セロトニン症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セロトニン症候群(セロトニンしょうこうぐん)は内のセロトニン濃度が高すぎる事によって引き起こされる症状である。セロトニン症候群の症状は軽いものから、頭痛めまい嘔吐昏睡、そして死亡である。

症状[編集]

症状は3つの主要な神経系に影響を与える。

体温の上昇、異常発汗、緊張高血圧、心拍数の増加、吐き気下痢

ミオクローヌス、筋強剛、振戦反射亢進、緊張と緩和の繰り返し(例: あご。歯をがちがちさせる)

  • 精神症状

混乱、興奮、錯乱、頭痛、昏睡

セロトニン症候群は通常、セロトニン作動系の薬品との相互作用によって発生する。
例として、

などによって発生する。高齢者は特に注意を要する。

診断[編集]

診断は血液検査や画像診断によらず、身体所見と問診が主となる。Hunterのクライテリアが感度特異度に優れておりしばしば用いられる。[2]

また、悪性症候群(NMS)との識別が重要である。
まず、セロトニン症候群はNMS発現の約9日に比べ、24時間以内と比較的速やかに発現する。

身体所見による判断時の特徴は、ミオクローヌスの有無である。
セロトニン症候群ではミオクローヌスが高頻度で起こるが、NMSでは起こりにくい。

治療[編集]

引用・参照[編集]

  1. ^ セロトニン症候群 平成22年3月 厚生労働省
  2. ^ Dunkley EJ, Isbister GK, Sibbritt D, Dawson AH, Whyte IM. The Hunter Serotonin Toxicity Criteria: simple and accurate diagnostic decision rules for serotonin toxicity. QJM 2003;96:635-642.