磯部勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いそべ つとむ
磯部 勉
生年月日 1950年10月13日(63歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 173 cm
血液型 A型
職業 声優
俳優
ジャンル テレビドラマ
映画
舞台
アニメ
吹き替え
活動期間 1970年代 -
事務所 エンパシィ

磯部 勉(いそべ つとむ、1950年10月13日 - )は、日本声優俳優エンパシィ所属。過去の所属はアンクルベイビー。

東京都出身。身長173cm、血液型はA型、桐朋学園芸術短期大学卒業。

来歴・人物[編集]

短大卒業後、演出家の千田是也に師事し、劇団俳優座で舞台経験を積む。主にシェイクスピア劇で、好評を博す。その後、NHKドラマ『風神の門』では主人公霧隠才蔵の宿敵である獅子王院を演じた。以後、多くの舞台、テレビ、アニメ、映画で時代劇、現代劇問わず活躍。

1980年代以降は、NHK大河ドラマの常連俳優として現在まで数多くの作品に出演。1980年に昭和の犯罪史を騒がせた死刑囚や犯罪者の、服役後の姿を題材とした実録映画『さらば、わか友』に主演。主人公の若き日から晩年までを演じた。仲代達矢平幹二朗加藤剛の後を継ぐ俳優座出身スター候補として期待を集めるが、その後は往年の戸浦六宏を彷彿させるような知的な悪役やバイプレイヤーなど、性格俳優としての側面を強めていく。

また、声優としては『クレイマー、クレイマー』がデビュー作[1][2]で、『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』の主人公であるホークをはじめ、ハリソン・フォードメル・ギブソンチョウ・ユンファ(この3名の吹き替えは特に多く、共に十数本の映画の吹替版で担当)、ティム・アレンショーン・ビーンの声を主に担当している。

特にメル・ギブソンは『リーサル・ウェポン2/炎の約束』で初めて吹き替えを担当して以来、専属声優となり、『リーサル・ウェポン』シリーズのTV放送版では池田勝(同じくダニー・グローヴァーの吹き替えを多く担当)とのマシンガントークを演じ、『ハート・オブ・ウーマン』でのコミカルな役まで吹き替えを行っている。

謙虚で誠実な人柄でも知られ、『十戒[注 1]』でチャールトン・ヘストンを担当するに当たり、ヘストンの吹き替えを長年担当した納谷悟朗に、直接許しを請う電話を入れたという逸話が伝えられているが、実際には磯部が飲み屋で偶然納谷と出会った際に挨拶をしたというものである。[注 2]。元々ヘストンの吹き替えを務めたのは『黒い絨毯』で納谷の代役を務めたことがきっかけで、以降新録で3本務めている。

2005年の『魔法戦隊マジレンジャー』では敵幹部のウルザードの声だけでなく、ウルザードの正体であるマジレンジャーの父親・小津勇役に起用される。本人は、特撮でのレギュラーは初めてであったこともあり、素面で小津勇を演じて欲しいとのオファーを受けた際には「自分でよいのか?」と最初は戸惑ったという。最終回では他のキャストと同様に自身の役の変身した姿のウルザード・ファイヤーのスーツに入っている。2011年公開の『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』では5年ぶりにウルザードファイヤーの声を担当する。

出演作品(俳優)[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

清水邦夫
その他

出演作品(声優)[編集]

太字はメインキャラクター

テレビアニメ[編集]

2001年

2003年

2004年

  • MONSTERハインリッヒ・ルンゲ

2006年

2007年

2008年

2010年

2011年

2012年

OVA[編集]

2009年

2010年

劇場アニメ[編集]

1995年

2001年

2004年

2007年

2010年

2011年

  • マルドゥック・スクランブル 燃焼(ディムズデイル=ボイルド)

2012年

  • マルドゥック・スクランブル 排気(ディムズデイル=ボイルド[4]

2013年

ゲーム[編集]

2002年

2004年

2006年

2007年

2011年

2012年

ラジオドラマ[編集]

  • FMシアター
    • イルカに会える日 (1998年)
    • クレイム/焼跡の主(1999年)
    • ハイファに戻って (2002年)
    • 査察機長 (2006年)
    • 五十歳の旅立ち (2007年)
    • 春にして君を離れ (2008年)
    • あの人 (2011年)
    • 金魚鉢の教室 (2012年)
    • 逆回りのお散歩(2013年)
  • モーションコミック

吹き替え[編集]

俳優[編集]

洋画・海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

特撮[編集]

その他[編集]

  • 野生のプレデター(VHS) 1~25巻(ナレーション)
  • 武田薬品工業(新アリナミンA、アリナミンEX、アリナミンVドリンクのCMナレーション、他)
  • クローズアップ現代(「キレる大人」2007年9月3日)

注釈[編集]

  1. ^ 納谷悟朗版にも磯辺はヘストンと敵対するユル・ブリンナーの役で声を務めている。
  2. ^ 2014年3月5日発売「ロボコップ ディレクターズ・カット<日本語吹替完全版>」封入のインタビュー集より。

出典[編集]

  1. ^ 力也の気持ち。対決シリーズ第6弾~~因果の鎖~~
  2. ^ 『ポセイドン・アドベンチャー』磯部勉
  3. ^ ドラマ収録中に倒れ急死した石田太郎の代役。
  4. ^ CAST”. マルドゥック・スクランブル 排気. 2012年6月2日閲覧。
  5. ^ ゲスト声優が決定!!”. 『劇場版 銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』公式サイト. 2013年6月3日閲覧。
  6. ^ 週刊少年ジャンプ』No.36・37合併号より。
  7. ^ ヒーローズ編集部
  8. ^ 『宇宙船』vol.137より。

外部リンク[編集]