抗コリン薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

抗コリン薬(こうこりんやく、: anticholinergic agent)は、アセチルコリンがアセチルコリン受容体に結合するのを阻害する薬物のことである。抗コリン作動薬とも呼ばれる。これにより副交感神経が抑制される。副交感神経遮断薬とも言われるが、コリン作動性線維は副交感神経節後線維だけではない。代表的なものに、アトロピンスコポラミンがある。これと逆の作用を示すのはコリン作動薬である。

従来、抗精神病薬による副作用に対して用いられることが多かったが、議論の進展と非定型抗精神病薬が登場した現代では、抗精神病薬の是正によって、抗コリン剤の使用を避けるか必要最小限とすることが推奨されている[1]

抗コリン中毒[編集]

抗コリン剤の過量服薬や、抗コリン作用のある三環系抗うつ薬との併用によって生じる中毒状態であり、せん妄、こん睡、けいれん、幻覚、低血圧、高熱などの症状が生じる救急状態である[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 山田武史 「12 抗コリン性抗パーキンソン薬について教えて下さい。抗コリン性パーキンソン病を併用することによるデメリットはどのようなものがあるでしょうか?本当に認知機能に影響するのでしょうか?」『統合失調症の薬物療法100のQ&A』 藤井康男(編集)、稲垣中(編集協力)、星和書店、2008年5月、35-37頁。ISBN 978-4791106677

関連項目[編集]