山本覚馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山本覚馬
Kakuma Yamamoto (1828-1892).jpg
山本覚馬
生年月日 1828年2月25日
出生地 Japanese crest Aizu Aoi.svg 会津藩陸奥国会津郡若松
没年月日 1892年12月28日(満64歳没)
死没地 日本の旗 日本京都府京都市
出身校 日新館
前職 会津藩
現職 京都商工会議所会長
同志社臨時総長
称号 従五位
親族 横井時雄(娘婿)
配偶者 山本時栄

選挙区 上京区
当選回数 1回
任期 1879年 - 1880年

日本の旗 京都府議会初代議長
任期 1879年 - 1880年
テンプレートを表示

山本 覚馬(山本 覺馬、やまもと かくま、文政11年1月11日1828年2月25日) - 明治25年(1892年12月28日)は、江戸時代末期の会津藩士、砲術家。明治維新後は地方官・政治家として初期の京都府政を指導した。また、同志社英学校(現同志社大学)の創立者・新島襄の協力者として、現在の同志社大学今出川校地の敷地を譲った人物としても知られている。相応斎[1]

生涯[編集]

武人の時代[編集]

会津藩士で砲術指南役の山本権八の長男として[1]鶴ヶ城近くの武家屋敷に生まれる。山本家の遠祖は甲州流軍学の祖とされる山本勘助で、代々兵学をもって藩に仕えた。母は佐久[1]。幼名を義衛と称し、を良晴といった[1]

4歳で唐詩選五言絶句を暗唱、藩校日新館に学んで頭角を現す。22歳で江戸に出て武田斐三郎勝海舟らと佐久間象山の塾に入る。弓馬槍刀の師伝を得、藩主より賞を受けたのが23歳頃のことである。25歳で再び江戸に出て、大木衷城蘭書を学んだほか、江川太郎左衛門に師事して洋式砲術の研究を深めた[2]。28歳でいったん会津に戻り日新館教授となり、蘭学所を開設して教授になるが[2]、守旧派批判により1年間の禁足処分になる。しかし初志を貫き、軍制改革を訴えて、軍事取調役兼大砲頭取に抜擢される[1]文久2年(1862年)、京都守護職に就任した藩主・松平容保に従いに上り、黒谷本陣で西洋式軍隊の調練に当たるとともに、洋学所を主宰し、在京の諸藩士に洋学の講義を行った[1]

元治元年(1864年)、砲兵隊を率いて参戦した禁門の変において勲功を挙げ、公用人に任ぜられる。これにより覚馬は、幕府や諸藩の名士等と交わる機会が増え、活動範囲を広げるが、不幸にも眼病を患い、ほとんど失明同然の状態になる。失明については、禁門の変での破片による損傷、また持病の白内障の悪化等が原因とされている。失明という障害を負いながらも、暗殺された象山の遺児の世話を勝から頼まれて引き受けたほか、西周を紹介され、西洋事情の見聞を広めたのもこの頃である[1]。のちに覚馬は西の主著『百一新論』を出版した。

慶応2年(1866年)12月頃、会津藩士の中沢帯刀とともに長崎へ行き、ドイツの商人カール・レーマン鉄砲の購入交渉を行う[3]。そして翌慶応3年(1867年)卯3月には、紀州藩のためにシュンドナールドゲベール銃を3000挺、4月には会津藩・桑名藩のためにシュンドナールドゲベール銃1300挺を購入するという約定を取り交わした(この銃は鳥羽・伏見の戦いには納入が間に合わず、後に紀州藩が引き受け、実験的藩政改革の後に明治新政府に押収されることとなるが、西南戦争で活用されることとなった)[4]。さらに同じ頃、兵庫でレーマンと会津藩家老・田中土佐との会見を斡旋した[5]。この際レーマンの援助で、兵庫に造船所と武器工場を建設する計画も持ち上がったという[5]。また、長崎滞在中、覚馬は西洋式の近代病院「精得館」で、オランダ人医師アントニウス・ボードウィンから眼の診察を受けている[6]。一方で、赤松小三郎を介して、小松清廉西郷隆盛ら薩摩藩と幕府の協調も模索していたが、赤松は暗殺されてしまった。[7]

慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦い(この戦いで弟の三郎が戦死)に際しては京に残り、薩摩藩に捕われて同藩邸に収容されたが[2]、同藩首脳部はその人物の優秀さを知っており、決して粗末に扱わなかった。この幽閉中に建白書『管見』を口述筆記し藩主に上程[8]、これを読んだ小松清廉西郷隆盛らはますます敬服、一層待遇を良くしたという。明治元年(1868年)、仙台藩邸の病院に移され[2]、ここで岩倉具視の訪問を受け、翌年釈放された[2]

治政の時代[編集]

自由の身となった覚馬は明治3年(1870年)、京都府大参事・河田佐久馬の推挽により京都府庁に出仕した。当時、権大参事として府政の実権を握っていた槇村正直(のち京都府令・知事)の顧問として府治を指導する[2]。槇村の下で、小中学校・女学校・病院・医学校などの設立に力を尽くした他、大阪と北陸を結ぶ京都鉄道の敷設願書を当局に提出するなど、開明的諸政策を推進、有能な人材に支えられ、京都の近代化に大きく寄与した[2][8]。また家では講筵を開いて政治学・経済学を講義した(この時の聴講生として、のちの滋賀県東京府知事の松田道之大阪府知事の藤村紫朗がいる)。明治5年(1872年)、日本で最初の「内国勧業博覧会」を開催、これも日本で最初の英文案内記を著す。また、この頃脊髄を損傷し、体の自由も利かなくなる[8]

信仰の時代[編集]

明治8年(1875年)春、当時大阪で伝道中のアメリカの会衆派の宣教団体アメリカン・ボードの宣教医M・L・ゴルドンから贈られた『天道溯原』を読んで大いに共鳴[8]キリスト教こそが真に日本人の心を磨き、進歩を促進する力となり得ると感じた。その頃、新島襄(のちに覚馬の妹・八重と結婚する)と知り合い、彼の学校設立計画を知り、協力を約束した[8]。覚馬は維新後に購入していた旧薩摩藩邸の敷地(6000坪)を学校用地として新島に譲渡、次いで新島との連名で「私学開業願」を文部省に出願、これが認可された[8]。この校地は、やがて設立された同志社英学校からその後身である同志社大学に継承され、現在の今出川キャンパスとなっている(なお、「同志社」は覚馬の命名といわれる)。

明治10年(1877年)、府顧問を解かれ、2年後の第1回京都府会選挙では上京区で51票を獲得して選出され、最初の府会議員の一人となり、初代議長にもなった[2]。しかし府会の議決を経ずに、地租の追徴課税を強行する府知事の槇村と対立、最終的に槇村は一旦、追徴課税を撤回したうえで、府会に追徴課税の議案を提出して可決に至ったが、覚馬は議長、議員共に辞職、槇村も程なく京都府知事を辞して元老院議官に転じた。覚馬は、この後、同志社を軸に活動した。明治18年(1885年)、京都商工会議所会長に就任[2]、この年に妻の時栄とともに受洗した。明治23年(1890年)、新島が他界する。覚馬は同志社臨時総長として、同志社の発展に尽力する[8]。覚馬が臨時総長の時期に、ハリス理化学校同志社政法学校が設置されている。明治25年(1892年)64歳で没。従五位追贈。墓は若王子山上の同志社墓地にある[8]

管見[編集]

管見』(かんけん)は、慶応4年(1868年)6月、覚馬が新政府に宛てて出した(御役所宛てとなっている)、政治、経済、教育等22項目にわたり将来の日本のあるべき姿を論じた建白書である。自分の見解(管見)と謙称している。

思想家・横井小楠が富国・強兵・士道(経済、国防、道徳)の確立を唱えた「国是三論」に酷似しているが、さらに発展させている。三権分立の「政体」に始まり、大院・小院の二院制の「議事院」、「学校」、「変制」、封建制から郡県制への移行や世襲制の廃止、税制改革まで唱えた「国体」、「建国術」、「製鉄法」、「貨幣」、「衣食」、女子教育を勧めた「女学」、遺産の平均分与の「平均法」、「醸造法」、「条約」、「軍艦国体」、「港制」、「救民」、「髪制」、寺の学校への開放を唱えた「変仏法」、「商律」、「時法」、太陽暦の採用を勧めた「暦法」、西洋医の登用を訴えた「官医」と内容は多岐にわたり、将来を見据え優れた先見性に富んでおり、明治新政府の政策の骨格とも繋がる。

家族・子孫[編集]

