新島襄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新島襄
個人情報
本名 新島七五三太
出生 1843年2月12日
武蔵国江戸神田
死去 1890年1月23日(満46歳没)
日本の旗 日本 神奈川県淘綾郡大磯町
墓所 京都府京都市、同志社墓地
国籍 日本の旗 日本
両親 父:新島民治
母:とみ
配偶者 新島八重
職業 教育者宗教家
出身校 アマースト大学アンドーヴァー神学校
テンプレートを表示

新島 襄(にいじま じょう 英字表記:Joseph Hardy Neesima天保14年1月14日1843年2月12日) - 明治23年(1890年1月23日)は日本宗教家教育者学位理学士同志社英学校(後の同志社大学)を興した。明治六大教育家の1人に数えられている。

生涯[編集]

幼少時代[編集]

天保14年(1843年)、江戸神田にあった上州安中藩江戸屋敷で、安中藩士・新島民治の子として生まれる。本名を七五三太(しめた)という。この名前は、祖父・弁治が女子が4人続いた後の初の男子誕生に喜び「しめた」と言った事から命名されたという説がある。後に敬幹(けいかん)と改名。

元服後、友人から貰い受けたアメリカの地図書から、アメリカの制度に触れ、憧れを持つようになる。その後、幕府の軍艦操練所で洋学を学ぶ。ある日、アメリカ人宣教師が訳した漢訳聖書に出会い「福音が自由に教えられている国に行くこと」を決意し、備中松山藩の洋式船「快風丸」に乗船していたこともあり、当時は禁止されていた海外渡航を思い立つ[1]

函館潜伏 - 渡米[編集]

新島襄海外渡航の地碑(函館市大町)

元治元年(1864年)、アメリカ合衆国への渡航を画策し、「快風丸」に乗って開港地の箱館へと向かう。箱館に潜伏中、当時ロシア領事館付の司祭だったニコライ・カサートキンと会う。ニコライは新島から日本語と日本の書物(古事記)などの手ほどきを受け、また聖書に興味を持つ彼に自分の弟子になるよう勧めたが新島のアメリカ行きの意思は変わらずニコライはそれに折れ、坂本龍馬の従兄弟である沢辺琢磨福士卯之吉と共に新島の密航に協力した。

6月14日7月17日)、箱館港から米船ベルリン号で出国する。上海でワイルド・ローヴァー号に乗り換え、船中で船長ホレイス・S・テイラーに「Joe(ジョー)」と呼ばれていたことから以後その名を使い始め、後年の帰国後は「譲」のちに「襄」と名乗った[2]慶応元年(1865年)7月、ボストン着。

ワイルド・ローヴァー号の船主・A.ハーディー夫妻の援助をうけ、フィリップス・アカデミーに入学することができた。

岩倉使節団[編集]

慶応2年(1866年)12月、アンドーヴァー神学校付属教会で洗礼を受ける。慶応3年(1867年)にフィリップス・アカデミーを卒業。 明治3年(1870年)にアイビーリーグと同等レベルのリベラルアーツカレッジのトップ3の一つで、リトルアイビーと呼ばれる名門校アマースト大学を卒業(理学士)。これは日本人初の学士の学位取得であった。アマースト大学では、後に札幌農学校教頭となるウィリアム・スミス・クラークから化学の授業を受けていた。クラークにとっては最初の日本人学生であり、この縁でクラークは来日することとなった。当初、密入国者として渡米した襄であったが、初代の駐米公使となった森有礼によって正式な留学生として認可された。

明治5年(1872年)、アメリカ訪問中の岩倉使節団と会う。襄の語学力に目をつけた木戸孝允は、4月16日から翌年1月にかけて自分付けの通訳として使節団に参加させた。襄は使節団に参加する形でニューヨークからヨーロッパへ渡り、フランススイスドイツ、ロシアを訪ねた。その後ベルリンに戻って約7カ月間滞在し、使節団の報告書ともいうべき『理事功程』を編集した。これは、明治政府の教育制度にも大きな影響を与えている。また欧米教育制度調査の委嘱を受け、文部理事官・田中不二麿に随行して欧米各国の教育制度を調査した。

宣教師任命 - 帰国[編集]

