解毒剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

解毒剤(げどくざい、Antidote)は、中毒を緩和することのできる物質のことである。この言葉は、ギリシア語の「antididonai」(与えられた対抗)に由来する[1]

ある種のの場合、動物に少量の毒を注射して、でき上がった抗体を血中から抽出することによって解毒剤(血清)を作る場合がある。この方法により、毒蛇、毒蜘蛛、その他の有毒生物の毒に対する解毒剤が作られている。多くの生物毒には有効な解毒剤が存在せず、このような毒で咬まれたり刺されたりすると死に至ることがある。例えば蜘蛛、サソリなど節足動物によるある種の毒は、アレルギー反応が起こったり、アナフィラキシーショックが起こった場合、エピネフリンの使用とかアレルギー反応やアナフィラキシー・ショックに対処できる解毒剤がないとその毒は致死性になる可能性を秘めている。

その他の毒については解毒剤はほとんど知られていない。例えばアコニチン中毒の場合、さまざまな種類のトリカブトによりさまざまな種類の極めて有毒なアルカロイドについて、ほとんど有効な解毒剤がなく、仮にヒトが致死量を摂取した場合、結果として死を招くこととなる。

メカニズムからの対応[編集]

毒を経口摂取した場合、毒を吸着し、消化器官から流し出し、それゆえ大半の毒を取り除くことのできる活性炭経口投与することがしばしば対処法として用いられる。

胃洗浄は解毒剤ではないが、有効な解毒法である。胃洗浄とは、人体に有害な物質を誤食・誤飲したとき、生理的食塩水などの洗浄液と胃チューブ(患者が意識を失っている時は誤嚥肺炎を起こす可能性があるため、気管内チューブを挿管し、カフを膨らませてから胃洗浄を行う)、活性炭などの吸着剤や解毒剤、チューブの挿管を容易にする潤滑剤を用いて、に残る未吸収物質を除去する目的で行われる。また、内視鏡検査手術の前にも行われることがある。 胃洗浄の有効性を左右する要素は、大きく分けて

  1. 摂取してから胃洗浄を行うまでの時間
  2. 摂取した量
  3. 摂取した物質の吸収速度などの臨床条件

の3つである。

特に重要なのが「摂取してから胃洗浄を行うまでの時間」であって、一般に1時間以内が目安である。

有害生物に咬まれたり刺されたりして体内に毒を注入された場合、結束バンドを使用して毒を局所に留め、毒が血液リンパ液を経て全身に回るのを遅らせる方法が往々にして取られるが、しばしば手足を失うことがある。

主要な解毒剤の一覧[編集]

解毒剤 適用
活性炭ソルビトールとともに) 多くの経口毒物に使用
アトロピン 有機リン酸エステル及びカルバメート殺虫剤、いくつかのきのこ
交感神経β受容体遮断薬 テオフィリン
塩化カルシウム カルシウム拮抗剤クロゴケグモの咬まれ
グルコン酸カルシウム フッ化水素酸
EDTAジメルカプロール (BAL)、D-ペニシラミン及び2,3-ジメルカプトコハク酸(dimercaptosuccinic acid (DMSA))のようなキレート 重金属中毒
シアン化合物解毒剤(亜硝酸アミル亜硝酸ナトリウムまたはチオ硫酸ナトリウム) シアン化合物中毒
シプロヘプタジン セロトニン症候群
デフェロキサミン メシレート(mesylate 中毒
ジゴキシン 免疫ファブ(Digoxin Immune Fab)抗体 (ディグバインド(Digbind)及びデジファブ(Digifab)) ジゴキシン中毒
ジフェンヒドラミン塩酸塩及びベンズトロピンメシレート(benztropine mesylate 抗精神病薬と関連したエキストラピラミダール(Extrapyramidal)反応
エタノールまたはフォメピゾール(fomepizole エチレングリコール中毒及びメタノール中毒
フルマゼニル(Flumazenil ベンゾジアゼピン中毒
グルカゴン 交感神経β受容体遮断薬中毒及びカルシウム拮抗剤中毒
100% 酸素またはハイパーバリック酸素療法(hyperbaric oxygen therapy (HBOT)) 一酸化炭素中毒及びシアン化合物中毒
インスリン 交感神経β受容体遮断薬中毒及びカルシウム拮抗剤中毒
フォリン酸 メトトレキサート及びトリメトプリム
メチレンブルー メトヘモグロビン血症を原因とする症状の治療
ナロキソン 麻薬による呼吸抑制作用
N-アセチルシステイン(N-acetylcysteine パラセタモール(Paracetamol) (アセトアミノフェン)中毒
オクトレオタイド(Octreotide 経口低血糖hypoglycemic)剤
プラリドキシムヨウ化メチル (2-PAM) 有機リン化合物殺虫剤
プロタミン硫酸塩(Protamine sulfate ヘパリン中毒
紺青 タリウム中毒
硫酸フィゾスチグミンPhysostigmine 抗コリン作用anticholinergic中毒
ピリドキシンPyridoxine イソニアジドIsoniazid)中毒、エチレングリコール
フィトメナジオン(ビタミンK)及び新鮮凍結血漿 ワルファリン中毒及びインダンジオン
重炭酸ナトリウム ASA, TCAs with a wide QRS

脚注[編集]

  1. ^ antidote - ドーランド医学辞典

関連項目[編集]