両親は3男3女を儲けるが、1男2女を幼児期に失う。覚馬は29歳頃、会津で樋口うらと結婚、長女は夭折、次女・みねが文久2年(1862年)に誕生する。この頃に上洛した。慶応元年(1865年)、妹の八重川崎尚之助(蘭学所教授として覚馬が招聘した但馬出石藩医の子、洋学者)が結婚する。弟の三郎は鳥羽・伏見の戦いで戦死し、残る家族は会津戦争鶴ヶ城に篭城するも、父・権八は城外で討死、尚之助と離別した八重は「裁縫より鉄砲」と果敢に闘うが、孤立した会津藩は降伏し、「あすの夜はいづくの誰かながむらむ馴れにしみ空に残す月影」と城内の壁に簪で刻書した。

覚馬は京都にて、新門辰五郎の100坪の居宅を36円で買取り居住していた(当時覚馬の月給は45円)。明治3年(1870年)、三女の久栄が誕生する。翌年、母・佐久(のち同志社女学校舎監を務める)、八重、みねが上洛して同居する。うらは離縁を求めて会津に残った。その年、身辺世話に当たっていた小田時栄を妻に迎え、入籍する。八重は英語を学ぶなど先取の精神に富み、明治9年(1876年)に受洗し、新島との結婚後は洋装、洋髪、クリスチャンレデイーと呼ばれた。同じ年、佐久、みねも受洗した。明治14年(1881年)、みねが横井時雄横井小楠の長男、同志社第3代総長)と結婚する。時雄は母方を通じて徳冨蘆花(本名健次郎)と従兄弟同士であり、小説『黒い眼と茶色の目』は久栄との恋愛の葛藤を描いている[9]

翌年、長男・平馬を生んだみねが24歳で死去、平馬を山本家の養嗣子とする。その年、久栄と蘆花の婚約が破談となる。明治23年(1890年)、新島が大磯で他界、覚馬も2年後に自宅で死去する。明治26年(1893年)、久栄23歳で病没、覚馬の母である佐久は明治29年(1896年)に85歳で永眠(87歳死亡説あり)、家族の中で佐久が一番長生きであった(八重は昭和7年(1932年)、86歳で他界)。

平馬は役者のような容貌の持ち主であったと伝えられるが[要出典]、詳しい生涯は不明[10]。昭和19年(1944年)に死去[10]。平馬の子は格太郎で、幼時に山口家の養子となる。京都市役所に勤務し、各地の消防署長をつとめた[10]

覚馬は世間の浮華なことを忌み嫌い、「分限相応」が一番大切と説いた。

参考文献[編集]

  • 青山霞村・田村敬男編『山本覚馬伝』宮帯出版社、2013年(1976年刊・新装復刻版)
  • 青山霞村『伝記・山本覚馬』大空社、1996年(1928年刊・復刻版)
  • 波村雪穂『盲目の管見』彩図社〈ぶんりき文庫〉、2005年
  • 宮崎十三八安岡昭男編『幕末維新人名事典』新人物往来社、1994年
  • 吉村康『心眼の人山本覚馬』恒文社、1986年
  • 鈴木由紀子『闇はわれを阻まず』小学館、1998年
  • 『日本人名大事典(新撰大人名辞典)』6巻、平凡社、1979年(1938年刊・復刻版)
  • 『日本近現代人名辞典』吉川弘文館、2001年
  • 荒木康彦『近代日独交渉史研究序説 ― 最初のドイツ大学日本人学生馬島済治とカール・レーマン』雄松堂書店、2005年
  • 安藤優一郎『山本覚馬 知られざる幕末維新の先覚者』PHP研究所、2013年
  • 好川之範『八重とその時代 幕末と明治を生きた人々』歴史春秋出版、2013年

関連作品[編集]

小説[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『日本近現代人名辞典』、1113頁
  2. ^ a b c d e f g h i 『日本人名大事典』、397頁
  3. ^ 荒木、118p.
  4. ^ 荒木、85p.
  5. ^ a b 荒木、107 - 108p.
  6. ^ 安藤、276p.
  7. ^ 「さつま人国誌 会津藩士・山本覚馬と薩摩藩(下)」『南日本新聞』2013年5月20日、http://373news.com/_bunka/jikokushi/kiji.php?storyid=3688.
  8. ^ a b c d e f g h 『日本近現代人名辞典』、1114頁
  9. ^ 蘆花の小説によれば久栄の母は時恵。
  10. ^ a b c 『八重とその時代 幕末と明治を生きた人々』