キリスト者の自由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キリスト者の自由』(キリストしゃのじゆう、ドイツ語: Von der Freiheit eines Christenmenschenラテン語: De libertate christiana)は、1520年ヴィッテンベルクで発表されたマルティン・ルターの著書。

概要[編集]

この論文はツヴィッカウ市長ヒエロニムス・ミュルフォルトに向けて書かれている。ルターは信徒達に対して教会組織に忠誠を誓うのではなく、自己愛を捨ててや隣人に積極的に尽くすように呼び掛けている。それと同時に彼は信仰を持たない人に対しては善行を行わないよう戒めている。又、ここでルターは『教会のバビロニア捕囚』や『ドイツのキリスト者貴族に与える書』の時と同様に、教会内での司祭(神父)の自惚れた態度や階級制度を批判し、万人祭司こそ正しいと主張している。

日本語訳[編集]

執筆の途中です この項目「キリスト者の自由」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。