佐久間象山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐久間 象山
Shozan Sakuma.jpg
時代 江戸時代後期
生誕 文化8年2月28日1811年3月22日
死没 元治元年7月11日1864年8月12日
改名 国忠→啓
別名 受領名:修理
:象山、子迪、子明
墓所 蓮乗寺
官位 正四位
主君 真田幸貫
信濃国松代藩
氏族 佐久間氏
父母 父:佐久間一学、母:まん(農民出身)
正室:勝順子勝海舟の実妹)
三浦啓之助

佐久間 象山(さくま しょうざん、-ぞうざん)は、江戸時代後期の松代藩士兵学者朱子学者思想家松代三山の一人。通称修理(しゅり)、国忠(くにただ)、のちに(ひらき)、子迪(してき)、後に子明(しめい)と称した。位階正四位象山神社祭神。象山神社の隣が生家で、長野県の史跡に指定されている。

象山のは近隣の黄檗宗象山恵明禅寺に因んだとされる。その呼称については、一般に「しょうざん」、地元では「ぞうざん」と呼ばれており、弘化2年(1845年)に象山自身が松代本誓寺への奉納文書に「後の人我が名を呼ぶなばまさに知るべし」として、反切法を用いて「しょうざん」と呼ぶように書き残している。象山は松代藩の下級武士の出であり、若年期に経学数学を学んだ。とりわけ象山は数学に興味を示し、熱心に学んだ。若年期に数学の素養を深く身に着けたことは、この後の彼の洋学吸収に大きく益した。

家系[編集]

真武内伝』を著した竹内軌定によると佐久間家の祖は戦国時代の北信濃葛尾城主で武田信玄を2度にわたって破った名将として名高い村上義清に8,000石で仕えた佐久間大学という。大学の孫である与左衛門国政の時に松代藩の連枝(分家)である上野沼田藩3万石の藩主である真田信政の下で馬役を務めて250石を食んだ。その後、信政が真田信之の世継として松代藩を継いだため、国政も松代に移ったが間もなく家は絶えた。しかし岩間二郎左衛門清村の次男である岩間三左衛門国品が名跡を継いで佐久間と称して真田信弘に仕えて100石を食んだ[1]。 この国品が佐久間家中興の祖とされている。

しかし佐久間象山が自ら著した『佐久間氏略譜』によると家系は桓武平氏であり、桓武天皇の曾孫である高望王の末裔に佐久間家村という者がいた(安房佐久間荘に居住したことから佐久間を姓にしたという)。家村から14代目の孫が佐久間盛次であり、その盛次の長男が尾張国戦国大名として有名な織田信長に仕えた盛政である。盛次の4男で盛政の実弟である勝之は信濃長沼藩で1万3,000石を領したが罪を得て改易された。この勝之の家臣に岩間又兵衛清重という400石取りがいて勇気も才能もあったので勝之の兄である安政の娘婿になった。しかし清重には男子が無かったため、鶴田清右衛門の子の与作を養子に迎え、その孫が前述した佐久間国品にあたるという[2]。 だが国品に男子が無かったため、林覚左衛門の子の幾弥を婿養子に迎えた。だが、その子の岩之進が夭折したため佐久間家は改易された。しかし松代藩は国品の長年の功績を評価して国品の甥である村上彦九郎の息子である彦兵衛国正を養子にして家名を再興させ5人扶持とした(のちに5両5人扶持)。しかし国正にも子が無く、松代藩士であった長谷川千助善員の次男である佐久間一学国善を養子にして家督を継がせた。この国善が佐久間象山の実父である[3]

このように『真武内伝』と『佐久間氏略譜』では家系やその経歴が大いに異なりどちらを信ずべきかは不明である。佐久間家の菩提所を調査した大平喜間太は国品以前の墓所が一基もないことから国品以前の家系には多くの疑問があり信を置くに足らないとしている[4]

象山の父・国善の父である長谷川善員は斎藤仁左衛門の次男であり、この斎藤家は越後国上杉謙信に仕えて「越後の鍾馗」と謳われた斎藤朝信を祖としており、象山の書状によると国善は朝信から数えて6代の孫であり、象山は7代目の孫であると称している[5]

生涯[編集]

幼少期[編集]

