再建派 (ユダヤ教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

再建派(さいけんは)とは、保守派から誕生したユダヤ教の流れのこと。ラビ・モルデカイ・カプラン Mordecai Kaplan1922年開設した。

ユダヤ教を「進化する文明」と位置づけ、その「再形成と活性化を試みる」ことが目的である。ユダヤ人の存在に関しては、トーラーイスラエルが最も基本的概念であると位置づけている。

関連項目[編集]

文献案内[編集]

  • Platform on Reconstructionism, FRC Newsletter, Sept. 1986, pages D, E
  • Exploring Judaism: A Reconstructionist Approach, Rebecca T. Alpert and Jacob J. Staub, The Reconstructionist Press, 1988
  • David Griffin's article in Jewish Theology and Process Thought, Ed. Sandra B. Lubarsky and David Ray Griffin, State University of New York Press, 1996
  • ルイス・ジェイコブズ Louis Jacobs God, Torah, Israel: Traditionalism Without Fundamentalism Hebrew Union College Press, Cincinnati, 1990;
  • Judaism As a Civilization Mordecai Kaplan, The Jewish Publications Society, 1994
  • Mordecai Kaplan "The Meaning of God in Modern Jewish Religion", 1962

外部リンク[編集]