モーセ五書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーセ五書(モーセごしょ)、時にはトーラヘブライ語: תורה‎)とも呼ばれることがあるが、旧約聖書の最初の5つの書である。モーゼの五書律法(りっぽう)、ペンタチュークとも呼ばれる。これらはモーセが書いたという伝承があったのでモーセ五書と言われるが、近代以降の文書仮説では異なる時代の合成文書であるという仮説を立て、モーセが直接書いたという説を否定する。ただし保守的なキリスト教会と学者は今日もモーセ記者説を支持している[1][2]。また正教会における註解書には、こうした学説の対立に触れず、「伝統的に」モーセが著者であるとされているという記述にとどめているものもある[3]

モーセ五書一覧[編集]

  • 創世記בראשית」(ヘブライ語の原題は「初めに」[4]の意味)
  • 出エジプト記שמות」(ヘブライ語の原題は「名」[5]の意味)
  • レビ記ויקרא」(ヘブライ語の原題は「神は呼ばれた」[6]の意味)
  • 民数記במדבר」(ヘブライ語の原題は「荒れ野に」[7]の意味)
  • 申命記דברים」(ヘブライ語の原題は「言葉」[8]の意味)

ユダヤ教[編集]

ユダヤ教においてトーラは、律法である。なお、トーラは、プトレマイオス朝エジプトのファラオであったプトレマイオス2世の命で、ユダヤ教の祭司族とされるレビ族の書記官たちがギリシャ語に翻訳した律法の題名とされる。

また、ヘブライ語のモーセ五書それぞれのタイトルは、それぞれ最初のの中から選ばれた文節である。「בראשית」(創世記)は1番目の文節、「שמות出エジプト記は2番目の文節、「ויקראレビ記は1番目の文節、「במדבר民数記は5番目の文節、「דברים申命記は2番目の文節から冠詞を除いた言葉が、それぞれの書のタイトルである。そして、それら五つのタイトルが並ぶと「初めに荒野で呼ばれた名は言葉」という意味を成す。そのため、ヘブライ語の律法を読経する際は、現行の法律や契約書の様式にも取り入れられている読み替えを行い、「言葉」から「名」に、あるいは「名」から「言葉」に読み替えて意に留める。例えば文中に綴られた「かかと」の「言葉」を音読すると同時に、その言葉が「ヤコブ」という「名」に由来することを意に留めるのである。[要出典]

キリスト教[編集]

区分[編集]

律法は1.道徳律法、2.司法律法、3.儀式律法にわけられる。このうち、道徳律法は永続性があるが、儀式律法はイエス・キリストの十字架によって成就された。[9]

脚注[編集]

  1. ^ 尾山令仁『聖書の権威』羊群社
  2. ^ ヘンリー・シーセン『組織神学』聖書図書刊行会
  3. ^ "Orthodox Study Bible" (正教聖書註解) P. 1, 65, 117, 160, 210 (2008年)
  4. ^ : in the beginningヘブライ語対訳英語聖書 Genesis 1:1
  5. ^ : are the namesヘブライ語対訳英語聖書 Exodus 1:1
  6. ^ : calledヘブライ語対訳英語聖書 Leviticus 1:1
  7. ^ : the wildernessヘブライ語対訳英語聖書 Numbers 1:1
  8. ^ : the wordsヘブライ語対訳英語聖書 Deuteronomy 1:1
  9. ^ ロイドジョンズ『山上の説教』「律法と預言者を成就するキリスト」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ケルンのグロッケンガッセ・シナゴーグのトーラー(羊皮紙に手書き)
モーセ五書の巻物