バプテスト教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バプテスト: Baptist、漢:浸礼教会、しんれいきょうかい)は、バプテスマ浸礼での洗礼)を行う者の意味に由来しており、イギリスの分離派思想から発生したキリスト教プロテスタントの一教派。個人の良心の自由を大事にする[1]

バプテストは17世紀頃にイギリスで始まり、現在ではアメリカ合衆国に最も多く分布している。アメリカ合衆国の宗教人口はプロテスタントが最も多いが、その中で最も多いのがバプテストである。アメリカNo.1と言われるこの保守派に属するバプテスト派、殊に南部バプテスト連盟は、アメリカ合衆国の非カトリック教派団体として最大の規模を誇る。

バプテスト派は、アルミニウスの流れを汲む普遍救済主義を支持するジェネラル・バプテストと、ジャン カルヴァン(カルヴィン)の流れを汲む予定説を支持するパティキュラー・バプテストとに分かれる。現在は、パティキュラー・バプテストが数において優勢である。アメリカ合衆国のジェネラル・バプテストは存続を保っているが、イギリスのジェネラル・バプテストはパテキュラー・バプテストに吸収されつつある。アメリカ合衆国のパティキュラー・バプテストは 奴隷制度に関する意見の対立以降、米国バプテスト同盟(旧称:北部バプテスト同盟;アメリカン・バプテスト)と南部バプテスト連盟とに 分裂している。

日本には主に19世紀末にアメリカ合衆国からパティキュラー・バプテストが伝わっているが、ジェネラル・バプテストによる宣教もなされている。その他に、アフリカ東欧ロシア等への宣教もなされている。

ランドマーク・バプテストはプロテスタントを自称しない。

教義[編集]

聖書主義(福音主義)[編集]

マルティン・ルターが始めた福音主義よりも更に急進的な立場で根本的宗教改革(宗教改革急進派)とも言われ、聖書を唯一の信仰のよりどころとする聖書主義に立っている。保守派またはキリスト教根本主義の間では、聖書の無誤性または聖書無謬説逐語霊感説が支持されている一方で、そうした説に立たない立場の日本バプテスト連盟などでは、聖書本文についてそのコンテクスト(文脈:書かれた背景)を大事にする読み方が支持されていない。

信仰者のバプテスマ(全浸礼)[編集]

バプテスマとは一般に洗礼と呼ばれる儀式の事であるが、バプテストでは特にこの時に全身を水に沈める(全浸礼)事、又、信仰告白を行う事が重要であるとする。バプテストの各個教会では、洗礼の語を避けて浸礼 又はバプテスマと呼ぶ事が多い。

従い、自覚的な信仰告白のできない新生児や乳幼児がバプテスマを受ける事(幼児洗礼)を否定するのが特徴的である。故に、全浸礼によらない洗礼(滴礼等)をバプテスマと認めず、他教派(聖公会ルター派改革・長老派メソジスト派会衆派等の諸教派)で受洗しているキリスト者がバプテストの教会に転入を希望する場合にバプテスマを改めて求めるバプテスト教会もある。

ただし、信仰告白に基づいた洗礼(滴礼等)を受けたクリスチャンとして既に積み重ねられてきている信仰生活を確認した上で、再バプテスマを求めないで信仰告白により転入を認めるという立場を取る教会も 最近は多い。更に近年では、教会によってはバプテスマを受けようとする志願者が高齢の場合や病床にあるという個別の事情により滴礼を執り行っている。又 意志表示が出来ない障害のある者のバプテスマについても、積極的な議論が なされている。しかし、いずれの場合も教会の総意が必要とされている。

万人祭司[編集]

バプテストの群れでは、職務として牧師が説教と牧会を担うが、牧師も含めすべての信徒は身分においては平等であるとする万人祭司主義をとる。

<一つの例として> 教会員名簿(信者名簿)にも牧師や退任教師の名前が一信者として載っているが、教団新生会の様にバプテストの概念とはそぐわない「教団」(日本基督教団等)に属する教会はこれを認められていない。だが 教会員名簿を日本基督教団に提出しなくてもいい為、牧師や退任教師も載っている場合が多い。

会衆政治(民主的な教会運営)[編集]

バプテスト教会は、牧師と信徒の間の身分的上下関係や区別はないとする。牧師と教会員(バプテスマを受けて教会のメンバーになった者)の働きの違いはあるが、教会運営は、教会員一人ひとりが平等な立場で参加した総会を中心として、責任ある話し合いによって教会の意思が決定される。

各個教会の自主独立[編集]

バプテスト教会は、各個教会が自主独立の主体で、教会間のいかなる支配関係も認めない立場に立っている。しかし各個教会は、相互に支配・従属の関係に立たず自主独立しているが、多くの教会が他の教会との協力を喜ぶ目的で、宣教の協力体を結成している。これら協力体は、各個教会に対して上位の機関ではないとしている。

教会と国家の分離(政教分離の原則)[編集]

