神学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神学校(しんがっこう)とは、おもにキリスト教神学または宗教学)について学び、次世代の教役者を養成・訓練するための教育機関を指す言葉である。神学校に類した教育機関に聖書学校宣教師訓練学校などがある。また、神学校の理念や目的について、諸宗教・諸教派ごとに微妙にニュアンスが異なっている。

キリスト教の場合[編集]

キリスト教では神学校という語が広く使われる。西洋語でいう、Seminario, Academy, Stift などに対応する。教派や地域によっては、大学の一学部として併設される場合や高等教育機関として学位授与資格をもつ場合がある。また本来神学校としてはじまったものが、教育機関としての拡充のなかで大学の神学部として改組されたものも少なくない(パリ大学、テュービンゲン大学、ハーヴァード大学などヨーロッパやアメリカの大学にはこの経緯をたどった大学は少なくない)。ヨーロッパの古くからのキリスト教においては、国立学校の学部にキリスト教の神学部があることも少なくない。その場合、学部は特定の教派の神学教育を行うのが普通である。

カトリック教会[編集]

カトリック教会で神学校といえばラテン語Seminarioの訳語で、司祭修道士を養成するための学校で、男性のみが学ぶ教育機関である。その国の社会状況によっては自宅から通うという形態もとられるが、基本的に学生は共同生活をしながらそこで学び、必要な学問を学ぶことになる。その意味で、神学を学ぶ神学部とは必ずしも同義ではない。

日本最初の神学校は、1580年代にイエズス会によって長崎県の有馬(現・南島原市)と滋賀県の安土(現・近江八幡市安土町)につくられたが、禁教のため閉鎖された。

現在、教区司祭になるには、日本カトリック神学院がある。2009年4月に、東京カトリック神学院福岡サン・スルピス大神学院が統合された。

入学資格は高校卒程度以上の学力を有し、 洗礼後3年以上経過しており、聖職者を目指す22歳以上の独身の男子カトリック信徒(元の配偶者が生存していたり、扶養家族がいる場合は許可されない)。さらに、所属している小教区司祭の推薦と教区の司教の面接・推薦が必要。養成期間は大学卒が6年、高校卒などの場合は一般教養課程が加わるため養成期間が追加される。

修道司祭の場合は、それぞれの修道会により制度が異なり、多くは上記の神学校や他の修道会の神学校を間借りしたり、外国にある自前の神学校に入ったりする。国内で自前の学校を持つ所もある。上智大学神学部南山大学人文学部キリスト教学科にも司祭養成課程がある。

プロテスタント[編集]

プロテスタント諸派では牧師伝道師宣教師教会学校教師などの伝道者を育成する教育機関という意味で、プロテスタント系大学の神学部なども含めて神学校という。日本で大学以外の伝道者育成の神学校としては、日本聖書神学校東京基督神学校(旧日本基督神学校)、専門学校三育学院カレッジなどの各種学校専修学校や、東京神学校神戸ルーテル神学校神戸改革派神学校聖書宣教会などの私塾無認可校)がある。入学するには、キリスト者としての信仰告白をし洗礼を受けていることと、本人の召命(伝道者を志したいという信仰の意志)と、所属教会の牧師の推薦状が必要である。ただし、牧師の推薦が必要のない神学校またはコースも一部には存在する。また、プロテスタントでは修道会制度が存在しない[1]教役者独身は求めない)ので、既婚者でも神学校に入学可能である。

原則として大半の神学校では全寮制による共同生活を通して牧会者として相応しい規律正しい人格教育と人間形成を旨とする。入学基準は伝統的に神学校が概ね大卒以上、大学神学部と聖書学校が概ね高卒以上、さらに教会奉仕経験があり、それに加えて社会人としての経験を数年以上求めるところもあり、基準として一般的にハードルの高い部類に入る。ここ最近の傾向として、勤労者・主婦向けに自宅から通学可能な神学校や、DVD、インターネットを利用した通信制を導入する神学校も増えている。また、いわゆる牧師や伝道師を育成する神学課程だけでなく、一般信徒向けの教養課程や教会奉仕者養成のための基礎コース・教会音楽コース・カウンセラー養成コースを設ける神学校も存在する。また最近まで、一定の学歴・経歴がなければ入学資格が認められない神学校がほとんどであったが、価値観の多様化・多極化する混迷した現代において世界宣教の必要性と、情熱ある宣教者の育成の必要性から、入学するのに学歴は一切問わないという神学校も増えてきている。

