会衆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

会衆とは、仏教およびキリスト教の用語のひとつ。互いに異なる意味で用いられており、読みも異なる。

仏教[編集]

会衆(えしゅ)とは、法会(ほうえ)に集う人々のことを指す仏教用語。法会とは、仏事や死者の供養などのための集会のことである。

キリスト教[編集]

会衆(かいしゅう)とは、キリスト教会の者らのことを指す。特にキリスト教の教団の中で、会衆制という教会政治制度を認める教派の用語では、特定の目的または活動のために集められた信徒集団のこという。また教会の別称。

ほとんどの聖書の中では、信徒集団をあらわすのに「教会」という語を用いる。しかし、多くの人々は教会を礼拝を行う人々というよりも、礼拝を行うための建造物とみなすので、会衆制を採る教派においては、かつては「教会」という訳語を適切なものと認めず、用いない時期もあった。

関連項目[編集]