白虎隊 (2007年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

白虎隊』(びゃっこたい)は、東映テレビ朝日が共同製作し、2007年1月6日7日テレビ朝日系で放送された新春スペシャルドラマである。山下智久主演。視聴率は、第一夜17.4%・第二夜17.1%であった。

あらすじ[編集]

詳細については白虎隊を参照のこと。

1868年戊辰戦争における、白虎隊士として戦う10代の若者たちの悲劇的な運命を描いている。

物語は、現代の世に生きる白虎隊士の子孫であるチャラ男な若者が、訪れた「白虎隊記念館」で自身によく似た肖像画と出会うところから幕を開ける。

概要[編集]

白虎隊視点で作られたため、幕末から会津戦争に至る経緯が簡単に描かれた。とりわけ本来会津藩の京都にての重要な関係である新撰組を登場させなかったために、八月十八日の政変など京都での活動は簡潔であった。

白虎隊士中二番隊の最後を見届けていない酒井峰冶を主人公にしたため、自刃者で唯一の生存者飯沼貞吉が脇役になっている。

なお、会津降伏の直前に灯篭流しをするシーンがあるが、実際は会津地方には灯篭流しの文化はなく、脚本家の創作である。

2011年8月6日、福島県の東日本大震災復興支援の一環として前・後篇を特別編集し12時00分~16時55分に再度放送された。

スタッフ[編集]

出演[編集]

隊士とその子孫を演じた主役の山下智久等、子孫との1人2役のキャスティングもある。

エンディングテーマ[編集]

外部リンク[編集]