トリクロサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリクロサン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 3380-34-5
PubChem 5564
特性
化学式 C12H7Cl3O2
モル質量 289.541
融点

55-57°C

沸点

120 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

トリクロサン (triclosan) は、薬用石鹸など医薬部外品化粧品に使用される殺菌剤で、IUPAC名は5-chloro-2-[2,4-dichlorophenoxyl]phenolである。

広く一般細菌に対する殺菌剤として使用され、特にブドウ球菌などグラム陽性菌に対して静菌力が強く、真菌類にたいしてはやや弱い。 石鹸、シャンプー、歯磨き等、医薬部外品で殺菌作用をうたっている物に使用されることが多い。

トリクロサン自身は常温でダイオキシンに化学変化することは無いと考えられているが、ダイオキシンの発生が懸念されるような低温焼却炉ではトリクロサンがダイオキシン類に転化する可能性が示唆されている。