鉗子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
使い捨て用プラスチック製鉗子
アドソン鉗子

鉗子(かんし、: Forceps)は、物をつかんだり牽引したりするのに使用する器具。 主に手術器具として使う。(以下手術器具を説明する。)

歴史[編集]

概要[編集]

鉗子は主に物をつかむ、抑える、牽引する事に使われる。手術の必需品の1つである。

形状[編集]

一般的なのは鋏(はさみ)型である。

種類[編集]

  • ケリー鉗子(Kelly)
    血管をつかんだり止血したりするための鉗子で、先端がややわん曲している。わん曲の強い「強彎」と、弱い「弱彎」に分けられるほか、長さによっても「大人用」と「小児用」に分類される(成人の手術でも小児用ケリーは頻繁に使用される)。
  • コッヘル鉗子(Kocher)
    組織の止血や組織把持、縫合糸の把持などに用いる鉗子で、通常先端にのあるものを指す。
  • ペアン鉗子(Pean)
    コッヘル鉗子に類似するが、通常先端に鉤のないものを指す。
  • モスキート鉗子(Mosquito)
    長さ12cm程度の短い鉗子
  • アリス鉗子(Alice(粘膜鉗子)
    粘膜を把持するための鉗子
  • マギール鉗子
    口腔内の異物を除去する鉗子
  • 産科鉗子(キーラン鉗子)
    胎児娩出を補助する鉗子
  • 遮断鉗子
    クランプ(遮断)専用の鉗子
  • 鉗子
    腸をつかむための鉗子
  • 腎臓鉗子
    腎臓をつかむ鉗子
  • 耳垢鉗子
    耳垢をつかむ鉗子。主に小比木、ハルトマン、小沢の3氏がそれぞれ手がけた耳垢鉗子が知られている。