また、原則として一つの教派に一つ(または複数)の神学校があり、その派の神学校を卒業したらその派の牧師・伝道者に導かれるのが通例である。例えば、同志社大学神学部であれば日本基督教団、ウェスレアン・ホーリネス神学院であればホーリネス系福音派またはメソジスト系福音派の牧師・伝道者に導かれるのが通例である。しかし、まだ少数であるが教派を越えて幅広く牧師・伝道者あるいは信徒教会奉仕者を育成する神学校も増えている。また神学校を卒業しても必ずしも牧師・伝道者に導かれるとは限らず、一般企業に就職、あるいは学校の教師や、さらに海外の神学大学などに留学し学位を取得し研究者を志す者や、専業主婦など、卒業後の進路は多種多様である。

補足として、“キリスト教学科”など、一部のプロテスタント系大学または短大学科・コースでは、いわゆる次世代の牧師・伝道者養成と霊的訓練を目標として掲げる通常の神学校とは異なり、キリスト教を一般的な宗教・文化あるいは学問として捉え、学術的な視点において探求し、広く門戸を開いて学生を募集しているところもある。 例えば、立教大学文学部キリスト教学科では、『信仰やキリスト教経験は不問。キリスト教とキリスト教にまつわる文化現象を学問研究の対象とし、学ぶことを目的としているので、学生に信仰の有無は問わない。』(立教大学公式サイトより引用)として、一般に広く門戸を開いて学生を募集している学科もある。

正教会[編集]

神学生達に対する誦経者祝福式(2006年ロシア正教会

正教会〔通称:ギリシャ正教〕の神学校には教衆教役者)・神品養成機関としての働きを主目的とするものもあるが、神学教育・神学研究に主眼を置くものもある。いずれも共同生活を行い、奉神礼をともにし、神学校が教授を行う知識・技能を修得し、精神性を涵養するものである点には変わりがない。

神学校を経験・卒業することは教衆・神品に叙聖される事の必須要件ではなく、神学校の経験が無い者の中にも神からの恩寵と適性が認められて神品に叙聖される事も珍しくない。

教衆・神品養成を主目的とする神学校においても、正教会の輔祭司祭には、輔祭叙聖前であれば結婚が許され、妻帯輔祭・妻帯司祭となることから、入学者は独身者に限定されない。正教会においては、修道司祭修道士であるゆえに生涯独身であるが、在俗司祭の殆どは妻帯する。ただし、在俗司祭または輔祭であっても独身のまま叙聖された場合はその後の結婚は認められず、生涯独身でその職分を全うしなければならない。また、独身であっても神学校には入学可能であるが、独身の卒業生は、通常では伝教師として赴任地に任命され、結婚してから主教の祝福を受け輔祭から在俗司祭へと叙聖される場合がほとんどである。

正教会では神品への叙聖は現在のところ男子のみであり、かつて存在した女性輔祭制度は現在存在しない(その復活の是非について議論される事はある。詳細は輔祭参照)。従って神品として養成される神学生は必然的に男性のみとなる。しかしながら神学を学ぶ事は女性にも妨げられておらず、神品となる事を目指さずに神学校で学ぶ女子神学生は存在する(但し日本正教会の神学校には2010年7月現在、女子神学生は存在しない)。

日本正教会には東京正教神学院があり、信徒(男子のみ)を対象に教衆・神品の養成に当たっている(ただし学校法人格は取得していない)。入学にあたっては司祭からの推薦、教会・学院による入学許可、主教による祝福などが必要となっている。

イスラム教[編集]

イスラム教でも、イスラムの教えを学ぶ教育機関を指す訳語として「神学校」を用いることがある。

日本国内に公式なイスラム教の神学校は、現在のところまだ設立されていない。

海外では、タリバンアルカイダなど“神学校”と称して過激な宗教教育を行うところもあるので、正常なイスラム教と混同しないよう注意が必要である。

日本にある神学校(キリスト教)の一覧[2][編集]

カトリック系神学校一覧[編集]

四年制大学および大学院
司教区・修道会・宣教会による設置
生涯学習・公開講座
  • 上智大学公開講座ソフィア・コミュニティ・カレッジ [4] (上智大学公開学習センター,上智大学神学部)
    • 神学講座 〔夜間課程,夏期集中講座,夏期神学講習会〕
    • 大学カリキュラム開放講座 〔聖書ギリシア語,聖書ヒブル語,ラテン語,他〕

