バークレー・バックストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バークレー・フォーエル・バックストン
最後の来日時77歳頃のバックストン
生誕 1860年8月16日
イギリスエセックス州レイトン
死没 1946年2月5日
イギリスウィンブルトン
出身校 ケンブリッジ大学
職業 牧師宣教師神学校教師
配偶者 マーガレット・レイルトン
子供 マーレー・バックストンアルフレッド・バックストンゴッドフレー・バックストン
テンプレートを表示
バークレー・バックストン最後の来日。三谷種吉らと。1937年

バークレー・フォーエル・バックストン(Barclay Fowell Buxton、1860年8月16日 - 1946年2月5日)は、日本で活躍したイギリス宣教師牧師神学校教師。日本の福音派の源流の一つバックストンとその弟子たちは「松江バンド」と呼ばれるクリスチャン集団を形成したとされる。

経歴[編集]

竹田俊造三谷種吉堀内文一らがバックストンのもとで修養生活を行う。エミー・カーマイケルがバックストンの元で15ヶ月間滞在。

弟子[編集]

松江時代[編集]

神戸時代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 島根県松江市北堀町赤山にてバックストン邸にて「赤山講話」が始まる。本:赤山講話(福田平治の博広社印刷)松江のバックストン活躍写真有り;福田平治・孫:福田良子所蔵 (イギリス社会福祉について教え、後の「山陰社会事業の父-福田平治」をキリスト教へ導いた)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]