472-51-0、塩酸塩は3697-42-5、酢酸塩は56-95-1)。

主な適用[編集]

薬用洗口液などに添加され、歯肉炎などの歯周病を軽減・予防する効果があるとされる。ただし、エタノールを添加した製剤が多いため、洗口剤には適さないものもある。

医療用医薬品としては、グルコン酸のものが繁用されている。比較的細菌類の不活性時間が長く、主に手術野の皮膚の消毒や手術前の手指消毒に使用されることが多い。 通常、人体粘膜への使用は可能とされているが、過去にアナフィラキシーショックを起こした事例があるため、日本では口腔以外の粘膜への使用は禁忌扱いとなっている。しかし、アメリカでは粘膜に使用される第一選択薬となっている。代表的な製剤としてはヒビテンHibitane)が挙げられる。

その他の注意[編集]

発泡剤との混合はグルコン酸クロルヘキシジンChlorhexidine Gluconate)の効果を減弱させる。

関連項目[編集]