ヒュー・ジェームス・フォス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒュー・ジェームス・フォスHugh James Foss1848年6月25日 - 1932年3月21日)はイギリス人宣教師日本聖公会神戸教区初代主教日本聖公会聖ミカエル教会初代牧師松蔭女子学院創立者、日本語での聖歌集、祈祷書聖書作成の功労者でもある。

ケント州カンタベリー近郊の生まれ[1]ケンブリッジ大学卒。明治9年(1876年聖公会系の福音宣布協会の宣教師として来日して大正12年(1923年)の帰国までの47年間、大阪・神戸を中心に淡路播州方面の開拓伝道に努めた。また、聖バルナバ教会(聖ミカエル教会)や乾行義塾(聖ミカエル国際学校)も設立している。明治32年(1899年)に大阪地方部(大阪・神戸両教区)主教となった。

日本語が堪能であり、日本文化への造詣が深く、聖歌数編を作った。その他、編集・出版に『賛美之歌』『基督公会之歌』『聖公会賛美歌』『古今聖歌集』などがある。また、松山高吉との共訳『ヨハネ伝福音書』は名訳として有名。

脚注[編集]

  1. ^ 兵庫県大百科事典』によればウェールズ出身

参考文献[編集]

  • 『兵庫県大百科事典 下巻』 神戸新聞出版センター(編集・制作)、神戸新聞出版センター、1983年

関連項目[編集]