動静脈瘻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
動静脈瘻
分類及び外部参照情報
ICD-10 I28.0, I77.0
ICD-9 414.19, 417.0, 447.0, 747.3
DiseasesDB 32435
eMedicine med/169
MeSH D001164
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示
A radiocephalic fistula.

動静脈瘻(どうじょうみゃくろう、:Arteriovenous fistula)とは、動脈から静脈へ直接血流が流れ込む病態のこと。

病理[編集]

本来、動脈血は毛細血管網を通ったのちに、静脈へ流入する。静脈は元来その構造上、動脈圧に耐えられない。動脈血が直接静脈に流入すると、静脈は拡張し、場合によっては静脈瘤を形成する。また本来血流が流れ込むはずの毛細血管網への血流が乏しくなる。

原因[編集]

  1. 先天性
  2. 後天性
    外傷性
    医原性
    人工的(意図的なもの。シャントバイパスなど)

検査[編集]

  • X線造影
    血管はそのままではX線写真に写らないため、造影剤を注入して、血管の形を撮影する。
  • CT
  • 超音波断層撮影
    ドップラーエコーなども有用。

治療[編集]

  1. 内科的治療
    血管塞栓術 (embolization)
  2. 外科的治療
    血管結紮術 (ligation)
    摘出術

関連[編集]

外部リンク[編集]

帝京大学医学部の説明 http://www.teikyo-u.ac.jp/hospital/medical/surgery/blood/faq/17/index.html