チャプレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャプレンあるいはチャップレン: chaplain)は、教会寺院に属さずに施設組織で働く聖職者牧師神父司祭僧侶など)。

語源的には、それらの施設に設置されたチャペル: chapel)で働く聖職者を意味するが、実際には必ずしもチャペルが存在するとは限らない。

アメリカ軍では、宗教にかかわらず、ラビイマーム僧侶など、従軍するあらゆる聖職者を意味する。(→従軍牧師の項目を参照)

チャプレンがいる主な施設・組織[編集]

殉職者[編集]

チャプレンは状況の最前線に出ることもあることから、戦死・殉職する場合もある。アメリカ同時多発テロ事件においては、世界貿易センタービルに出場していたニューヨーク市消防局の消防神父であるフランシスコ会士 マイケル・ジャッジ師(: Mychal Judge, O.F.M.)が殉職した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 野尻学荘: チャプレンが同行するキャンプの例
  2. ^ SAINT MYCHAL JUDGE

関係文献[編集]

関連項目[編集]