フェニトイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェニトイン
フェニトインの構造式
IUPAC命名法による物質名
5,5-diphenylimidazolidine-2,4-dione
臨床データ
胎児危険度分類 D
法的規制 Prescription only
識別
CAS登録番号 57-41-0
ATCコード N03AB02 , N03AB04

, N03AB05

KEGG D00512
化学的データ
化学式 C15H12N2O2 

フェニトイン (phenytoin, PHT) は、ヒダントイン系の抗てんかん薬の一種。1908年にドイツ人化学者のHeinrich Biltzにより初合成された。CAS登録番号は [57-41-0]。IUPAC名は5,5-diphenylimidazolidine-2,4-dione。 日本国内では、アレビアチンヒダントールという商品名で発売されている。米国ではダイランチン®等。

適用[編集]

  • 神経に作用し、てんかん発作を抑制する。
  • てんかん発作に効果はあるが、効果があるのは強直間代発作や部分発作のみであり、欠神発作、脱力発作、West症候群に対してはまったく効果がない。

副作用[編集]

副作用として歯肉増殖、多毛症、注意力・集中力・反射運動能力の低下、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、SLE様症状、無顆粒球症・血小板減少・巨赤芽球性貧血などの血液障害、催奇形性(胎児フェニトイン症候群:口蓋裂、口唇裂、心奇形)などがある。 また、長期間または大量服用などによって、小脳の機能障害・小脳萎縮を起こすこともあり、自立歩行が困難または不能になる場合もあるため、服用中はMRIなどによる画像診断を受け注意を払う必要がある。

血中濃度[編集]

  • 血中濃度のコントロールが非常に難しくちょっとした生活習慣の変化でも血中濃度が上下するため慎重な投与が必要となる。またセントジョーンズワートを使用した健康食品を一緒に投与すると効果が落ちる恐れがあるため、セントジョーンズワートを使用した健康食品を服用している人は医師や薬剤師と相談の上で決めること。
  • 血中濃度が20μg/mlを超えると急激に血中濃度が上昇し異常をきたす恐れがあるので注意すること。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]