レッドクリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッドクリフ PartI
タイトル表記
繁体字 赤壁
簡体字 赤壁
ピン音 Chìbì
英題 Red Cliff Part I
各種情報
監督 呉宇森(ジョン・ウー)
脚本 呉宇森
陳汗(チェン・ハン)
盛和(シェン・ホーユー)
郭筝(グオ・ヂョン)
製作総指揮 張家振(テレンス・チャン)
出演者 梁朝偉(トニー・レオン)
金城武
張豊毅(チャン・フォンイー)
張震(チャン・チェン)
趙薇(ヴィッキー・チャオ)
胡軍(フー・ジュン)
中村獅童
林志玲(リン・チーリン)
音楽 岩代太郎
主題歌 alan(阿蘭)
撮影 呂楽(ルー・ユエ)
張黎(チャン・リー)
編集 デビット・ウー
林安児(アンジー・ラム)
楊紅雨(ヤン・ホンユー)
アクション指導 元奎(コリー・ユン)
衣装 葉錦添(ティン・イップ)
美術 葉錦添
製作会社 獅石娯楽公司
中影集団
配給 中華人民共和国の旗 中国電影集団公司
アメリカ合衆国の旗 世界の旗 サミット・エンターテインメント
香港の旗 美亜電視
日本の旗 東宝東和/エイベックス
公開 中華人民共和国の旗 2008年7月10日
日本の旗 2008年11月1日
上映時間 145分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
香港の旗 香港
日本の旗 日本
韓国の旗 韓国
台湾の旗 台湾
言語 中国語普通話
製作費 100億円(PartI、Part II 合計)[1]
興行収入 中華人民共和国の旗 3億200万人民元[2]
日本の旗 50.5億円[3]
テンプレートを表示
レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-
タイトル表記
繁体字 赤壁2:決戰天下
簡体字 赤壁2:决战天下
ピン音 Chìbìxià: Juézhàntiānxià
英題 Red Cliff Part II
各種情報
公開 中華人民共和国の旗 2009年1月8日
日本の旗 2009年4月10日
上映時間 144分
興行収入 日本の旗 55.5億円[4]
フランスの旗 161万5459米国ドル
(PartI・IIを1本にまとめた短縮版)[5]
テンプレートを表示

レッドクリフ』(原題: 赤壁)は、ジョン・ウー(呉宇森)監督による中国アクション映画。中国文学の四大古典小説とされている羅貫中の『三国志演義』を基に、前半のクライマックスシーンである赤壁の戦いを描く。

2部構成となっており、前編にあたる『レッドクリフ PartI』が2008年、後編にあたる『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』が2009年に公開された。当初は一作のみの予定であったが5時間を超える長編になってしまったために、一部の地域を除き2部構成に分けての上映となった[5]

レッドクリフ Part I[編集]

中国映画過去最高額の投資と言われ、物語冒頭における阿斗を救出する趙雲の獅子奮迅の活躍や、関羽張飛が奮闘する八卦の陣での合戦シーンがある。また、周瑜とその妻小喬の愛や小喬に懸想する曹操の執着などのロマンス要素、周瑜と諸葛亮の間で板ばさみになる魯粛の描写などユーモラスな描写もある。

中国では2008年7月10日に公開。初日興行収入は2700万人民元、上映開始から11日目に2億人民元を超え、どちらも『トランスフォーマー』の記録を超える。公開から1か月で3億200万人民元となり、『王妃の紋章』を抜き中国国産映画の興収新記録となる[2]

日本では第21回東京国際映画祭のオープニング作品として上映された後、2008年11月1日に一般公開。キャッチコピーは「三国志の完全映画化」「信じる心、残っているか」。2008年の年度別映画興行成績は50.5億円で、同年度4位となる。本編の前に物語の背景や主要人物のキャラクターを説明するナレーションを加え、本編中に役名や地位のテロップを挿入する日本版独自の仕様がある。また、エンドロール終了後に『Part II』の特報がある。また、PartIIの公開に先駆けて2009年4月12日にDVDリリースから僅か一ヶ月という異例の早さでテレビ朝日日曜洋画劇場枠にて初のテレビ放送が行われた。当日は同時間帯1位の19.9%(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)の高視聴率を記録。

東京国際映画祭では中国人、香港人、台湾人、チベット人と言ったゲストが集まっているなど多様性を表していた。

あらすじ[編集]

三国時代中国。漢の丞相の曹操(のちのの礎を築いた)は、北部を平定した後、南部も制圧するために兵を進める。その目的は、天下統一に邪魔な劉備孫権の抹殺だけでなく、今は周瑜の妻となった天下一の美人小喬の奪取にもあった。荊州にいた劉備軍は南下して軍を立て直そうとするが、途中の当陽県長坂にて追いつかれ、敗走する。

夏口へ逃げた劉備は、部下の諸葛亮(孔明)の提案に従い、孔明を孫権(のちにを建国)のもとへ派遣する。孔明は孫権の総司令である周瑜と意気投合し、2つの勢力は共に曹操と戦う同盟を結ぶ。孫権は数万の軍勢を派遣し、劉備軍とともに長江赤壁付近で曹操軍と相対し、両者互いに決戦のために水軍と陸軍を動かすのだった。