新島が最初に洗礼を授けた安中教会の30人と共に(明治11年3月30日)
新島襄旧邸・京都市上京区
結婚間もない新島襄と八重

明治7年(1874年)、アンドーヴァー神学校を卒業する。新島はアメリカン・ボードから日本での宣教に従事する意思の有無を問われると、即座にそれを受託した。明治8年(1875年)9月、宣教師志願者の試験に合格し、ボストンで教師としての任職を受けた。新島の宣教師として身分は「日本伝道通信員」(Corresponding member of the Japan)であった[3]。同年10月、アメリカン・ボード海外伝道部の年次大会で日本でキリスト教主義大学の設立を訴え、5,000ドルの寄付の約束を得る。

同年11月、横浜に帰着。最初に故郷の上州安中に向かい、三週間滞在した。滞在中に、藩校・造士館と竜昌寺を会場にキリスト教を講演する。その集会で30人の求道者がでて、日曜ごとに聖書研究会が開かれた。明治11年(1878年)に30人が新島より洗礼を受け、安中教会(現、日本基督教団安中教会)を設立した。

同志社設立[編集]

明治8年(1875年11月29日、かねてより親交の深かった公家華族高松保実より屋敷(高松家別邸)の約半部を借り受けて校舎を確保し[脚注 1]、京都府知事・槇村正直、府顧問・山本覚馬の賛同を得て官許同志社英学校を開校し初代社長に就任する。開校時の教員は新島とジェローム・デイヴィスの2人、生徒は元良勇次郎中島力造上野栄三郎ら8人であった。

また、この時の縁で翌明治9年(1876年1月3日、山本覚馬の妹・八重と結婚する。同年10月20日金森通倫横井時雄小崎弘道吉田作弥海老名弾正徳富蘇峰、不破惟次郎ら熊本バンドと呼ばれる青年達が同志社英学校に入学。

明治10年(1877年)には同志社女学校(のちの同志社女子大学)を設立。女学校スタイルはメアリー・リヨンが設立したマウント・ホリヨーク大学を模している。

明治13年(1880年)から大学設立の準備を始める。同年2月17日に快風丸での旧知を訪ねるため、かつての備中松山藩であった岡山県高梁町(現在の高梁市)へと赴き、滞在中に中川横太郎の勧めで伝道と文化改革を目的とした演説を行う[4]。この時の演説は、のちに備中松山の地で高梁基督教会堂の設立発起員の一人となり女子教育に注力する事になる、同地の婦人部会の代表であった福西志計子に深い影響を与えた。

明治17年(1884年4月6日、2度目の海外渡航に出発する。ドイツでは訪問先のヨハネス・ヘッセの家で幼少の息子ヘルマン・ヘッセと会っている。同年8月6日にはスイスサンゴタール峠で心臓発作を起こして倒れ、二通の遺書を記した[5]。 明治18年(1885年)12月に帰国。

明治19年(1886年)9月には京都看病婦学校(同志社病院)がキリスト教精神における医療・保健・看護活動、キリスト教伝道の拠点として設置されその役割を担う。この看病婦学校・病院にて看護指導に当たる事となったのが、ナイチンゲールに師事しアメリカ最初の有資格看護婦でもあったリンダ・リチャーズである。

明治21年(1888年)、徳富蘇峰の協力により井上馨大隈重信土倉庄三郎大倉喜八郎岩崎弥之助渋沢栄一原六郎益田孝等から寄付金の約束を取付ける。特に土倉は新島のよき理解者、協力者であり、新島も土倉を頼りとした。板垣退助と新島を取り結んだのも自由民権運動のパトロンでもあった土倉であろうと推測される[6]

また明治21年(1888年)11月、徳富蘇峰は襄の求めに応じ「同志社大学設立の旨意」を添削し、自身の経営する民友社発行の『国民之友』をはじめ全国の主要な雑誌・新聞に掲載し、同志社大学設立に尽力した。

晩年[編集]

1890年1月27日午後1時から、礼拝堂前の仮説式場で新島襄の告別式が執り行われた。参列者は北垣国道京都府知事をはじめ約4,000人。

明治22年(1889年)11月28日、同志社設立運動中に心臓疾患を悪化させて群馬県前橋で倒れ、神奈川県大磯の旅館・百足屋で静養する。愛弟子の一人の不破惟次郎の妻にて、北里柴三郎の従妹であり、のちの京都大学病院初代看護婦長を務めた不破ユウ(北里ユウ)の渾身の看護を受けるが、回復せず翌明治23年(1890年)1月23日午後2時20分、徳富蘇峰、小崎弘道らに10か条の遺言を託して死去する。死因は急性腹膜炎。最期の言葉は「狼狽するなかれ、グッドバイ、また会わん」[5]1月27日13時より同志社前のチャペルで葬儀が営まれ、京都東山若王子山頂に葬られた。墓碑銘は徳富蘇峰の依頼により勝海舟の筆による。

