期外収縮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

期外収縮(きがいしゅうしゅく)とは、異常な刺激によって心臓が本来の周期を外れて早く収縮する不整脈のこと。

症状[編集]

自覚症状がない場合が多い。症状が出る場合は胸部不快感(喉元にグリンと浮き上がってくるような感覚のこともある)、極めて短い胸痛、動悸、程度がひどい場合や連発した場合はさらにめまい、失神を起こす。

原因[編集]

期外収縮の原因はさまざまで、寝不足やその他のストレスアルコールカフェインの過剰摂取、疲労、加齢によるものが多い(異常自動能)。心臓に異常な基質(細胞、回路)がある場合にも起こる(リエントリー・再帰性)。

また、心疾患から合併して起こることもある。その場合は期外収縮から胸痛、心臓の一時的な停止による軽い失神(ブラックアウト)にいたるので軽視はできない。

タバコの煙やが誘引となることもある。

種類[編集]

異常刺激の発生箇所(焦点)に応じて心房性期外収縮・接合部期外収縮・心室性期外収縮に分けられる。連発すると頻拍として扱われる。

また、焦点や基質が複数存在する場合は多源性期外収縮、正常な収縮と異常な収縮との間隔がほとんど変化しない場合は間入性期外収縮、期外収縮によって正常な収縮が相殺されて大幅に変化する場合は代償性期外収縮という。以上のことから、不整脈としては頻脈でも徐脈でもないものとして扱われる。

その他、心疾患、心臓の機能や血管の機能に問題がなければ良性期外収縮、あれば悪性期外収縮という分け方もある。

検査[編集]

治療[編集]

良性期外収縮で生活に重大な支障をきたしていなければ治療しない。きたしている場合は抗不安薬や抗不整脈薬の処方(少量)、運動負荷で増悪が見られる場合は運動制限をする。

予後[編集]

良性期外収縮では生命に影響しない。悪性の場合は心房頻拍心房粗動心房細動、また心室頻拍心室細動に移行する可能性が高くなる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]