文化8年(1811年)2月28日、信濃松代藩士・佐久間一学国善の長男として信濃埴科郡松代字浦町で生まれる[6]。 前述したように佐久間家は5両5人扶持という微禄であったが、父は藩主の側右筆を務め、卜伝流剣術の達人で藩からは重用されていた。母は松代城下の東寺尾村に住む足軽の荒井六兵衛の娘でまんといい、国善の妾に当たる。象山は父が50歳、母が31歳の時に生まれた男児であったが、養子続きの佐久間家では久しぶりの男児だったため国善は大変喜び、将来に大きな期待をかけるつもりで詩経の「東に啓明あり」から選んで幼名を啓之助と名づけたという[7]

門下生だった久保茂によると、象山は5尺7寸から8寸くらいの長身で筋骨逞しく肉付きも豊かで顔は長く額は広く、二重瞼で眼は少し窪く瞳は大きくて炯炯(けいけい)と輝き恰もの眼のようであったという[8]。 このため子供の頃はテテツポウ(松代における梟の方言)と渾名された。象山の烏帽子親は窪田岩右衛門馬陵恒久という郷里の大先輩で藩儒を務め、象山の才能を高く評価した人物である(ただし、象山の性格に驕慢な所があったのを憂い死ぬまで象山の行く末を心配したという)[9]。 14歳で藩儒の竹内錫命に入門して詩文を学び、16歳の時に佐藤一斎の門下生であった鎌原桐山に入門して経書を学んだ。また同じ16歳の時に藩士の町田源左衛門正喜に会田流の和算を学び、象山は数学を「詳証術」と称したという。また水練河野左盛から学んだ。この中で最も象山に影響を与えたのは鎌原桐山だったという。[10]

仕官~国元での活動[編集]

文政11年(1828年)、家督を継いだ[11]天保2年(1831年)3月に藩主の真田幸貫の世子である真田幸良の近習・教育係に抜擢された。だが高齢の父に対して孝養ができないとして5月に辞任している[12]。 しかし幸貫は象山の性格を癇が強いとしつつも才能は高く評価していた。20歳の時、象山は漢文100篇を作って桐山に提出すると、桐山ばかりか幸貫からも学業勉励であるとして評価されて銀3枚を下賜されている。

天保3年(1832年)4月11日、藩老に対して不遜な態度があったとして幸貫から閉門を命じられた。これは3月の武芸大会で象山が国善の門弟名簿を藩に提出した所、序列に誤りがあるとして改めるように注意を受けたにも関わらず、象山は絶対に誤りなしとして自説を曲げなかったため、長者に対して不遜であるとして幸貫の逆鱗に触れたものである[13]。 この閉門の間に国善の病が重くなったため、幸貫は8月17日付で象山を赦免した。国善はその5日後に死去している。

江戸出府と兵学家の地位確立[編集]

天保4年(1833年)11月に江戸に出て、当時の儒学の第一人者・佐藤一斎に詩文・朱子学を学び[14]山田方谷と共に「二傑」と称されるに至る。ただ、当時の象山は、西洋に対する認識は芽生えつつあったものの、基本的には「伝統的な知識人」であった。天保10年(1839年)には江戸で私塾「象山書院」を開いているが、ここで象山が教えていたのは儒学だった。

ところが天保13年(1842年)、象山が仕える松代藩主・真田幸貫が老中兼任で海防掛に任ぜられて以降、状況が一変する。幸貫から洋学研究の担当者として白羽の矢を立てられ、象山は江川英龍の下で、兵学を学ぶことになる。

温厚で思慮深いという評判の江川は象山のことを嫌っていたようである。洋式砲術を使った戦略を短期間で習得することは江川の「伝授」「秘伝」といった旧来の教育方法では支障があり、象山の意を汲んだ同じ高島流の下曽根信敦から文書を借り学習を進めた。象山の教育に対する態度は近代的で、自分が書物から学んだことは、公開を基本とした。自身の門弟から「免許皆伝」を求められた時も、その必要がないことを説明した上で断っている。

学問に対する態度は、小林虎三郎へ送った次の文書からも窺うことができる。

宇宙に実理は二つなし。この理あるところ、天地もこれに異なる能わず。
鬼神もこれに異なる能わず。百世の聖人もこれに異なる能わず。
近来西洋人の発明する所の許多の学術は、要するに皆実理にして、
まさに以って我が聖学を資くる足る。

