イギリス・バプテスト伝道会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イギリス・バプテスト伝道会社:Baptist Missonary Society、略称:BMS)は、イギリスバプテスト派の海外宣教の団体である。現在は、"BMS World Mission"である。

1792年ウィリアム・ケアリーによってパテキュラー・バプテスト独自の外国宣教の必要の訴えられて、海外宣教団体が組織される。これは、ロンドン宣教会に次ぐ大規模な組織になる。

1809年にビルマに、1812年にセイロン島に、1813年に東インドに、1845年に清国に、1878年に日本宣教師を派遣する。そのほか、中南米、アフリカなどに宣教師を派遣する。

日本へは1878年(明治11年)に、W・J・ホワイトを派遣した。アメリカ・バプテスト宣教連合と協力して伝道し、本所浸礼教会、1887年には栃木教会を設立した。

1890年に本部がアフリカ伝道に力を入れるために、日本宣教を打ち切る。日本教区はアメリカ・バプテスト宣教連合に委任される。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、2003年