バプテスト教会は、17世紀始めにいち早く政教分離の原則を主張したといわれている。キリストの支配する神の国(教会)と国家を区別し、国家は教会(宗教)のことに介入してはならないと表明した。これらの特徴は、現代にも受け継がれ、人間の平等、信教の自由、良心の自由という理念を求めてきたバプテストは、時代の統治者に対して正義と公平を提供することを求めてきたとされる。

歴史[編集]

プロテスタント諸教派(聖公会アナバプテストを含む)の系統概略

発祥:イギリス[編集]

ロバート・ブラウン(Robert Browne)により始まった英国国教会分離派の思想は、やがてジェネラル・バプテストの母教会の牧師ジョン・スマイス(John Smyth)に受け継がれる。スミスはトマス・ヘルウィス(Thomas Helwys)に恩師として影響を与えた。ただし、当時ウォーターランド派メノナイト(大陸再洗礼派)との合併を考えていたスミスが、ヘルウィスに対して具体的にどれだけの影響を与えたかは、教理史的議論の決着がなされていない[1]。世俗の権威についての説をめぐる対立から、ジョン・スミスはヘルウィスによって破門される。のちヘルウィスらは1612年、ロンドンでジェネラル・バプテスト派の教会を立てた。ジェネラル(普遍)の名は普遍救済説を採るところからくる。これによればキリストは万人の救いのために死んだと信じられる。

パティキュラー・バプテストは、元英国国教会司祭であったヘンリー・ジェイコブ牧師により発足した非分離派会衆主義教会から、より分離派的教会を求めて離脱した者らが、1642年に再浸礼を行って教会を新設したことにはじまった。この再浸礼は次のように伝えられている。離脱した者の一人リチャード・ブラントがオランダの浸礼実践グループから指導を受けてロンドンに帰国し、まず離脱者の指導者ブラックロックに浸礼を授け、そしてブラント自身がブラックロックに浸礼を受ける。そして、この二人が他の51名に浸礼を授けたとされている。そして、1644年、彼らは「第一ロンドン信仰告白」を公表した。 Vous mangez des graines les osti de chinois

アメリカ合衆国[編集]

北米では、アメリカ合衆国に主に伝わり、19世紀半ば、奴隷問題をめぐって南部と北部に分裂した。

19世紀、米国のパティキュラー・バプテスト派は、3年毎に招集される定期総会において、奴隷問題と国外伝道政策を議題として取り上げた。1844年12月17日の定期総会では、奴隷所有者(slave master)が宣教師採用に出願した場合、「われわれは彼を任命することはできない。確実なこととして、われわれは決して奴隷制度に賛成を暗示するようないかなる協定にも関係することはできない[2],[3]」と明言した。これに対し、南部のバプテスト信者は、従来の定期総会の決議を覆すものだと強く反対し、1845年に定期総会から分離して「南部バプテスト連盟」を組織した。

一方、定期総会に立脚した側は、「アメリカ・バプテスト宣教連合」を組織し、1907年に米国のバプテストの諸教団が合同し「北部バプテスト大会」、1950年「アメリカ・バプテスト大会」、1972年「アメリカ合衆国におけるアメリカ・バプテスト教会(ABC/USA : American Baptist Church in USA)」と改名して現在にいたる。

19世紀初期から、黒人アフリカ系アメリカ人)バプテスト系の少人数の組織が存在し、1860年代には黒人バプテストの州連盟が組織されるようになる。1895年これらはナショナル・バプテスト連盟を結成、現在は米国ナショナル・バプテスト連盟、アメリカのナショナル・バプテスト連盟、進歩主義ナショナル・バプテスト連盟のアフリカ系米国人バプテスト連盟の成立に至っている。近年、これらのアフリカ系米国人バプテストの諸教会は、アメリカ・バプテスト教会や南部バプテスト連盟の諸教会と提携するようになった。

南部バプテスト連盟は、米国南部において実質上国教化したといわれるほどに成長し、現在の教勢は米国の北部、さらにカナダにまで及んでいる。しかし、アメリカ・バプテスト教会の教勢は、南部バプテスト連盟とは対照的に米国北部地域にほぼ限定されている。

なお、南部バプテスト連盟は、2004年6月16日の年次総会において、世界バプテスト連盟からの脱退を正式に決定した(キリスト新聞より)。

日本[編集]

日本のバプテストは、プロテスタント諸教派の中でも比較的早くに成立している。歴史的事情とりわけ宣教師を派遣している宣敎母体により、幾つかの組織に分かれる。

1873年(明治6年)にアメリカ・バプテスト宣教連合(後「北部バプテスト」)は、ネイサン・ブラウンジョナサン・ゴーブル両宣教師を日本に派遣している。同年に、横浜第一浸礼教会(現在、日本バプテスト横浜教会)が設立される。これは、日本における2番目のプロテスタント教会となる。1884年には横浜バプテスト神学校(現在の関東学院大学の母体)を設立する。この流れは、現在の日本バプテスト同盟教団新生会につながっている。