しかし真理に忠実であろうとする象山の態度は、当時の体制及び規範から見れば誤解を受ける要因ともなった。

象山は西洋兵学の素養を身につけることに成功し、藩主・幸貫に『海防八策』を献上し高い評価を受けた。また、江川や高島秋帆の技術を取り入れつつ大砲の鋳造に成功し、その名をより高めた。

これ以降、象山は兵学のみならず、西洋の学問そのものに大きな関心を寄せるようになる。嘉永2年(1849年)に日本初の指示電信機による電信を行ったほか、ガラスの製造や地震予知器の開発に成功し、更には牛痘種の導入も企図していた。嘉永6年(1853年)にペリー浦賀に来航した時も、象山は視察として浦賀の地を訪れている。

失脚からその死まで[編集]

煙雨亭
上洛した佐久間象山が京都に構えた家の一部である茶室。1981年に佐久間象山の出生地である長野市松代町の象山神社の境内に移築された。この家から東山八坂の塔を眺めることができ、その雨に煙る風情を佐久間象山が愛でたことが名前の由来。(長野県長野市松代町
佐久間象山遭難之碑(京都市中京区木屋町御池上ル)
佐久間象山寓居跡(京都市中京区木屋町御池下ル)

しかし嘉永7年(1854年)、再び来航したペリーの艦隊に門弟の吉田松陰が密航を企て、失敗するという事件が起こる。象山も事件に連座して伝馬町に入獄する羽目になり、更にその後は文久2年(1862年)まで、松代での蟄居を余儀なくされる。

元治元年(1864年)、象山は一橋慶喜に招かれて上洛し、慶喜に公武合体論と開国論を説いた。しかし当時の京都尊皇攘夷派の志士の潜伏拠点となっており、「西洋かぶれ」という印象を持たれていた象山には危険な行動であった(しかも京都の街を移動する時に供も連れなかった)。7月11日、三条木屋町で前田伊右衛門河上彦斎等の手にかかり暗殺される。享年54。

現在、暗殺現場には遭難之碑が建てられている。

人物・逸話[編集]

  • 象山は自信過剰で傲慢なところがあり、それ故に敵が多かった。数々の業績を残したにも関わらず現在に至るまで彼の評価が低いのもその性格に由来するところが大きいとも言われる。しかし当時の日本において象山は紛れもない洋学の第一人者だった。彼を暗殺した河上彦斎は後に象山の事歴を知って愕然とし、以後暗殺をやめてしまったという。更に彼の門弟には前述の松陰をはじめ、小林虎三郎勝海舟河井継之助橋本左内岡見清熙加藤弘之坂本龍馬など後の日本を担う人材を多数輩出し、幕末の動乱期に多大な影響を与えたことも事実である。
  • 自らを「国家の財産」と自認しており、坂本に「僕の血を継いだ子供は必ず大成する。そのため、僕の子供をたくさん生めるような、大きな尻の女を紹介してほしい」と頼んだこともある。しかし、象山の子啓之助は素行が悪く、大成するどころか新選組を脱走するなど失態が多かった。
  • 勝の妹、順が嘉永5年(1852年)に象山に嫁いだので勝は義兄となったが、傲慢な象山をあまり高く評価していない。『氷川清話』によると、「あれはあれだけの男で、ずいぶん軽はずみの、ちょこちょこした男だった。が、時勢に駆られて」云々とけなしている。だが、象山暗殺の報を聞いたときは「蓋世の英雄」と評価し「この後、吾、また誰にか談ぜむ。国家の為、痛憤胸間に満ち、策略皆画餅。」とその死を悼んでおり、西郷隆盛や山岡鉄舟を「殿」「氏」と付けていたのを、象山だけに「先生」と敬称をつけていた。また自らの号とした、象山揮毫の「海舟書屋」の扁額を掲げ続けたことも事実で、勝の象山に対する評価はひと通りではない。
  • 和歌漢詩書画に長じていた。岸辺成雄著『江戸時代の琴士物語』によれば、七絃琴一絃琴も好んで奏でていたという[15]
  • 嘉永4年(1851年)に江戸で大砲の演習を行ったが、砲身が爆発して周囲から大笑いされた。しかし象山は「失敗するから成功がある」と述べて平然としていたという。この事件を笑った落首に、「大玉池 砲を二つに 佐久間修理 この面目を なんと象山」というものがある。「大玉池」は、象山の住む「お玉が池」に「おおたまげ」をかけた洒落である。

