メリマン・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メリマン・コルバート・ハリス
伝道 日本アメリカ合衆国
個人情報
出生 1846年7月9日
アメリカ合衆国オハイオ州
死去 1921年5月8日(満74歳没)
日本の旗 日本 東京府青山ハリス館
墓所 東京府渋谷区青山墓地
国籍 日本の旗 日本
居住地 東京府青山学院ハリス館
配偶者 フローラ・ベストエリザベス・ベスト
職業 宣教師教会監督軍人
出身校 アレガニー大学
テンプレートを表示

メリマン・コルバート・ハリスMerriman Colbert Harris1846年7月9日 - 1921年5月8日)は、アメリカ・メソジスト監督教会宣教師で、アメリカ生まれの日本人であると言うほどに日本を愛して、明治期の日本人クリスチャンに大きな影響を与えた人物。

内村鑑三新渡戸稲造河辺貞吉佐藤昌介大島正健らに洗礼を授けた宣教師としても有名。

生涯[編集]

1846年にオハイオ州出身。南北戦争時には北軍に従軍する。戦争後、アレガニー大学を卒業して、フロラ・ベストと結婚する。明治6年(1873年)美以教会宣教師として妻とともに来日し。明治7年(1874年函館に行き、キリスト教を伝えアメリカ合衆国領事も兼ねた。同年2月、同地のドイツ領事ハーバーを秋田藩の国粋者が倒すなど、穏やかならぬ中で人から贈られた短銃を海に投じて省みなかった。

1877年4月にウィリアム・スミス・クラークが、ハリスに札幌農学校一期生の信仰的指導を仰いだ。1877年9月2日、ウィリアム・スミス・クラーク門下の札幌農学校の第一期生佐藤昌介大島正健ら15人に洗礼を授け、続いて1878年6月2日に第二期生の内村鑑三、新渡戸稲造、宮部金吾らの7名にも洗礼を授けた。[1]1882年に夫人の病気治療のためにやむなく日本を離れたが、メソジスト監督教会の太平洋ハワイ方面の宣教師として働いた。

1896年、中田重治が渡米した時に、中田をサンフランシスコ港で出迎え、伝道の協力を依頼した。しかし、中田は辞退してシカゴに行く。[2]

アメリカ合衆国で笹尾鉄三郎河辺貞吉松岡洋右などの、太平洋沿岸の日本人を信仰に導いた。それらは、「ちいさき群」と呼ばれる。日本人排斥問題に際しては危険を冒して同胞のために尽くした。同地の日本人からはハリスは父、妻フロラは母と称せられた。

明治37年(1904年)、日本及び朝鮮の宣教監督に挙げられ再び来日し、死に至るまで日本および日本人を愛した。妻フロラは文藻があり、『土佐日記』を訳した。讃美歌作家でもあり、讃美歌343番『こよなき恵みの』を作詞したり、詩集も出版している。夫人は1909年に日本で夫に先立って逝った。大正5年(1916年勲二等に叙せられた。

1919年フロラの姪に当たる、エリザベス・ベストと再婚して、二人は青山学院構内に新築されたハリス館に住んだ。

1921年5月8日に75歳でハリス館で死去した。その遺骨は夫人と共に青山墓地に埋葬された。

逸話[編集]

  • 来日するときに友人から護身用の拳銃を渡されたが、「日本人のために命を捨てる覚悟だから不要」といって拳銃を海に捨てた[3]
  • 「私はアメリカで生まれた日本人ですから。」というのが口癖だった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木範久『内村鑑三』岩波新書、19ページ
  2. ^ 『中田重治伝』66ページ
  3. ^ 山口幸子『ホーリネスの流れ』100ページ