看護師等の人材確保の促進に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
看護師等の人材確保の促進に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 看護師等人材確保法
法令番号 平成4年6月26日法律第86号
効力 現行法
種類 医事法
主な内容 看護師等の人材確保に関する法律
関連法令 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

看護師等の人材確保の促進に関する法律(かんごしとうのじんざいかくほのそくしんにかんするほうりつ)とは、日本の法令の一つ。最終改正は平成18年6月2日法律第50号。 旧題は看護婦等の人材確保の促進に関する法律で、2001年の改正の際に改称された。

内容[編集]

  • 近年の少子高齢化により看護師保健師助産師の不足が懸念されていることを受けてこれらを確保することにより、保健医療の促進に寄与することを目的としている。