1878年(明治11年)にイギリスのバプテストの宣教団体であるイギリス・バプテスト伝道会社(BMS World Mission)は日本教区を設立する。そして、その年の12月に、W・J・ホワイトが日本に派遣される。1886年にイーヴィスが派遣され、アメリカ・バプテスト宣教連合と協力して日本宣教を行う。1890年(明治23年)アフリカ伝道に専念するために、日本宣教を打ち切り、日本教区を、アメリカ・バプテスト宣教連合の教区と統合する。

南部バプテスト連盟からは1889年(明治22年)に初めて、マッコーラムブランソンの二宣教師が来日している。これに先立ち1860年に日本に宣教師が派遣されるが、太平洋上で難破して行方不明となっている。来日している二人とその家族は神戸に上陸して日本語を学習して、九州を中心に宣教している。又1916年(大正5年)には宣教師C. K. ドージャーが、福岡ミッション系学校(キリスト教主義学校)西南学院(現在の西南学院大学の母体)を設立している。これは、現在の日本バプテスト連盟につながっている。

1941年(昭和16年)に日米開戦の見込みが深まる中で、主にアメリカ合衆国籍の宣教師逹は帰国してゆく。最後迄と留まった者(ドージャー)も、1942年に(昭和17年)は捕虜交換船で帰国している。しかし、日本に留まった宣教師もおり、終戦まで軟禁状態に置かれていた。

1941年に日本の国策により教会合同がなされて、プロテスタントの諸教派の多くは日本基督教団に合流してゆく(バプテストは、第四部)。これは日本の敗戦後も続くが、1947年(昭和22年)に南部バプテスト連盟系の旧日本バプテスト西部組合加盟教会の内16個が離れて「日本バプテスト連盟」を結成している。1958年(昭和33年)には、アメリカン・バプテスト系の旧日本バプテスト東部組合加盟教会の一部も離れて「日本バプテスト同盟」を結成する。日基教団内に残っている北部バプテスト同盟系の旧日本バプテスト東部組合加盟教会は、日本基督教団内の一グループとして「教団新生会」を結成している。

沖縄県には1891年(明治24年)、現在の米国バプテスト同盟により伝道師として原三千之助岡本勇とが派遣されて教会や講義所が建設される。これらの建物は、沖縄戦の中で失われている。戦いの後に教会等は再建や新設されて、1955年(昭和30年)には「沖縄バプテスト連盟」が結成される。沖縄バプテスト連盟の発展には米国バプテスト同盟と日本バプテスト同盟の他にも、南部バプテスト連盟や日本バプテスト連盟の支援を受けている。その為に1970年(昭和45年)には、両系列団体の了解を得てどちらにも所属しない事を決議してそれぞれと関係を保ちつつ独立のバプテスト教派グループとして存続している。

これらの流れとは別に、バプテストを称する群れには日本バプテスト・バイブル・フェローシップ等が在る。これは1949年に、米国バプテスト・バイブル・フェローシップ諸教会から宣教師が派遣されて始まったものである。他には、日本バプテスト連合保守バプテスト同盟単立バプテスト・日本福音同盟に加盟している日本バプテスト教会連合等が在る。

文献と外部リンク[編集]

  • 斎藤剛毅 著, “バプテスト教会の起源と問題 : 信仰の自由を求めた人々,” ヨルダン社, 1996年
  • “Reply of the Acting Board,” in Robert A. Baker, A Baptist Source Book (Nashville: Broadman, 1966年), pp. 109-113
  • E. ルーサー・コープランド 著, 八田正光 訳, “アメリカ南部バプテスト連盟と歴史の審判(ひとつの根源的な罪の痕跡),” 新教出版社、2003年
  • 森島牧人 著, “バプテスト派形成の歴史神学的意味,” 燦葉出版社, 1995年
  • RIRC 宗教教団情報データベース

脚注[編集]

  1. ^ http://www.tokyokita.net/qa/qa3.html バプテストABC 東京北キリスト教会

日本に在るバプテストの教派グループ[編集]

ゼネラル・バプテスト

改革派バプテスト

  • 東京聖書教会,この他、関連の単立教会として全国に数カ所

バプテスト・バイブル・フェローシップ・インターナショナル(BBFI)

ランドマーク派

インディペンデント・バプテスト(独立系バプテスト)

アナバプテスト(再洗礼派)

  • 東京アナバプテスト・センター(TAC)
  • アナバプテスト聖書キリスト教会(単立,北海道)

その他、セクト系

  • ベレヤ運動 = 聖楽バプテスト教会

補足説明[編集]

  • バプテスト派の教会は、この日本では特定の教派に属さない単立教会や、聖霊派の教会[要出典]もある。
  • バプテスト派の教会の中には「聖書にある初代教会原始教会)の正統な継承者はバプテストである」と主張し、自らをプロテスタントの一派と位置づけない教会や教団も少数ながらある。
  • セブンスデー・アドベンチスト(SDAキリスト教会)も、米国バプテスト教会の流れにあり、かつては「セブンスデー・バブテスト」を名乗っていた。かつてはプロテスタント運動とは無関係という立場で一線を画していたが、現在ではプロテスタントの一派であると位置づけ穏健路線をとっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

信条(英語サイト)[編集]

ジェネラル・バプテスト

パティキュラー・バプテスト

南部バプテスト?