ディサイプルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディサイプルス(Disciples of Christ)は、アメリカ合衆国で起きた第二次大覚醒の影響のもとで生まれたプロテスタントの団体。ディサイプルス派とも言われる。日本では戦前、基督教会と呼ばれていた。

歴史[編集]

19世紀初頭、スコットランド北アイルランド人で長老派教会の牧師、トマス・キャンベルが1807年にアメリカのケンタッキー州に移住したことから、ディサイプルスの運動・歴史は始まる。 運動のきっかけは、彼の母国北アイルランドの長老派教会が、他教派の会員に聖餐式を施すことを禁止する規則を作り、アメリカの教会においても規則に従うよう、求めてきたことによるものであった。

トマス・キャンベルはその規則を拒否し、1809年の著書『ワシントン・クリスチャン協会の宣言および提言』で「教会は聖書に帰らなければならない。イエス・キリストの教会は一つである」と主張した。

こうしてトマスは、カルヴァン主義への疑問もあることから、息子のアレグザンダー・キャンベルと一緒に1811年、長老派教会を離れ、バプテスト教会浸礼の点で共通点を見出して、1813年にバプテスト教会に加わることとなった。 しかしトマスとアレグザンダーは、やがてバプテスト教会とも意見の相違により分離し、アレグザンダーを指導者、トマスを補佐役として、1827年にディサイプルス教会が誕生した。

さらに同じ頃ケンタッキー州で、カルヴァン主義予定説ウェストミンスター信仰告白に疑問を抱いていたバートン・ストーンが長老派教会から分離して、クリスチャン・チャーチを形成した。 そしてこのクリスチャン・チャーチが、アレグザンダーのディサイプルス教会と、1832年に合同することとなる。この合同によりバートンとキャンベル親子の運動は大きく躍進し、「聖書復帰運動」(バートン・キャンベル運動)と呼ばれる運動へと昇華されることとなり、バプテスト、メソジストと並びアメリカ中西部で勢力を拡大した。

ディサイプルスは、創立当初から道徳的に荒廃した中西部で伝道を開始しており、1849年にアメリカ・キリスト教伝道協会の組織化により、アパラチア山脈を越えて西部開拓民の伝道にも力を尽くしたが、19世紀末から20世紀始めにかけての自由主義神学論争の影響により、1900年初頭、ディサイプル派とチャーチ・オブ・クライスト派(礼拝に一切の楽器を使用しない無楽器派)とに分裂した。なお、ディサイプルス派はこの後さらに、エキュメニカル派の「ディサイプルス派」とファンダメンタリストの「クリスチャン・チャーチ」とに分離することとなった。

ディサイプルスは現在、アメリカにおいて、バプテスト派やメソジスト派と共に大きな勢力を保っており、アメリカ合衆国大統領も三人輩出している。アメリカには約130万人、全世界では200万人の信徒がいるとされる。

日本宣教[編集]

1888年10月、宣教師ジョージ・T・スミス夫妻、チャールズ・E・ガースト夫妻を最初の宣教師として日本に派遣し、秋田県を中心に伝道活動を開始。日本では、ディサイプルス派の教会は基督教会と呼ばれていた。なお、スミス夫人が日本で亡くなったことを記念して、1892年、日本基督教団秋田教会の会堂が建てられている。 その後、宣教は東京にも広がり、聖学院などの教育伝道も行われた。 しかし1941年、日本基督教団に加わることとなり、基督教会は消滅することとなった。

また、1900年初頭にアメリカで結成されたチャーチ・オブ・クライストも日本へ宣教師を派遣し、静岡茨城で伝道を行い、茨城キリスト教大学を設立した。

特徴[編集]

  • 聖書のみを信仰のよりどころにする。
  • キリストの再臨の強調
  • 人為的な形式、組織の拒否
  • 会衆主義
  • 浸礼による洗礼式
  • 毎週聖餐式を行う。

参考文献[編集]