キリスト連合教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キリスト連合教会英語: United Church of Christ)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランドに本部を置く会衆派プロテスタントの教会である。現在はおおよそ100万人の教会員がいて、5千を超える集会所がある。

歴史[編集]

1957年、福音改革派教会と会衆派キリスト教会が合併して成立した。アメリカ国内では、コネティカット州メーン州ヴァーモント州といったニュー・イングランドに信徒が多い。

信条[編集]

カルヴァン派、若しくは長老派の流れを汲むが、ルター派からの影響もある。「ヨハネによる福音書」の第17章21節にある「全ての人を一つに」を教会のモットーとし、使徒信条ニカイア信条ハイデルベルク信仰問答小教理問答、などを信条としている。

政治的には完全にリベラルの立場に立ち、LGBTの人権擁護、男女平等、人工妊娠中絶の容認の方針を打ち出している。また、イスラエルによるパレスチナ占領を非難している。これらの方針は保守派からは激しい反発を招いている。

著名な教会員[編集]