公民 (教科)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

公民(こうみん)は、日本学校教育における教科の一つ。「公民科(こうみんか)」と通称されることが多い。

概要[編集]

公民科は高等学校に設置されている教科である。

現行の高等学校学習指導要領では、公民科の学習目標として、「広い視野に立って、現代の社会について主体的に考察させ、理解を深めさせるとともに、人間としての在り方生き方についての自覚を育て、民主的、平和的な国家・社会の有為な形成者として必要な公民としての資質を養う」としている。

公民科では、政治経済社会全般について学ぶ。高校公民科の中に現代社会倫理政治・経済の3科目が設置されている。

  • 現代社会」(標準単位数2単位)では、(1) 現代に生きる私たちの課題、(2) 現代の社会と人間としての在り方生き方、を大きな内容の柱としている。
  • 倫理」(標準単位数2単位)では、(1) 青年期の課題と人間としての在り方生き方、(2) 現代と倫理、を大きな内容の柱としている。
  • 政治・経済」(標準単位数2単位)では、(1) 現代の政治、(2) 現代の経済、(3) 現代社会の諸課題、を大きな内容の柱としている。

原則として、「現代社会」1科目、ないしは「倫理+政治・経済」2科目のいずれかを選択して必修という扱いになる。また、大学入試センター試験ではこれら3つに加え「倫理、政治・経済」という地歴B教科と同じ標準単位数4単位を想定した教科が存在しており、内容は倫理と政治・経済をそのまま合わせたものとなる。

社会科と公民科[編集]

なお、政治や経済、社会の基本的な仕組みについては、小中学校では社会科で学ぶ。中学校社会科では、政治・経済・社会について学ぶ内容について「公民的分野」と呼称されている。

かつては高等学校にも社会科が存在したが、1989年告示・1994年度高等学校第1学年から学年進行で実施された学習指導要領で、高等学校社会科は再編され、地理歴史科と公民科に分割された。

戦前の「公民科」[編集]

1931年から1947年にかけて中学校に設置された科目の1つに「公民科」がある。社会の発展に参加する構成員として必要とされる知識や素質などを養うための教育、すなわち「公民教育」を扱う学科である。

日本において、公民教育が開始されたのは、1890年実業補習学校において、職業教育に付随して「公民トシテ心得ヘキ事項」として公民教育が組み入れられたのが最古である。ただし、その本格化は社会教育の重要性の高まりと普通選挙の導入が決まった大正時代末期のことである。

1931年にそれまでの「法制経済」に代わって「憲政自治ノ本義ヲ明ニシ日常生活ニ適切ナル法制上経済上並ニ社会上ノ事項」を教育することを目的として開始された。ところが、軍国主義の台頭と天皇機関説問題をきっかけとして1937年に改訂が実施されて、「我ガ国体及国憲ノ本義特ニ肇国ノ精神及憲法発布ノ由来ヲ知ラシメテ以テ我ガ国統治ノ根本観念ノ他国ト異ル所以」を明らかにすることを教育目標に掲げることとなった。これは欧米の近代的市民育成の方針とは異なる絶対主義思想に基づいた帝国臣民育成理念を前面に出したものとなった。

第二次世界大戦敗戦後、欧米型の民主主義導入に伴って近代的市民育成が求められることとなった。そこで1945年10月に公民教育刷新委員会が結成されて、公民教育改革について論議されたが、1947年学校教育法施行に伴って社会科に統合されて廃止された。

その後、旧公民科分野は「政治・社会・経済的分野」と呼ばれていたが、1969年に「公民的分野」と改称されて、公民の名称が復活する。その後、1977年及び翌年の学習指導要領改訂に伴って、「公民的資質」の育成という小学校から高等学校にかけての統一方針が掲げられることになるが、その際に「基本的人権の自覚」という従来あった項目が削除されたことが問題となった。

参考文献[編集]

  • 臼井嘉一「公民教育」『日本史大事典 3』平凡社、1993年、ISBN 9784582131031

関連項目[編集]

外部リンク[編集]