アモキシシリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アモキシシリン
Amoxicillin-2D-skeletal.png
Amoxicillin-3D-balls.png
IUPAC命名法による物質名
7-[2-アミノ-2-(4-ヒドロキシフェニル)-アセチル]アミノ-3,3-ジメチル-6-オキソ-2-チア-5-アゾビシクロ[3,2,0]ヘプタン-4-カルボキシル酸
臨床データ
胎児危険度分類
法的規制
投与方法 経口、経静脈
薬物動態的データ
生物学的利用能 95%(経口)
代謝 肝臓で転換: 30%未満
半減期 61.3分
排泄 腎臓
識別
CAS番号 26787-78-0
ATCコード J01CA04
PubChem CID 33613
DrugBank APRD00248
KEGG D07452
化学的データ
化学式 C16H19N3O5S 
分子量 365.4 g/mol

アモキシシリン (Amoxicillin) は細菌感染症の治療に用いられる、近年開発されたβ-ラクタム系抗生物質の一つである。ペニシリン系抗生物質に属する。分子式はC16H19N3O5S。構造はほとんどアンピシリンと同じだが、腸からの吸収性が良いことから、経口摂取薬として用いられる。アモキシシリンはβ-ラクタマーゼ産生微生物による分解を受けやすく、分解を避けるためにクラブラン酸と一緒に供されることがある。1972年にビーチャム社によって開発された。日本では協和発酵キリンがパセトシン、アステラス製薬がサワシリンの名前で販売するほか、様々な後発医薬品が存在する。

作用機構[編集]

アモキシシリンは、微生物の細胞壁の合成を阻害することによって効果を発揮する。これは、グラム陽性菌の細胞壁の主成分であるペプチドグリカン鎖間の架橋を阻害する。詳細はβ-ラクタム系抗生物質を参照。

微生物学[編集]

アモキシシリンは、グラム陽性菌とグラム陰性菌の一部に効く、中程度のスペクトラム(作用範囲)を持つ抗生物質である。例えば次のような菌に効果を持つ。

グラム陽性菌[編集]

連鎖球菌ペニシリン感受性の肺炎球菌腸球菌(Enterococcus faecalisのみ)。

グラム陰性菌[編集]

β-ラクタマーゼ非生産性の以下の菌。インフルエンザ桿菌淋菌髄膜炎球菌大腸菌プロテウス菌サルモネラ菌

耐性菌[編集]

ペニシリナーゼ生産菌、特にペニシリナーゼ産生黄色ブドウ球菌淋菌、アンピシリン抵抗性のインフルエンザ桿菌 (BLNAR)。

緑膿菌肺炎桿菌エンテロバクター属の全ての種。インドール陽性のプロテウス菌セラチア菌シトロバクター属。

大腸菌をはじめとして、以前は本剤が有効であった菌がβ-ラクタマーゼを獲得し、無効となる例が近年増えてきた。一方、インフルエンザ桿菌における抵抗性はそれとは異なったメカニズムである。


形態[編集]

三水和のアモキシシリンは、経口用にはカプセル、錠剤、散剤の形で手に入る。

アモキシシリンとクラブラン酸[編集]

三水和またはナトリウム塩の形のアモキシシリンは、β-ラクタマーゼ阻害剤であるクラブラン酸カリウムと組み合わせて使われる。この合剤はグラクソ・スミスクライン社よりオーグメンチン®、クラバモックス®として販売されている。オーグメンチンは、グラム陽性球菌と嫌気性菌に強い殺菌作用を有する。

単剤と配合剤の問題点[編集]

アモキシシリン水和物の単剤(サワシリン®細粒10%)と、アモキシシリン水和物とクラブロン酸カリウムの合剤(クラバモックス®小児用配合ドライシロップ)の使用方法の違いがしばしば問題となる。これは、添付文書上の1日量が、前者が20-40mg(力価)/ kg(適宜増減可、ただし90mg(力価)/kgを超えないこと)であるのに対し、後者が90 mg(力価)/ kgであること、また、前者は1日量を3-4回に分けて投与であるのに対し、後者が2回に分けて投与(12時間ごと食前)であることに起因する。処方医側の処方意図と薬剤師側の疑義照会義務・レセプト業務とのせめぎあいが起きる。クラバモックスの薬価収載が2010年5月と比較的新しい薬であることから、切替時や、その処方箋受付経験の無い薬局に届いた場合、特に問題となる。

副作用[編集]

副作用はβ-ラクタム系抗生物質の副作用に準じる。吐き気や疲れ易さなどである。