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-[編集]

『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』(赤壁2:决战天下 / 赤壁2:決戦天下 / 赤壁2:決戰天下拼音: Chìbìxià: Juézhàntiānxià英語: Red Cliff II)は、2009年1月8日に中国で公開。日本では、同年4月10日に劇場公開。 赤壁の戦いをクライマックスとした一大決戦を舞台に、強敵を前に知略を競う周瑜と諸葛亮の活躍を軸に、曹操・孫権・劉備ら各陣営の英雄、周瑜の妻・小喬や孫権の妹・尚香らヒロインそれぞれの戦いが様々に交錯して展開する。

前作に比して、火攻めで火達磨になる敵味方の兵士たちの描写や、孫尚香の友の無惨な死など、戦争そのものの悲惨さを強調した描写が目立つ。

香港海底トンネルのポスター

Red Cliff[編集]

欧米向け配給用に、1本にまとめた145分版[5]がフランスで公開された。上映開始から5日間の興収は、161万5459米国ドル。

2012年11月18日には、ジョン・ウー監督が自ら編集して1本にまとめた合体版との触れ込みで、テレビ朝日系・日曜洋画劇場において『レッドクリフ 特別版〜RED CLIFF INTERNATIONAL VER.〜』として日本国内で初放送された。なお、放映時間は通常放送よりも変則的なものだった上、野球中継の延長により放送開始時間が1時間遅延して放映された。

キャスト[編集]

劉備勢力(のちの蜀)[編集]

孫権勢力(のちの呉)[編集]

後漢・曹操勢力(のちの魏)[編集]

キャストの変遷[編集]

2007年2月、ジョン・ウー監督が発表した出演決定キャストは、周瑜 = 周潤発(チョウ・ユンファ)、諸葛亮 = 梁朝偉であった[7]。その直後にアン・リー監督作『ラスト、コーション』の撮影が長引いた梁朝偉が、心身の不良等を理由に降板、代役に金城武を立てたものの、今度はクランクイン初日に周潤発が突然降り(ギャラなどの契約条件で折り合わなかったと報道された[8])、替わって梁朝偉が監督に支援を申し出、再び出演を決める[9]という、二転三転のキャスト変更劇が展開され、衆目を集めた。

その他出演者候補として名前が挙がった俳優に、渡辺謙(曹操役)[10]を始め、張静初(チャン・ジンチュー、大喬役 = 本作に登場しなかったキャラクター)[11]チョン・ウソン(趙雲役)[12]鄒兆龍(コリン・チョウ、趙雲役)[13]小雪(役柄不明)[14] 等がいる。

なお、中村獅童の役名は当初は甘寧であったが、史実にない出番が増えた為、甘寧をモデルとした甘興[15]というオリジナル登場人物となった[6]

日本語吹き替え版キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:呉宇森(ジョン・ウー)
  • 製作:張家振(テレンス・チャン)、呉宇森
  • 製作総指揮:韓三平(ハン・サンピン)、松浦勝人、伍克波(ウー・ケボ)、千葉龍平、デニス・ウー、ユ・ジョンフン、呉宇森
  • 脚本:呉宇森、陳汗(チェン・カン)、盛和煜(シェン・ホーユー)、郭筝(グオ・ヂョン)
  • アクション監督:元奎(コリー・ユン
  • 水上戦場面監督:梁柏堅(パトリック・レオン)
  • 第2班監督:梁柏堅、元奎
  • 美術・衣装デザイン:葉錦添(ティム・イップ)
  • 撮影監督:呂楽(リュイ・ユエ)、張黎(チャン・リー)
  • 編集:デビット・ウー、林安児(アンジー・ラム)、楊紅雨(ヤン・ホンユー)
  • 音楽:岩代太郎
  • 演奏:東京都交響楽団
  • 横笛演奏:福原百七
  • VFX監督:クレイグ・ヘイズ
  • VFX:オーファネージ
  • 日本語版監修:渡邉義浩

主題歌[編集]

  • レッドクリフ Part I 『RED CLIFF〜心・戦〜』(中国語版題『心・战〜RED CLIFF〜』)
  • レッドクリフ Part II 『久遠の河』(中国語版題『赤壁 〜大江东去〜』)
歌:alan(阿蘭) 
日本語版作詞:松井五郎、中国語版作詞:李
作曲:岩代太郎、編曲:中野雄太、プロデュース:菊池一仁

賞歴[編集]

第3回アジア・フィルム・アワード
  • ノミネート:作品賞
  • ノミネート:監督賞 - ジョン・ウー
  • 受賞:視覚効果賞 - クレイグ・ヘイズ
第15回放送映画批評家協会賞
  • ノミネート:外国語映画賞
第14回サテライト賞
  • ノミネート:外国語映画賞
  • ノミネート:撮影賞 - リュイ・イエ、チャン・リー
  • ノミネート:編集賞 - ロバート・A・フェレッティ、アンジー・ラム、ヤン・ホンユー
  • ノミネート:美術賞 - エディ・ワン
  • ノミネート:衣装デザイン賞 - ティン・イップ
  • ノミネート:視覚効果賞 - クレイグ・ヘイズ
  • ノミネート:録音・音響効果賞 - クレイグ・ヘイズ
第36回サターン賞

