ビリー・ボブ・ソーントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリー・ボブ・ソーントン
Billy Bob Thornton
Billy Bob Thornton
本名 William Robert Thornton
生年月日 1955年8月4日(58歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカアーカンソー州
ジャンル 俳優
映画監督
脚本家
ミュージシャン
活動期間 1987年 -
配偶者 アンジェリーナ・ジョリー(2000年 - 2003年)
主な作品
スリング・ブレイド
アルマゲドン
チョコレート
バーバー
ラブ・アクチュアリー

ビリー・ボブ・ソーントンBilly Bob Thornton, 1955年8月4日 - )は、アメリカ合衆国俳優映画監督アーカンソー州出身。

来歴[編集]

脚本家俳優として知られるソーントンは高校教師の父親とサイキックの母親の元アーカンソー州に生まれる[1][2]野球が上手く、カンザスシティ・ロイヤルズへ入団しようとしたこともあったが、怪我のため夢は叶わなかった[3]。その後、地元のヘンダーソン州立大学へ進学して心理学を専攻するが、わずか2学期で中退。1980年代に入ると、芸能界を目指して友人のトム・エッパーソンと共にロサンゼルスに移り住む。

俳優としてデビューする前はドラマーまたシンガーとしてバンド活動をしていたが、俳優になるためにロサンゼルスで演技を学び始めた。ロサンゼルスでの下積み時代はかなり過酷なものだったらしく、金欠のためにじゃがいもオンリーの食事を続けたせいで心臓発作を起こしたこともある[4]。しかし、電話勧誘販売や風力発電会社の作業員、ファーストフード店員としてバイトしながら[3]、オーディションを重ねた。ファーストフード店員をしていた頃に、客として映画監督ビリー・ワイルダーが来店し、ワイルダーから「脚本を書け」とアドバイスされて執筆したものが後の『スリング・ブレイド』で見事アカデミー賞を獲得した[1]

1980年代から小さな役で映画に出演しはじめる。1992年、トム・エッパーソンと共に脚本も書いた『運命の引き金』で主演も務め、注目されるようになる。1996年、監督・脚本・主演を務めたインデペンデント映画『スリング・ブレイド』がヒット、アカデミー脚色賞を受賞した。

私生活[編集]

これまで5度の結婚歴があり、すべて離婚で終わっている。1978年から1980年までMelissa Lee Gatlinと結婚し娘を一人もうけている[5]。1986年に女優のトニ・ローレンスと結婚し1988年に離婚。1990年から1992年までまで女優のシンディ・ウィリアムズと結婚。1993年にはプレイボーイ・モデルのPietra Dawn Cherniakと結婚し息子をふたりもうけるが1997年に離婚[6]。1997年から1999年までは女優のローラ・ダーンと交際し婚約までするが後に解消。1999年の『狂っちゃいないぜ』で共演したアンジェリーナ・ジョリーとは2000年に結婚し、2002年にカンボジアから養子を迎えることを公表したが、後にアンジェリーナ・ジョリーのみ親権を持つ形であることが明らかになった[7][8]。2003年に離婚した。また映画のプロモーションでの公式な来日はないが、2001年当時に妻であったアンジェリーナ・ジョリーの主演作『トゥームレイダー』のプロモーションに夫婦で来日。その際には東京国際フォーラムで開催されたジャパンプレミアにも出席してアツアツぶりを見せた。だが記者会見翌日にアメリカ同時多発テロ事件が起きたことで、二人の滞在は予定よりも延びた。2003年以降は特殊メイクアップ・アーティストのConnie Anglandと交際し、娘をひとりもうけている。

音楽活動[編集]

俳優として活躍する傍ら、ミュージシャンとしての活動も有名で、『ザ・ボックスマスターズ』というバンドを率いている。

2009年、自身が所属するバンドのプロモーションでカナダを訪れた際に地元CBCラジオの音楽番組に出演。番組の冒頭でDJがソーントンを紹介する際に、ミュージシャンとしてではなく「アカデミー賞受賞脚本家で映画俳優の~」と紹介したことがソーントンをムッとさせ、それから最後まで番組中ではあからさまにふてくされた態度を取った。さらにはソーントンが発したカナダ国民への非難の言葉でカナダ国民の反感を買い、予定されていた2つのライブ公演がキャンセルになる事態にまでなる。そのことは米国内において突如“俳優引退宣言”を発したホアキン・フェニックスの奇行と肩を並べる行為として紹介された。尚、その際の映像がyoutubeで公開され、150万回を超すアクセス数にまで達した[9]

発言[編集]

自分の意見を主張することは大事なことではあるが、TwitterFacebookといったソーシャル・メディアは人間を「底抜けのばか」にしている、と述べている[10]

