会衆派教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

会衆派教会(かいしゅうはきょうかい/Congregational Church)は、キリスト教プロテスタントの一教派で、他に会衆派、組合派、組合教会とも。各個教会の教会政治において、会衆制とよばれる教会員の直接民主制に近い制度を採ることが特徴で、各個教会の独立自治を極めて重視する。

プロテスタント諸教派(聖公会アナバプテストを含む)の系統概略

概要[編集]

会衆派(Congregational)の語源は、ラテン語の「congregationes(共に集まれるもの)」にある。この言葉には、イエス・キリストの名において集まる群れの中には、信仰において生きたイエス・キリストがともにいて、群れに集う一人一人の思想行動を導き、それぞれの群れ=各個教会を政治的に独立させるという意味がある。それゆえに、会衆派教会の特色は、イエス・キリストへの信仰に生きる会衆一同による会衆制と、各個教会こそが教会の基本的・本質的要素を担っているという確信による各個教会の独立自治とに体現される。

各個教会は、イエス・キリストへの信仰において、それぞれの教会と契約関係(covenanted)で集まっている人々から成り立っている。各個教会はいかなる信仰的・世俗的権威からも自由に、ただの感化によって信仰と生活との規範を定め、実践するものであるとされる。それこそが初代教会が実践し、新約聖書に証されている教会制度であるという会衆派教会の自己理解によるものである。また、宗教改革の流れに属するものの、いかなる教会的・教理的信条にも拘束されない自由を尊重する。

イギリスにおける成立[編集]

会衆派教会の歴史的起源はイギリス宗教改革にある。

16世紀初頭、ドイツでマルティン・ルターによる宗教改革が行なわれ、その影響を受けてイギリスでも宗教改革が起こった。なかでも、英国国教会司祭ロバート・ブラウン(Robert Browne)らによる分離派改革運動は、のちの会衆派教会へとつながる流れとなる。ブラウンらは、エリザベス1世治下の英国国教会を、宗教改革を徹底していないとして批判し、真の教会は自覚的に悔い改めてキリスト者の生活をなす人により構成されること、また教会は王権ではなく教会自身の手のみによって改革されなければならず、国家から独立していなければならないことを主張した(分離派)。分離派は国家に弾圧されて抵抗し、一部の人々は信仰の自由を求めて1620年にアメリカ大陸に渡った。彼らがピルグリム・ファーザーズと呼ばれる人々である。

また、イギリスに残った分離派は独立派と呼ばれ、1642年-1649年ピューリタン革命で、オリバー・クロムウェルを指導者として中心的な役割を果たすことになった。なお、イギリスにおける宗教改革期にピューリタンと呼ばれたのは、分離派(後の独立派、現在の会衆派)、長老派バプテストクエーカーなどの人々である。

オランダにおける展開[編集]

ジョン・ロビンソン(1576-1625)を指導者としたグループはオランダに逃れ、さらに1620年メイフラワー号でアメリカに渡った。

アメリカにおける展開[編集]

ピルグリム・ファーザーズの人々が育てた、アメリカにおける会衆派教会は、ニューイングランドの支配的な教会となり、アメリカの政治、社会思想や制度組織に大きな影響を与えた。会衆派の人々の政治・社会生活のスタイルはピューリタン神権政治とも呼ばれ、神学教育だけでなく一般教育にも関心が深く、ハーバード大学イェール大学スミス大学アマースト大学同志社の創立者、新島襄の学んだ大学)、オーバリン大学など多くの大学を設立した。

神学的には、スイスの宗教改革者であったカルヴァンの影響が強かったが、直接民主的な会衆制をとるためにリベラルな傾向を持ち、人道主義的な思想や運動と結びつきやすいものとなった。いち早く奴隷制度に反対し、南北戦争の後、南部に黒人のための大学を設立し、現在でも、人権問題に積極的に取り組んでいる。外国伝道にも熱心で、北米最初の超教派的な外国伝道団体、アメリカン・ボードを設立している。


日本における歩み[編集]

日本における会衆派教会の歩みは、同志社の創立者である新島襄による伝道活動に始まる。彼は幕末に函館より鎖国していた日本を脱国(密出国)し、アメリカで学んで1874年に帰国した時にはアメリカン・ボードの伝道者でもあった。翌年(1875年)、新島は京都の地で同志社を設立するが、並行して伝道活動も行ない、京都を中心に独立自治の会衆派教会を設立していった(当時は「教会」と呼ばず「公会」と称した)。その後、神戸を基盤に活動していたアメリカン・ボードの外国人伝道師や、その他の会衆派系の伝道師によって設立された各地の教会は、ゆるやかな伝道協力組織として「日本基督教伝道会社」を設立(1878年)、のちに教派の組織として31教会が「日本組合基督教会」(1886年)を設立した。

約55年間日本のプロテスタントの三大教派であった、日本組合基督教会の諸教会は、1941年の政府の要請によるプロテスタント諸教派の合同により日本基督教団(現在は公式に日本キリスト教団とも通称する)に合流し、現在に至っている。

会衆派教会のいま[編集]

会衆派教会は、各個教会の独立自治が強く、もともと教派的な団結はあまり強くない。各国にあった教派としての組織も、20世紀に入ってからのプロテスタント諸教派との合同によって独自のものは少なくなり、各国の合同教会の中で、会衆派の流れをくむ各個教会間の伝道協力のネットワークとして残っているのが現状である(たとえば、日本における「全国同信伝道会」など)。しかし、各国の合同教会の中で社会的な活動に熱心なのは、会衆派教会の流れを汲む教会であり、その点で会衆派教会の特徴を今でも際立たせている。

外部リンク[編集]