プロテスタント系神学校一覧[編集]

ルーテル学院大学・日本ルーテル神学校(東京都三鷹市)
関西学院大学・神学部・西宮上ヶ原キャンパス(兵庫県西宮市)
聖書宣教会・神学舎(東京都羽村市)
JTJ宣教神学校,JTJミッションセンター(東京都台東区)
四年制大学および大学院
専門学校(専修学校)
文部科学省所管外の大学・大学院大学
宣教団体・各種学校等による設置
単位制・定時制・通信制を導入している神学校
宣教師訓練学校
おもに自教団の教職・教役者を養成するための神学校
教会音楽コース・音楽学校
信徒向け・教会奉仕者養成神学校

教役者のための継続教育および弟子訓練学校

  • TLP=CIアジア神学校・預言学校 (クリスチャン・インターナショナル・アジア,カリスマ諸派)

日本聖公会の神学校[編集]

日本ハリストス正教会の神学校[編集]

その他の教派・系列の神学校[編集]

プロテスタントと主張しないバプテスト系諸派の神学校

国内で独自に成立した教派(単立法人)の神学校

キリスト教系セクト[17]に分類される教会組織の神学校[編集]

  • エホバの証人[18][19] 独身の兄弟のための聖書学校(旧称・宣教訓練学校)、ギレアデ聖書学校[20]
  • モルモン教〕 ブリガムヤング大学〔宗教学部宗教学科〕[21],JMTS宣教師訓練センター,宗教教育インスティテュート
  • 統一教会〕 統一神学校(UTS)[22]鮮文大学校〔神学純潔大学統一神学部。神学専門大学院〕[23]

かつて日本に存在した神学校[編集]

柏木聖書学院(東京都新宿区)

日本には、古くは明治期に外国の宣教師らによって個人の資産で設立された私塾などが存在した。 近代においては関東大震災による被災や第二次世界大戦中の戦時下における弾圧によって廃校に追い込まれたケース、戦後においては、合併や統合、さらに大学などへの昇格、新たな法人格への移行、また募集学生の減少などの理由により廃校となった神学校もいくつか存在した。

かつて存在した、おもな神学校

かつて存在した、おもな大学の神学部・神学課程

休校中および学生の募集を停止している神学校

  • 川崎聖書学院 (チャーチ・オブ・ゴッド)

脚注[編集]

