心筋炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
心筋炎
分類及び外部参照情報
Viral myocarditis (1).JPG
ウイルス性心筋炎の組織像
ICD-10 I09.0, I51.4
ICD-9 391.2, 422, 429.0
DiseasesDB 8716
MedlinePlus 000149
eMedicine med/1569 emerg/326
Patient UK 心筋炎
MeSH D009205
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

心筋炎(しんきんえん、: myocarditis)は、感染症中毒あるいは原因不明の心筋の炎症性変化。無症状のものから発熱頻脈呼吸困難などの臨床症状を示すものまである。特に急性心筋炎(acute myocarditis)は、特異的所見に乏しい上に急性の転帰をたどることから、臨床上重要である。大動脈解離クモ膜下出血急性喉頭蓋炎などとともに診断に苦慮する疾患のひとつとされている。

原因[編集]

ヒト
小児の急性心筋炎の原因としてはコクサッキーウイルスが最も多く、エコーウイルスアデノウイルスインフルエンザウイルスによるものもみられる。
心筋炎の原因となるもののうち、感染性のものとしては、ウイルスとしてコクサッキーBウイルス(最多)、脳心筋炎ウイルス、犬パルボウイルス、口蹄疫ウイルス、犬ジステンパーウイルス、ヘルペスウイルス、オーエスキー病ウイルス、豚生殖器呼吸器症候群ウイルス、悪性カタル熱ウイルス、ブルータングウイルスなど、細菌としてListeria monocytogenesActinobacillus equuliHaemophilis somnusなど、原虫としてトキソプラズマトリパノソーマなどがある。

また、感染性のもの以外にも、化学物質や放射線、膠原病などのほか、特発例も報告されている。

症状と所見[編集]

急性心筋炎は、無症状の場合もあるが、多くは感冒様症状 (かぜ症候群) や消化器症状などの前駆症状を伴う。前駆症状の1~2週間後に、胸痛、心不全症状、ショック不整脈などの症状を呈する。

上述のとおり、心筋炎は特徴的な所見に乏しい疾患であるが、かろうじて特徴を見いだせるのが心電図である。心筋炎の急性期には、ほとんどの症例で完全房室ブロック(II, III度)、陰性T波、ST変化、心室性期外収縮(PVC)などの異常が見られる。また、これらに比べると稀ではあるが、心室頻拍(VT)、異常Q波、心房細動(AF)などが見られることもある。

非特異的ST変化はほぼ全例に認められる。R波減衰、異常Q波は、ほぼ半数に認められる。

また、心筋細胞の障害をきたすことから、一般生化学検査においては心筋逸脱酵素(CPK, AST, LDH)が上昇する。トロポニンTは迅速診断キットがあり、早期から異常を呈し、心筋特異的物質であることから、診断に特に有用である。BNP,NT-proBNPは心機能の把握に有用である。

心エコーでは、軽度の内腔拡大と心膜液貯留のほか、左室の壁運動低下と駆出率の著明な低下、壁肥厚などが認められる。

治療[編集]

現在はそれぞれのウイルスに対しては抗ウイルス薬を投与する他には、対症療法(PCPSや利尿剤など)とステロイド・γグロブリン投与しか選択肢がない状況である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104
  • 日本獣医病理学会編集 『動物病理学各論』 文永堂出版 2001年 ISBN 483003162X
  • 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006