名の読み方に関して[編集]

かつて象山は「しょうざん」とも「ぞうざん」とも呼ばれていた。このため信濃教育会が読み方を統一したいとして昭和9年(1934年)に『増訂象山全集』(5巻)を出版するにあたって「ぞうざん」と決定し、当時の文部省にもこのまま届け出てしまった[16]。だがこれは地域の俗説を重視した誤りであり識者を納得せしめるものではなかったという。

南宋の時代、朱子と同時代を生きた儒学者に陸象山という人物がいた。字を子静といい、江西省の象山で私塾を開いたことから象山先生と言われた人物で象山がそのまま号となり、名として通ってしまった人物である。あるとき佐久間象山に、この陸象山を欽慕して名乗っているのかと聞くものがあったが、佐久間は陸を傑出した人物と認めつつもその学問には自らが納得できない点があるので真似ているのではない。自分の家の西南に巨陵が奮起しており、その山容が恰も臥象に彷彿たるものがあるので、土地の人々はこれを象山と呼んでおり、自分もこれを号として用いた、としている。その山の名は「ぞうざん」と呼ばれていたから「ぞうざん」説が正しいというのが「ぞうざん」の読みの根拠となっている[17]

象山晩年の門弟である久保茂(平甫)は90歳前後の高齢で没したが、生前に大平喜間太と会って「あなたは郷土史家であるから真実を後世に伝えてほしい。実は、今どきの松代人の殆どが象山先生の雅号を「ぞうざん」などという間違った呼び方をしておって誠に困ったものである。先生自身は常に「しょうざん」と申しておられ、決して「ぞうざん」などとは言われなかった。従って我々門弟は皆「しょうざん」先生、または象翁(しょうおう)と呼んでいた。この点をはっきり後世に伝えて貰いたい」と「ぞうざん」説の誤りを指摘したという[18]

また大平の友人で宮下幹という真田氏の家従をした人物は、佐久間象山がローマ字で「SSS」と署名したと述べている(ぞうざんならZSSのはずである)。このため、「しょうざん」の読みが正しいとしている[19]

関連作品[編集]

佐久間象山像(長野)
佐久間象山遭難の碑 京都 三条木屋町(実際の地はこの碑より北に一丁)
映画
テレビドラマ
小説
漫画

脚注[編集]

  1. ^ 『松代藩監察日記』享保13年8月9日の条に佐久間と改めて継いだと記している。大平 1987、5-6頁。
  2. ^ 大平 1987、6-7頁。
  3. ^ 大平 1987、7頁。
  4. ^ 大平 1987、8頁。
  5. ^ 象山は安政6年4月28日に柳左衛門という者に宛てた書状で自分が朝信の血縁に繋がる事を大変自慢している。大平 1987、8-9頁。
  6. ^ 象山は2月11日生まれとされていたが、発見された位牌により2月28日と確認されたという。大平 1987、11-12頁。
  7. ^ 大平 1987、13頁。
  8. ^ 大平 1987、14頁。
  9. ^ 大平 1987、15-19頁。
  10. ^ 大平 1987、37-39頁。
  11. ^ 大平 1987、39頁・205頁。
  12. ^ 大平 1987、18頁・40頁・205頁。
  13. ^ 大平 1987、40頁。
  14. ^ 大平 1987、205頁。
  15. ^ 岸邉成雄 『江戸時代の琴士物語』 有隣堂印刷株式会社出版部、2000年9月、132-138頁。(原典:財団法人正波邦楽協会機関紙月刊「道楽」巻号:643平成7年5月「探琴の旅(七)」)
  16. ^ 大平 1987、1頁。
  17. ^ 大平 1987、2頁。
  18. ^ 大平 1987、3-4頁。
  19. ^ 大平 1987、4頁。

参考文献[編集]

  • 大平喜間多 『佐久間象山伝』 宮帯出版社、平成25年
  • 大平喜間多 『佐久間象山』 吉川弘文館〈人物叢書 新装版〉。昭和62年
  • 山路愛山 『佐久間象山』(明治44年、東亜堂書房)
  • 蒲生重章 「佐久間象山傳」:『近世偉人傳・三編』(明治12年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]