  1. ^ プロテスタント教会は、ほとんどの場合では修道会制度や独身の修道士は存在しないが、稀少な例外としてドイツ・ルーテル教会のマリア福音姉妹会や、エヴァンジェリカル・オーソドックス教会の聖・救世主修道院(Order of the Holy Redeemer、アメリカ合衆国)など、プロテスタント系の修道院がごく稀に存在する。
  2. ^ 特例として、日本国外(海外)に所在する神学校も一部掲載した。大凡の所在地は脚注を参照。
  3. ^ 日本カトリック神学院は、2009年4月に、東京カトリック神学院と、福岡サン・スルピス大神学院が統合された。旧東京カトリック神学院の校舎を東京キャンパス,旧福岡サン・スルピス大神学院の校舎を福岡キャンパスとしている。
  4. ^ ソフィア・コミュニティ・カレッジは、これら神学講座のほかにも、研究コースや教養・実務、語学、カウンセリングなど多数の講座がある
  5. ^ 2010年4月を以て、文学部キリスト教学科の募集を停止した。神学に関するカリキュラムは、新設された「総合人文学科」の類別コースにて継続された。
  6. ^ 日本基督教団認可神学校
  7. ^ 日本基督教団認可神学校
  8. ^ 日本基督教団認可神学校
  9. ^ 世界宣教センター,米国ワールド・リンク・ユニバーシティ(WLU)と連携。
  10. ^ JTJ宣教神学校と連携,旧称・ゴスペル音楽院
  11. ^ BBN聖書学院は、インターネットを介した信徒向けの通信教育である。これまでは英語クラスのみの開講であったが、2011年1月より日本語クラスが新たにスタートした。(BBN日本語公式サイト発表)
  12. ^ 【日本国外】アメリカ合衆国ノースカロライナ州シャーロットに所在。
  13. ^ 日本バプテスト・バイブル・フェローシップは、かつてアメリカ大陸で自由主義と合理主義とに対峙した、聖書信仰に立つファンダメンタル・バプテストの親睦団体である。神学的には穏健なカルヴィン主義に立つ聖書主義・保守主義バプテストを基調とする。バプテストの伝統を堅く守るため原則として他教派・他のバプテスト諸派とはいっさい交流をしないで独自に宣教と教会形成を展開するのが主な特徴である。但し必ずしもプロテスタント主義に否定的であるというわけではない。また、いわゆるランドマーク派ではない。
  14. ^ ランドマーク派に属する米国ファンダメンタル・バプテストの一派(アナ・バプテストの流れにある厳格な単立主義バプテストの連合体)。これらは使徒時代からのバプテスト教会の歴史的継承を信じ、使徒時代から連綿と存在する教会であって、カトリック教会から出たプロテスタントには属さない(プロテスタントの一派ではない)と主張している。
  15. ^ 関西単立バプテスト神学校は、神学的に穏健な歴史的バプテストの立場を高調し、伝統的なプロテスタント主義に立つことを必ずしも表明していない。初代使徒時代以来の連綿と続いている(と主張している)厳格な単立バプテスト主義に立つが、いわゆるランドマーク派ではない。
  16. ^ イエス之御霊教会は、自らプロテスタントの一派であることを表明していない。公式声明として「本来の初代キリスト教の復興であって、歴史的に後から生まれた初代キリスト教の支流であるカトリックやプロテスタントのいずれでもない」(属さない)と主張している。
  17. ^ これらはキリスト教としての体裁はとるものの教理上または信仰の実践上から、大多数のキリスト教諸派からは異端または分派と見なされている教会組織。
    ここでは中立的な呼称としてキリスト教系セクトと表記する。
  18. ^ エホバの証人(ものみの塔)は、自らキリスト教の一派(キリスト教世界の一部)であることを表明していない。
  19. ^ エホバの証人(ものみの塔)は、バプテスマ(洗礼)を受けた成員は全て伝道者という組織の方針から、一般信者向けの神学校は存在せず、王国会館と呼ばれる集会場で週末の夜に開かれる「神権宣教学校」と「奉仕会」(毎週約2時間程度)という集会で、神学校に相当する伝道のための教育と訓練が行われている。
  20. ^ 【日本国外】アメリカ合衆国ニューヨーク市ウォールキルに所在。
  21. ^ 【日本国外】アメリカ合衆国ユタ州プロボ市に所在。
  22. ^ 【日本国外】アメリカ合衆国ニューヨーク州バリータウンに所在。
  23. ^ 【日本国外】大韓民国忠清南道牙山市、天安市に所在。
  24. ^ 2009年4月を以て、学校法人関西学院と合併した。聖和大学キャンパス(兵庫県西宮市)は『関西学院大学・西宮聖和キャンパス』となり、教育学部が新設された。キリスト教学科の役割は神学部に移管された。

参考資料[編集]

  • カトリック教会情報ハンドブック(年刊)、カトリック中央評議会
  • クリスチャン情報ブック(年刊)、いのちのことば社
  • キリスト教年鑑、キリスト新聞社
  • 『バプテストの特徴』 レスリー・フレイジャー著、関西単立バプテスト神学校
  • 『バプテスト』 天利信司・著 バプテスト文書刊行会
  • 『牧師の仕事』 鈴木崇巨・著 教文館 2002
  • 『ギリシャ正教』 高橋保行・著 講談社学術文庫 1980
  • 正教入門シリーズ2 『奉神礼』 トマス・ホプコ著,イオアン小野貞治・訳 日本ハリストス正教会西日本主教教区 2009
  • 『正教要理』 日本ハリストス正教会教団・編 1980
  • 『礼拝はいろいろあるんです』~105の礼拝研究レポート~ 横山英実・著 JTJ宣教神学校礼拝活性化研究会・編 2008
  • 『異端見分けハンドブック』 尾形守・著 プレイズ出版 1998
  • 『エホバの証人-神の王国をふれ告げる人々』 WATCHTOWER Bible and Tract Society of Pennsylvania ,ものみの塔聖書冊子協会 1993
  • 『不思議な驚くべきわざ』 リグランド・リチャーズ・著 末日聖徒イエス・キリスト教会 1995

関連項目[編集]

外部リンク[編集]