ナースコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナースコールとは、病院介護保険施設などに設置されており、看護師介護士などを呼び出す装置。 患者要介護者が緊急時に呼び出すものとされているが、緊急時以外でなんらかの介助を要する際にも用いられる。

ナースコールは親機が詰め所にあり、呼び出されると、患者と職員間での通話のやりとりができる。 また、近年では、子機の導入を積極的にすすめている病院や施設があり、子機は一般的にPHSが用いられる。 子機の使用により親機のある詰め所へ行かなくても建物内ならば職員がどこにいても対応できるメリットがある。 PHSが用いられるのはペースメーカーを埋め込んでいる患者や医療機器への影響が携帯電話に比べ低いとされるため 使用されている。

病院や介護保険施設などではナースコール設置が義務づけられている。有料老人ホームは設置の義務はないが安心を売りに自主的に設置するところもある。

最近では、病院や施設に限らず、家庭用のナースコールも販売されている。当然、家庭用のものは要介護者の家族やヘルパーが対応することとなる。

通話方法[編集]

患者、要介護者などが各ベッドに備え付けの呼び出しボタンを押し、職員側が受信すると、会話ができるようになる。一方、逆に職員側が呼びかけることも可能である。たいていの場合、壁に埋め込まれたスピーカーマイクそしてコード付きの呼び出しボタンが一体型になっており、患者や要介護者はハンズフリーで寝たままでも会話できるのが一般的である。 古い施設や病院などでは呼び出しボタンしかついておらず通話ができないタイプもある。古いタイプのナースコールは4人部屋などで呼び出しボタンが押されても、その該当する部屋の誰がナースコールを押したのか分からず、職員が部屋へ駆けつけては誰が押したのかわざわざその都度確認しなくてはならない手間が発生してしまう。

子機について[編集]

ナースコールの子機の導入にはメリットがあるが、この子機を故障させてしまうケースがよくある。最も多いものは転落によるもの。介助の際にポケットにいれていた子機が落ちてしまう、手を滑らせる、トイレ介助の際に便器に落としてしまうケースが故障させてしまう圧倒的な理由である。導入する施設においては職員が子機に紐をつけて首に掛けるように故障の防止に努めている。一般に販売されている携帯電話と違い、非常に子機の端末価格は高い。一般に販売されている携帯電話は毎月の基本使用料や通話料で、補われるため端末の販売価格自体それほど高くはないが、医療や福祉の現場で使われる子機は当然、基本使用料通話料が発生しないため、必然的に子機の端末価格は高くなる。つまり、これらを扱う職員は故障しないよう慎重に使用しなければならない。 前述にあるように子機にはPHSが用いられる。電波の範囲は施設内に限るため、一般のPHSとは違い、施設外を出ると、圏外のため通話はできない。ただし、施設を出ても電波の強さによっては極限られた小範囲ではあるが稀に通話できるケースがある。

関連項目[編集]