大血管転位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大血管転位
分類及び外部参照情報
本症患者の胸部X線写真。卵形の心陰影像が認められる。
ICD-10 Q20.3
ICD-9 745.1
OMIM 608808
DiseasesDB 13259
eMedicine ped/2548
MeSH D014188
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

大血管転位(だいけっかんてんい、英語: Transposition of the great arteries, TGA)とは先天性心疾患の一つ。

病態・疫学[編集]

心房と心室の間の関係は正常に保たれているが、肺動脈が左心室に、大動脈が右心室につながってしまう疾患である[1]1797年スコットランドの病理医マシュー・ベイリーによって初めて報告された[2]

以下の二つの大別される。

参考文献[編集]

  1. ^ 小林 俊樹「【先天性心疾患の病態と診断・治療】 チアノーゼ性心疾患」、『医学と薬学』第66巻第5号、2011年11月、 ISSN 0389-3898
  2. ^ The Morbid Anatomy of Some of the Most Important Parts of the Human Body (1793)

関連項目[編集]