出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1989 メタルアマゾネス
Chopper Chicks in Zombietown
トミー
1992 運命の引き金
One False Move
レイ・マルコム 兼 共同脚本
1993 トラブル・バウンド/復讐の銃弾
Trouble Bound
コールドフェイス
ブラッド・イン ブラッド・アウト
Bound by Honor
ライトニング
キリング・ボックス
Grey Knight
ラングストン
幸福の条件
Indecent Proposal
旅行者
トゥームストーン
Tombstone
ジョニー・テイラー
1994 カッティング・エッジ
Floundering
沈黙の要塞
On Deadly Ground
ホーマー・カールトン
1995 デッドマン
Dead Man
ビッグ・ジョージ
ファミリー/再会のとき
A Family Thing
脚本
1996 スリング・ブレイド
Sling Blade
カール 監督・脚本・主演
1997 Uターン
U Turn
ダレル
1998 パーフェクト・カップル
Primary Colors
リチャード
ワイルド・スモーカーズ
Homegrown
ジャック・マースデン
アルマゲドン
Armageddon
ダン・トゥルーマン
シンプル・プラン
A Simple Plan
ジェイコブ
キング・オブ・ザ・ヒル
King of the Hill
声の出演
1999 狂っちゃいないぜ
Pushing Tin
ラッセル・ベル
もののけ姫
Princess Mononoke
ジコ坊 声の出演
2000 すべての美しい馬
All the Pretty Horses
監督
ギフト
The Gift
脚本
ワイルド ガン
South of Heaven, West of Hell
ブリッグ・スモールズ
2001 チョコレート
Monster's Ball
ハンク・グロトウスキ
バーバー
The Man Who Wasn't There
エド・クレイン
バンディッツ
Bandits
テリー・コリンズ
2002 ジャスティス
The Badge
ダール・ハードウィック保安官
2003 最高の人生
Levity
マヌエル・ジョーダン
ディボース・ショウ
Intolerable Cruelty
ハワード・D・ドイル
ラブ・アクチュアリー
Love Actually
アメリカ合衆国大統領
バッドサンタ
Bad Santa
ウィリー
2004 プライド 栄光への絆
Friday Night Light
ゲイリー・ゲインズ
アラモ
The Alamo
デヴィー・クロケット
2005 がんばれベアーズ ニューシーズン
Bad News Bears
モリス・バターメイカー
アイス・ハーヴェスト 氷の収穫
The Ice Harvest
ヴィク・キャヴァナー
2006 恋愛ルーキーズ
School for Scoundrels
ドクター・P
庭から昇ったロケット雲
The Astronaut Farmer
チャーリー・ファーマー
2007 Mr. ウッドコック/史上最悪の体育教師
Mr. Woodcock
ジャスパー・ウッドコック
2008 イーグル・アイ
Eagle Eye
トーマス・モーガン
インフォーマーズ セックスと偽りの日々
The Informers
ウィリアム・スローン
2009 The Smell of Success パトリック
2010 ファースター 怒りの銃弾
Faster
警官
2011 長ぐつをはいたネコ
Puss in Boots
ジャック 声の出演
2013 パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間
Parkland
フォレスト・ソレルス

脚注[編集]

  1. ^ a b "Billy Bob Thornton". Inside the Actors Studio. 2002年8月18日放送. 18回,シーズン8.
  2. ^ Vigoda, Arlene (1997年2月7日). “Thornton makes a mark with 'Sling Blade'”. USA Today: p. 1D LIFE 
  3. ^ a b Pringle, Gill (2007年9月23日). “On the Move: Billy Bob Thornton”. The Times (London). http://driving.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/driving/article2503490.ece 2010年4月26日閲覧。 
  4. ^ Billy Bob Thornton”. 2012年8月27日閲覧。
  5. ^ Castro, Peter (April 28, 1997). “Sling This: Mrs. Billy Bob Thornton Angrily Seeks a Divorce”. People 47 (16). オリジナルのJuly 6, 2011時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5zxnWvsjU 2011年7月6日閲覧。. 
  6. ^ Hinckley, David. Billy Bob Thornton accused of stalking former sister-in-law. New York Daily News. May 21, 2008. Retrieved March 28, 2011.
  7. ^ Smolowee, Jill. Marriage, Interrupted. People. August 5, 2002. Retrieved March 2, 2011.
  8. ^ Stein, Ruthe. Billy Bob Thornton Likes Staying Put. "San Francisco Chronicle". April 26, 2009. Retrieved March 2, 2011.
  9. ^ http://eiga.com/buzz/20090413/10/
  10. ^ ビリー・ボブ・ソーントン、「ソーシャル・メディアは人を底抜けのばかにする」”. 2014年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]