会衆制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

会衆制(かいしゅうせい)とは、キリスト教教会において、会衆一同の総意により教会政治を行なう制度。宗教改革において重視された万人祭司の発想を、現実の教会運営においても実践しようとしたものである。政治でいうと直接民主制に相当する。

各個教会では、キリストによって牧会と宣教とを委任された会衆一同によって総会が組織され、総会が各個教会の教会政治に関する、すべての最終的な決定権を持っている。そのため、役員会(執事会)は、あくまでも総会の上にあるわけではなく、総会から委託された機関なので、勿論役員会の議決であろうとも総会で覆ることはある。牧師などの教職の招聘、教会役員(執事)などの選任などの事項も、総会での議決によって決定される。牧師や執事は、あくまでもその仕事をする一信徒であるという考えに基いている。 古くは、牧師按手をも、会衆一同により選出されたという信仰的権限をもって、教会役員(執事)の手で執り行われることがあった。

このような制度故に、組合制とも称される。 この制度を採る教派には、会衆派教会バプテスト教会など各個教会の独立と自治を重視するものが多い。

他の教会政治はカトリック教会聖公会正教会などの監督制改革派教会長老派教会長老制

関連項目[編集]


執筆の途中です この項目「会衆制」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。