心膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
心膜
Gray489.png
Gray968.png
英語 Pericardium
器官 循環器

心膜(しんまく、: pericardium)は、心臓を包む強靭な結合組織性の嚢で、漿膜性心膜と線維性心膜より構成される。心臓は心膜により他の臓器と隔てられている。漿膜性心膜の壁側板と臓側板の間には心膜液を含む心膜腔があり、心臓の過拡張を防いでいる。また、心膜液は心臓の活動を円滑にする潤滑油の働きをしている。心膜に炎症が生じると心膜液の増量や心膜の肥厚が生じ、超音波検査では心膜液は無エコー領域として描写される。心膜腔内に急速に液体が貯留すると、心機能の低下を招く(心タンポナーデ)。心内膜と区別して心外膜ということもある。

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 日本獣医解剖学会編集 『獣医組織学 改訂第二版』 学窓社 2003年 ISBN 4873621135
  • Horst Erich Konig、Hans Georg Liebich著 カラーアトラス獣医解剖学編集委員会監訳 『カラーアトラス獣医解剖学(下巻)』 2008年 チクサン出版社 ISBN 9784885006562

外部リンク[編集]