妻・八重[編集]

妻の八重とは互いに尊重し合い、夫婦仲がとても良かった。男性と対等に生きられる自立した女性との結婚を望んでいた[7]襄は、山本覚馬の家を訪ねたとき、井戸の上に渡した板の上で裁縫をする八重の姿を見て、その常識に拘らない姿勢が気に入って結婚を決意したという[7]。八重は、その男勝りの性格で度々周囲と確執を生むが、襄はそれを優しく諌めながら見守っていた。アメリカの友人への手紙で「彼女は見た目は決して美しくはありません。ただ、生き方がハンサムなのです。私にはそれで十分です。」と綴っている[7]

人物・逸話[編集]

新島襄の書斎(京都府京都市、新島旧邸)
新島襄旧宅(群馬県安中市)
  • 徳富蘇峰の仲介により大隈重信と親交を持つことになる。今日、同志社大学早稲田大学の間で学生交流(国内留学)制度があるのはそのためである。
  • 明治13年(1880年4月13日、朝礼の際、自分の掌を杖で打ち、自らを罰して生徒に訓した。これは「自責の杖」事件と呼ばれる。徳富蘇峰は、この事件の責任を感じ卒業目前で同志社を中退したが、襄に対する敬愛の念は生涯変わらず、同志社大学設立運動の中心的な役割を果たした。
  • 襄の臨終に八重とともに立ち会った徳富蘇峰は八重に「今後貴女を先生の形見として取り扱ひますから、貴女もその心持を以て私につきあつて下さい。」と述べ、貴族院議員の歳費は封を切らずに八重に贈り、八重が亡くなるまでその生活を支えた。
  • 群馬県上毛かるたのなかに襄が描かれた取り札がある。「平和の使徒 新島襄(へいわのつかい にいじまじょう)」
  • 箱館に渡る前に、青森県下北半島の下風呂温泉に寄港し、当地の見聞を「函館紀行」に書きとめた。下風呂温泉にある海峡いさりび公園に、「新島襄寄港の地」碑がある。

著作(近年)[編集]

  • 『新島襄 教育宗教論集』 同志社編、岩波文庫、2010年10月
  • 『新島襄の手紙』 同志社編、岩波文庫、2005年
  • 『新島襄 わが人生』 鑓田研一編/人間の記録:日本図書センター、2004年
  • 『新島襄全集』 全10巻(11分冊)、同編集委員会、同朋舎、1983-96年

家族[編集]

新島民治ととみ
弟・双六 (1847 - 1871)
  • 祖父:新島弁治
  • 祖母:すま
  • 父:新島民治(安中藩祐筆職)
    襄の伝道によりキリスト教に改宗した。
  • 母:とみ
  • 姉(長女):くわ
  • 姉(次女):まき
  • 姉(三女):みよ
  • 姉(四女):とき
  • 弟:双六
  • 妻:八重
  • 義兄:山本覚馬
  • 養子:新島公義[脚注 2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ポール・F・ボラー 『アメリカンボードと同志社:1875-1900』北垣宗治 訳、新教出版社 2007年発行 18-19項 ISBN 9784400226635
  2. ^ 日本基督組合教会の牧師・松山高吉が「Joe」の漢字化にあたり、「譲」を避けて「襄」にするように新島に進言した。『現代語で読む新島襄』290頁
  3. ^ 小野(2003年)91頁
  4. ^ 『新島襄全集 第3巻(書簡集)』p169-173。「明治13年2月25日付新島八重への手紙」より
  5. ^ a b 石田明夫「会津の華は凛として」 第48回「夫・襄との別れ」 福島民友新聞社、2013年2月24日
  6. ^ 「新島襄の交遊」本井康博 著・2005年 思文閣出版 ISBN 4784212329
  7. ^ a b c 歴史秘話ヒストリア「明治悪妻伝説 初代“ハンサムウーマン”新島八重の生涯」

脚注[編集]

  1. ^ 旧主家の板倉氏の祖である板倉勝重京都所司代を務めたこともある関係で、新島家は公家とも広く親交があった。
  2. ^ 公義は初め、早世した双六の跡を継ぐ名目で新島家に養子縁組し、襄からは義理の甥となる。襄にも実子が無かったので、襄の死後に新島家自体の家督も継いだ。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]