Part I のみ[編集]

第32回日本アカデミー賞
  • ノミネート:外国作品賞
2008年映画館大賞
  • 第16位

Part II のみ[編集]

第33回日本アカデミー賞
  • ノミネート:外国作品賞

舞台[編集]

2011年8月に、劇団EXILE公演にて舞台化された。舞台版は、「戦」をテーマにした曹操の物語の『レッドクリフ 〜戦〜』と、「愛」をテーマにした周瑜の物語の『レッドクリフ 〜愛〜』の2バージョンが、それぞれ2つの劇場で同時上演された。主演は『レッドクリフ 〜戦〜』がMAKIDAI、『レッドクリフ 〜愛〜』はAKIRA(共にEXILEのメンバー)が務めた。

劇団EXILE W-IMPACT『レッドクリフ 〜戦〜』
劇団EXILE W-IMPACT『レッドクリフ 〜愛〜』

販売物等[編集]

映像ソフト
レッドクリフ Part I
コレクターズ・エディション(DVD3枚組)、スタンダード・エディション(DVD2枚組)、ブルーレイの3種類。2009年3月11日エイベックスより発売。
レッドクリフ Part II
コレクターズ・エディション(DVD3枚組)、スタンダード・エディション(DVD2枚組)、ブルーレイの3種類。2009年8月5日エイベックスより発売。
レッドクリフ Part I & II
スペシャル・ツインパック(DVD6枚組)、DVD・ツインパック(DVD4枚組)、ブルーレイ・ツインパック(BD2枚組)の3種類。2009年8月5日エイベックスより発売。
小説レッドクリフ
本作のノベライズ。 作者:高里椎奈 /出版社:講談社。上巻 (2008年10月) ISBN 4062150573 下巻 (2009年3月) ISBN 4062152576
キャラクターグッズ
登場人物をモチーフとしたキューピー人形(周ピー・孔ピー・曹ピー、等)。前売り鑑賞券購入者限定特典として登場し、後に商品化。
レッドクリフ×赤兎馬コラボTシャツ。
CM
The World of GOLDEN EGGSローズ&マリーが出演する。VIERACMの一部に映画のシーンが使われた。
白木屋
一部の店舗に、レッドクリフメニューが置かれた。

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新婚のトニー・レオン、製作費100億円の主役よりも獅童との卓球対決の方が怖い!?”. シネマトゥデイ. 2010年2月28日閲覧。
  2. ^ a b ジョン・ウー新作『レッドクリフ』、中国興行新記録 - AFPBB News 2008年8月13日
  3. ^ 社会法人映画製作者連盟”. 2010年2月28日閲覧。
  4. ^ 2010年記者発表資料(2009年度統計)”. 社会法人映画製作者連盟. 2010年2月28日閲覧。
  5. ^ a b c 短縮版『レッドクリフ』が米配給会社にお披露目(バラエティ・ジャパン) 2009年1月7日
  6. ^ a b 『レッドクリフ PartI』中村獅童 単独インタビュー(goo 映画)
  7. ^ 映画『赤壁』の出演者決定(中国国際放送局) 2007年2月16日
  8. ^ 周潤発:映画『赤壁』降板理由めぐり“赤恥”の戦い(中国情報局) 2007年4月18日
  9. ^ 梁朝伟火线回归《赤壁》 前诸葛亮改行扮周瑜(新浪网) (中国語) 2007年4月19日
  10. ^ ジョン・ウー監督の三国志映画で渡辺謙とチョウ・ユンファが共演(シネマトゥデイ) 2006年9月6日
  11. ^ 吴宇森《赤壁之战》9月开机 张静初扮“大乔”(腾讯网) (中国語) 2006年2月16日
  12. ^ 三国志史上最大の決戦「赤壁の戦い」を描く、中国映画史上最大の超大作!中国映画『赤壁』【Battle of Red Cliff】(仮題)製作出資及び日本での独占配給権獲得に関する基本合意締結について(エイベックス・グループ・ホールディングス プレスリリース※pdf) 2006年12月22日
    韓國男星鄭雨盛自爆因中國政府施壓無法演出《赤壁》(Yahoo!奇摩) (繁体字中国語) 2008年7月16日
  13. ^ 《赤壁》定角邹兆龙变身赵子龙(新浪网) (中国語) 2006年2月15日
  14. ^ Koyuki and Nakamura Joins John Woo's Movie 'Red Cliff' ('Asianpopcorn) (英語) 2007年7月18日
  15. ^ 一時は瓦瀧という役名に決定したとの報道もあった。エイベックス・グループ・ホールディングス 中村獅童事務所と業務提携契約締結。アクション超大作『レッドクリフ(仮題)』に出演決定! 2007年8月1日

外部リンク[編集]