看護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
看護師
乳児を抱える英国の看護師(2006年)
A British nurse caring for a baby in 2006
基本情報
職種 コ・メディカル
業種 看護・医療
詳細情報
就業分野 病院診療所ラボ
テンプレートを表示

看護(かんご、: Nursing)は、個人や家族地域社会が最大限の健康を取り戻し、できる限り質の高い生活ができることを目的とした支援的活動である。

概要[編集]

看護を職業として実践しているのは看護師であり、看護師の行う実践を指す場合が多いが、患者の家族などが病気や障害などを理由に生活上の困難を抱えている患者などに対して日常生活における世話や情緒的に支えることなどを含むこともある。

看護師が行う看護とは、看護学および医学などの近接した学問領域の専門的知識や技術も活用しながら対象者の状態を把握・事前評価し、問題点や介入のポイントを診断し、対象者の個別性に合わせた介入方法を看護計画として立案し、実際のその計画を実施し、その実施内容を評価しながら計画を改善を行うといった一連の看護過程を展開させながら、その時の対象者にとって最も健康的で質の高い生活を送れるように援助することを指す。

病院で入院患者に対して提供される看護は、24時間継続して提供できるよう、複数の看護師が交代で行うことが一般的である。そのほか病院や診療所の外来部門、各種健康診断、訪問看護といった保健医療サービスや、また特別養護老人ホームなどの福祉サービスなど、広範な場面で看護は提供されている。

また看護は他の医療職種の活動に比べて、対象者の個別の疾患や機能とその回復に関心を持つだけでなく、人の生き死にや生き様、個人を取り巻く家族環境など全人的な視野と関心をもって行われる点に特徴がある。

看護を学問的に支えるのが看護学であり、他の成熟した学問分野と同様、医学哲学など他の学問領域の知見や、各国の世界観価値観のような文化的な背景を踏まえ、人のよりよい生に関わっていくための知識や技術、さまざまな理論を発展させてきた。こうした看護理論やその他の知見は実際の看護の根拠や基盤となって、その発展に寄与している。

歴史[編集]

フローレンス・ナイチンゲールは現代看護の基礎を作った。フローレンスがクリミア戦争に従軍するまで、看護師の制服は作られてこなかった。看護の理論と教育はフローレンスにより初めて定義された

理論と過程[編集]

各国の看護[編集]

日本[編集]

日本において看護に関わる資格は4つあり、保健師助産師看護師准看護師である。

英国[編集]

英国にて法的な認可看護師となるには、看護助産師審議会(en:Nursing and Midwifery Council、NMC)の認証を受けなければならない。1997年のthe Nurses, Midwives and Health Visitors Act法により、認可看護師("Registered Nurse")資格はこの審議会の規制を通過した者のみが使用できる[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ United Kingdom Government Nurses, Midwives and Health Visitors Act, 1997. London: HMSO, 1997.
  2. ^ 曽根志穂 高井純子 大木秀一 斉藤恵美子 田村須賀子 金川克子 佐伯和子「イギリスにおける看護師の教育制度の変遷と看護職の現状」、『石川看護雑誌』第3巻第1号、2005年、 95-102頁、 NAID 40007165132

関連項目[編集]